1617件中 91 - 100件表示
  • 時の誘拐

    時の誘拐から見た選挙選挙

    大阪府知事に立候補する根塚成一郎の娘・根塚樹里(ねづか じゅり)は、選挙のために大阪に引っ越した両親と週末を過ごすために、新幹線に乗り込んだ。その車内で、樹里は何者かに誘拐されてしまう。それから間もなく、引っ越したばかりの大阪の自宅にいた母親の元に、「娘を預かった」と奇妙な声で電話がかかってくる。時の誘拐 フレッシュアイペディアより)

  • 議員・選挙板

    議員・選挙板から見た選挙選挙

    議員・選挙板(ぎいんせんきょいた)とは匿名掲示板2ちゃんねるにある電子掲示板の一つ。略称・通称は「議員板」、あるいは「選挙板」だが、「議選板」と呼ばれることもある。公職の選挙に関する話題を扱う。議員・選挙板 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本章

    岡本章から見た当選選挙

    喫茶店経営の傍ら、1990年和歌山県九度山町議会議員初当選。1998年現職の任期満了に伴う町長選挙に立候補するも落選。その後再び町議会議員に返り咲き、通算4期議員を務めた後、2006年、再び現職の任期満了による町長選挙に再出馬。知恵と対話のまちづくりを公約に掲げ、現職に606票差をつけて町長初当選。6代目九度山町長に就任した。岡本章 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本章

    岡本章から見た選挙選挙

    喫茶店経営の傍ら、1990年和歌山県九度山町議会議員初当選。1998年現職の任期満了に伴う町長選挙に立候補するも落選。その後再び町議会議員に返り咲き、通算4期議員を務めた後、2006年、再び現職の任期満了による町長選挙に再出馬。知恵と対話のまちづくりを公約に掲げ、現職に606票差をつけて町長初当選。6代目九度山町長に就任した。岡本章 フレッシュアイペディアより)

  • 電子投票条例

    電子投票条例から見た選挙選挙

    電子投票条例(でんしとうひょうじょうれい)とは選挙において電子投票を実施することを目的とした条例のこと。電子投票条例 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤和義

    近藤和義から見た選挙選挙

    1992年、湯布院町議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした。以来、湯布院町議会にて議員を2期務めた。1999年には、大分県議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした。以来、大分県議会にて議員を4期務めている。2008年には、大分県議会の第88代副議長に就任している。近藤和義 フレッシュアイペディアより)

  • 日野 (暴力団)

    日野 (暴力団)から見た当選選挙

    塚原崇司はのちに新宿区議会議員選挙で当選しヤクザを引退日野 (暴力団) フレッシュアイペディアより)

  • 日野 (暴力団)

    日野 (暴力団)から見た選挙選挙

    塚原崇司はのちに新宿区議会議員選挙で当選しヤクザを引退日野 (暴力団) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た選挙選挙

    民主党野田佳彦総理大臣政権下において提出された社会保障・税一体改革関連法案に含まれていた法案。野田佳彦総理大臣がしきりに唱えていたスローガンの「税と社会保障の一体改革」の名前が示すように、当初社会保障の充実の大義名分の下消費税増税を正当化していた。しかし結局は与党民主党、自民党、公明党との三党談合により、社会保障は骨抜きになり結果消費税増税部分だけが浮き彫りになった形である。当初民主党が謳っていた社会保障には、最低保障年金創設や後期高齢者医療制度廃止があったが、これらは自民党の強い要求により削除された。また、本法案採決に至るまでの政権与党内の民意反映のためのプロセスにおける、与党内会議において「私に一任」と言い放ち強制終了させる前原誠司政調会長の行動に代表的に見られる独裁的姿勢が日本の議会制民主主義のあり方にも大きな問題を投げかけている。同様に、民主・自民・公明との事前談合そのものが国会軽視を顕著に現した形となり、この三党合意の効力が次期選挙後も「生き続ける」という表明は、憲法を尊重する意思すら微塵も感じさせない強行ぶりを如実に示しており、国民の憤懣や不安を惹起した。2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た選挙選挙

    民主党野田佳彦総理大臣政権下において提出された社会保障・税一体改革関連法案に含まれていた法案。野田佳彦総理大臣がしきりに唱えていたスローガンの「税と社会保障の一体改革」の名前が示すように、当初社会保障の充実の大義名分の下消費税増税を正当化していた。しかし結局は、与党民主党、自民党、公明党との三党談合により、社会保障は骨抜きになり結果消費税増税部分だけが浮き彫りになった形である。当初民主党が謳っていた社会保障には、最低保障年金創設や後期高齢者医療制度廃止があったが、これらは自民党の強い要求により削除された。また、本法案採決に至るまでの政権与党内の民意反映のためのプロセスにおける、与党内会議において「私に一任」と言い放ち強制終了させる前原誠司政調会長の行動に代表的に見られる独裁的姿勢が日本の議会制民主主義のあり方にも大きな問題を投げかけている。関連事項として、2012年3月30日に、亀井静香代表率いる反対派の立場をとった国民新党は、党員の下地幹郎議員による党内ガバナンスを経ない党クーデターによる乗っ取りで、自見庄三郎郵政改革担当相(当時)が法案に署名したことが挙げられる。そして、民主・自民・公明との事前談合そのものが国会軽視を顕著に現した形となり、この三党合意の効力が次期選挙後も「生き続ける」という表明は、憲法を尊重する意思すら微塵も感じさせない強行ぶりを如実に示しており、国民の憤懣や不安を惹起した。消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

1617件中 91 - 100件表示

「選挙」のニューストピックワード