1617件中 51 - 60件表示
  • 郵便物

    郵便物から見た選挙選挙

    選挙郵便 - 公示後に出されるもの。通常は葉書が用いられる。候補者のPR用ダイレクトメールであり、基本的に無料。ただし、小選挙区選出の衆議院議員の選挙で、政党が私製するものや公示前に出される選挙事務所開き案内、選挙管理委員会が出す投票所入場券は有料である。また、あて先への現地配達が原則であり、私書箱送りは認められない。郵便物 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎栄松

    岡崎栄松から見た公選選挙

    公選による終戦後初めての仙台市長として、同市の戦災復興に尽力した。岡崎栄松 フレッシュアイペディアより)

  • 議会

    議会から見た選挙選挙

    議会(ぎかい)は、通常は選挙によって選出された議員によって構成され、法律の制定(立法)などを行う機関(立法府)。近代の議会では通常、選挙民の代表、法律の制定、政府の監視(行政監督権)の3機能を持つ。議会 フレッシュアイペディアより)

  • 供託金

    供託金から見た選挙選挙

    選挙における供託金は、被選挙人(=候補者)が公職選挙に出馬する際、国によっては選挙管理委員会等に対して寄託することが定められている場合に納める金銭もしくは債券などのことである。当選もしくは一定以上の結果を残した場合には供託金はすべて返還されるが、有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。この場合において、法定得票と供託金没収点は一致しない(供託金没収点は法定得票より若干少ない)。供託金 フレッシュアイペディアより)

  • 山野之義

    山野之義から見た選挙選挙

    同年9月28日、自身の辞職に伴う金沢市長選挙に再び立候補。政党の推薦は受けなかったものの、山野を支持する一部の自民党市議や自民党県議から支援を受けた。同年10月5日、自民党・公明党推薦新人、民主党・社民党推薦新人、共産党推薦新人3候補を大差で破り再選された。辞職した当人が出直し選挙において再選されたため、2期目の任期は公職選挙法の規定により1期目の残り期間が満了する2014年12月9日までとなり、2014年11月に再び市長選挙が告示された。この市長選挙には山野以外に立候補の届け出がなく、無投票で3選となった。金沢市長選の無投票は公選制となった1947年以降2回目のことであった。山野之義 フレッシュアイペディアより)

  • 小選挙区制

    小選挙区制から見た選挙選挙

    小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区ごとに1名のみを選出する選挙制度である。小選挙区制 フレッシュアイペディアより)

  • マカオ

    マカオから見た選挙選挙

    返還後のマカオの行政長官は、選挙委員会が選んだ者を中華人民共和国の中央政府が任命する形となっている。中華人民共和国の領土の一部であり、政治的にもその下に入ることとなったが、返還後50年間は現状の保全が取り決められている。このため、現在もポルトガル語が公用語として使用されるほか、ポルトガル統治時の法律の多くがそのまま適用される。住民は、中華人民共和国本土より大幅な自由が保障されている。マカオ フレッシュアイペディアより)

  • ケンブリッジ・アナリティカ

    ケンブリッジ・アナリティカから見た選挙選挙

    ケンブリッジ・アナリティカ()は、データマイニングとデータ分析を手法とする選挙コンサルティング会社。ケンブリッジ・アナリティカ フレッシュアイペディアより)

  • 松井三郎

    松井三郎から見た選挙選挙

    2003年4月、静岡県議会議員選挙に掛川市選挙区から立候補し、初当選を果たした。2007年4月には、2期目の当選を果たした。その後、静岡県議会議員を辞職し、2009年4月に掛川市長選挙に立候補した。現職の戸塚進也を破り、初当選を果たした。以降、3期にわたって務めている。松井三郎 フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た選挙選挙

    タレント政治家については、明確な定義があるわけではない。タレント業を生業としている者(芸能人)だけについてそう呼ぶ場合もあれば、単にメディアを通じて高い知名度があるという理由でタレント政治家と呼ばれる場合もある。メディアを通じて高い知名度があった場合には学者・作家・芸術家といった文化人や、スポーツ選手、ジャーナリスト、特に放送局の社員であって厳密にはタレントには含まれないはずのアナウンサーや記者出身の政治家などについてもそのように表現されることもある。日本においてはテレビの普及以降高橋圭三・宮田輝・田英夫・秦豊・畑恵・黒岩祐治・丸川珠代・杉尾秀哉などアナウンサー・ニュースキャスター出身の政治家は増えている。彼らはメディアを通じて自身の諸活動が大衆に認知されている、というよりメディア自体が職場であった者であるが、いずれもメディアにおいて仕事をしてきた結果メディアを通じて高い知名度を得ている。またメディア側の変質もあり(高橋圭三や秦豊は放送局退社後もフリーアナウンサー・司会として長くメディアにおいて活動していた人物であり、芸能人や文化人的な一面も備えた存在であった)、選挙時にはアナウンサー出身者もタレント候補として扱われるようになっていった。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

1617件中 51 - 60件表示

「選挙」のニューストピックワード