1301件中 31 - 40件表示
  • 北欧の政治

    北欧の政治から見た選挙選挙

    選挙制度は比例代表制で、一院制である。選挙権、被選挙権は18歳以上。任期はいずれも4年である。北欧の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 不正選挙

    不正選挙から見た選挙選挙

    不正選挙(ふせいせんきょ)とは、有権者の意向を意図的に反映させない選挙のこと。不正選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 上野公成

    上野公成から見た選挙選挙

    1998年 参議院議員選挙(群馬選挙区)で再選(2期)上野公成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女性党

    日本女性党から見た選挙選挙

    日本女性党は当初、各候補者に本名を名乗らせずに榎党首の名前を冠し、活動地域にあわせ「榎・東京」「榎・大阪」といった名称で立候補させるという戦術を発表した。これは1963年の第30回衆議院議員総選挙時の「肥後亨事務所」による「背番号候補」や比例代表制に着想を得たものであった。これに対し全国の選挙管理委員会は、「「榎・東京」等は公職選挙法施行令にいう「通称」には当たらない」とし、これらの名称による立候補届出を受け付けないと相次いで表明。結局各候補者は本名で立候補することになった。この選挙では扇千景・八代英太・横山ノック・一龍齋貞鳳・俵萌子・ばばこういちら通称(通名)での立候補が認められた候補者が大勢いたことから、榎党首は当初選管の対応を不服として各選管に異議申し立てを行う構えを見せた。しかし告示(公示)日が近づき、届出が受け付けられなければ選挙自体に参加できないため選管の措置を受け入れた。日本女性党 フレッシュアイペディアより)

  • ラムバラン・ヤーダブ

    ラムバラン・ヤーダブから見た選挙選挙

    1990年の民主化運動(ジャナ・アンドラン)に参加、3ヶ月投獄される。1991年の選挙ではネパール会議派から立候補して下院議員に初当選、保健大臣となり、1999年、再選し保健大臣に再任している。2008年4月10日、制憲議会選挙にダヌシャ郡第5選挙区から立候補して当選した。ラムバラン・ヤーダブ フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障

    安全保障から見た選挙選挙

    思想・文化の安全保障とは、統治原理・文化・思想・宗教・国民性などの思想的・文化的な国家の基幹的な要素を守ることである。選挙などを通じて大衆の政治への関係が大きくなれば、その行動や世論が政治的影響力を持つようになる。また同時に交通や通信が高速化、密接化が増大すれば国外の思想や文化が流入するようになる。そうすれば、これらを活用して宣伝・広報などを通じて世論を外部から間接的に誘導することが可能となる。例えば、マスコミを通じてその国の正統性を主張することによって、国際社会に対して好意的な印象を形成するなどが考えられる。宣伝を行う場合、あからさまな偽情報を流せば宣伝者の信頼性を減退させる。故に宣伝活動で流される情報は露骨な宣伝ではなく、さり気なく、かつ継続的・戦略的な大衆宣伝となる。ただし、近年は宣伝に客観性が求められるようになっており、広報との差異は曖昧になりつつある。ジョセフ・ナイは冷戦後の国際関係における問題として「脅威の種類と程度の曖昧性」にあると指摘している。安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 泡沫候補

    泡沫候補から見た選挙選挙

    泡沫候補(ほうまつこうほ)とは、当選する見込みが極めて薄い選挙候補者。特殊候補、インディーズ候補とも呼ばれる。英語では一般に minor candidateと呼ばれ、Perennial candidate(en)という言い方もある(ただし後者は頻繁に立候補するものの当選には至らない著名・有力候補もしくは「万年候補」というニュアンスが強く、一度だけ立候補する場合は含まれない傾向がある)。「沫」が常用漢字に含まれないため、新聞などでは泡まつ候補とまぜ書きしたり、泡末候補と書き換える場合もある。泡沫候補 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た選挙選挙

    2月21日 - 任期満了に伴う長崎県知事選挙が実施され、自民党・公明党推薦の新人候補:中村法道が対立候補を抑えて当選を果たした。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本大二郎

    橋本大二郎から見た選挙選挙

    1991年、NHKを退職、高知県知事選挙に立候補、同知事選挙史上最多の31万6968票獲得して初当選した(44歳。当時最年少知事でもあった)。橋本大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 又吉イエス

    又吉イエスから見た選挙選挙

    1997年の宜野湾市長選挙に立候補したのを皮切りに、沖縄県知事選挙に2回、名護市長選挙、2001年の宜野湾市長選挙に立候補するがいずれも落選。少なくとも1998年の参院選までは「又吉イエス」名義を使用しておらず、選挙公報では本名(マタヨシ光雄)や「神イエス=又吉光雄」などと表記していた。2002年の沖縄県知事選挙の際、「沖縄県民が唯一神又吉イエスを次期沖縄県知事にしないというなら、本世界経済共同体本部は東京に持って行く。それは沖縄県民の子や孫・ひ孫達、更に末代までの沖縄県の恥になるが、それでもいいのか」という公約を掲げたが落選。なお、この文章は「恥」を何と理解するかで二通りの解釈が可能になる。公約を実行し、2003年には、世界経済共同体党本部を東京に移した。又吉イエス フレッシュアイペディアより)

1301件中 31 - 40件表示

「選挙」のニューストピックワード