209件中 81 - 90件表示
  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たコンサドーレ札幌

    2012年、前年に移籍した山口智に代わりガンバの副主将に就いた。6月23日、J1第15節札幌戦で、三浦淳宏の記録を抜く当時のJリーグ歴代1位となる通算16得点目の直接フリーキックを決めた。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、サポーター投票で最多の320,709票を集め、Jリーグ選抜の一員として出場した。この年、ガンバは極度の不振に陥り、自身は代表との過密日程ながら5年ぶりにリーグ戦全試合に出場したが、京都時代以来のJ2降格となった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たACジャパン

    ACジャパン「ルールブックにはないルール(2009年 -・近畿圏のみ)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た報知プロスポーツ大賞

    報知プロスポーツ大賞 Jリーグ部門:1回(2008年)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    G大阪では2002年に就任した西野朗監督の下、攻撃的なスタイルを標榜するチームの中心選手になり、移籍3年目の2003年に初めてJリーグベストイレブンを受賞する。2005年のナビスコカップ決勝の千葉とのPK戦では立石智紀相手にプロ入り以来初めてPKを失敗してナビスコカップ優勝を逃すも、この年自身初のシーズン2桁得点を記録し、リーグ最終節の川崎戦では、PKでG大阪にとって初タイトルとなるJリーグ優勝を決める決勝ゴールを挙げ、自身にとっても初となるJリーグ優勝を経験。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たウイルス性肝炎

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た東京ヴェルディ1969

    150試合出場 - 2003年9月23日 J1.2nd第7節 vs東京ヴェルディ1969(万博記念競技場)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカー韓国代表

    2012年10月12日、フランスとの国際親善試合にフル出場し、井原正巳が持っていた日本代表の国際Aマッチ最多出場記録の122試合に並ぶと、続く16日のブラジル戦にも出場し、最多出場記録を13年ぶりに更新。さらに翌2013年9月10日のガーナ戦に出場したことで、それまで東アジア諸国の国際Aマッチ最多出場記録を持っていた韓国・洪明甫の136に並び、10月11日のセルビアとの欧州遠征第1戦に出場して137試合目となり、東アジア最多出場記録を更新した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た名古屋グランパスエイト

    2009年11月にはAFCから日本人では1993年の三浦知良、1995年の井原正巳、1997年、1998年の中田英寿、2002年の小野伸二以来5人目(6度目)となるアジア年間最優秀選手賞を受賞した(ちなみに、この前年も最終候補まで残っていたが受賞はならなかった)。リーグ戦では自身5年ぶりとなる2桁得点を記録し、2010年1月1日に行われた天皇杯決勝の名古屋戦では、2ゴール1アシストと圧巻の活躍を見せガンバの天皇杯連覇の立役者となった。なお、この頃からポジションを代表と同じボランチに移すようになった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーブラジル代表

    2012年10月12日、フランスとの国際親善試合にフル出場し、井原正巳が持っていた日本代表の国際Aマッチ最多出場記録の122試合に並ぶと、続く16日のブラジル戦にも出場し、最多出場記録を13年ぶりに更新。さらに翌2013年9月10日のガーナ戦に出場したことで、それまで東アジア諸国の国際Aマッチ最多出場記録を持っていた韓国・洪明甫の136に並び、10月11日のセルビアとの欧州遠征第1戦に出場して137試合目となり、東アジア最多出場記録を更新した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーコートジボワール代表

    2014年5月、ブラジルW杯代表に選出され、日本代表では唯一ドイツ大会から3大会連続選出となった。本大会では、クラブで調子を落としていたことから直前でレギュラーから外され、第1戦コートジボワール戦、第2戦ギリシャ戦ともに長谷部誠に代わり後半から出場。第3戦コロンビア戦は出場機会がなくチームも敗れグループリーグで敗退した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

209件中 81 - 90件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード