1301件中 61 - 70件表示
  • しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗から見た選挙選挙

    選挙前は大体日本共産党の主張が多くなり、1?3面は政策宣伝・選挙情報になることが多い。一般購読者を意識した紙面づくりがうかがえる。ちなみに、題字が赤色なのは日曜版のみである。しんぶん赤旗 フレッシュアイペディアより)

  • あずきちゃん

    あずきちゃんから見た選挙選挙

    とある事情でクラス委員選挙に立候補した時には、違反をしなかったにも関わらず選挙に勝利した(しかし、アガリ症で仕事が務まらなかったためトモちゃんに交代)。あずきちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 供託金

    供託金から見た選挙選挙

    選挙における供託金は、被選挙人(=候補者)が公職選挙に出馬する際、国によっては選挙管理委員会等に対して寄託することが定められている場合に納める金銭もしくは債券などのことである。当選もしくは一定以上の結果を残した場合には供託金はすべて返還されるが、有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。この場合において、法定得票と供託金没収点は一致しない(供託金没収点は法定得票より若干少ない)。供託金 フレッシュアイペディアより)

  • 小選挙区制

    小選挙区制から見た選挙選挙

    小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区に付き1名を選出する選挙の制度である。小選挙区制 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲島郁夫

    蒲島郁夫から見た選挙選挙

    1991年の熊本県知事選挙に、現職の細川護熙が3選を目指さず勇退したことから、ポスト細川の後継知事候補として出馬要請を受けたが、この時は断った(尚、この選挙での当選者は福島譲二であった)。蒲島郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • パンチカード

    パンチカードから見た選挙選挙

    だがパンチカードそのものは駆逐され消えつつあるものではなく、現代でも現役のツールである。使用例の1つは選挙の投票用紙であり、あるいはより身近な、趣味的なところではオルガニートで触れることができる。パンチカード フレッシュアイペディアより)

  • 郵便物

    郵便物から見た選挙選挙

    選挙郵便 - 公示後に出されるもの。通常は葉書が用いられる。候補者のPR用ダイレクトメールであり、基本的に無料。ただし、小選挙区選出の衆議院議員の選挙で、政党が私製するものや公示前に出される選挙事務所開き案内、選挙管理委員会が出す投票所入場券は有料である。また、あて先への現地配達が原則であり、私書箱送りは認められない。郵便物 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡武夫

    西岡武夫から見た選挙選挙

    中学校は中高一貫校の私立長崎海星中学校に入学したが、選挙の際に役立つよう知り合いを増やしたいと言う理由で、わざわざ高校受験をして、長崎県立長崎東高等学校に進学している。高校進学の際には、父の母校である早稲田大学志望と言うことで、東京の高校受験も考えたが、父の「政治家になるなら、いまのうちに、地元にたくさんの友達を作っておけ」との言葉に従い、地元の長崎東高等学校に進学した。西岡武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸製鋼所

    神戸製鋼所から見た選挙選挙

    2009年(平成21年)2月 - 地方議員を務める同社社員・OB計5人の後援会に対し、選挙資金計約2,700万円を肩代わりしていたことが発覚。神戸製鋼所 フレッシュアイペディアより)

  • 府県制

    府県制から見た選挙選挙

    1889年(明治22年)2月11日に発布された大日本帝国憲法(1890年(明治23年)11月9日施行)による立憲体制下において、自治体としての府県は1890年(明治23年)にプロイセン王国の州制度に範をとって制定された法律「府県制」によって規定された。一方、地方長官である知事以下、地方官庁としての府県の機構は勅令である「地方官官制」によって規定された。府県知事は官選とされ政党内閣または政党の影響の強い内閣の時期も含めて多くは内務省の官僚が任命され、また内務大臣の監督に服するものとされた。それに対して府県会は財政議決権を持つだけで与えられた権限の及ぶ範囲は狭く、自治体としてよりも国の行政区画としての意味合いが強かった。第二次世界大戦中は更に政府の統制が強化されたが終戦後の1946年(昭和21年)の第1次地方制度改革で知事の公選制が導入されるなどの民主化が行われ、最終的には1947年(昭和22年)の地方自治法の成立により現行の都道府県制に移行した。府県制 フレッシュアイペディアより)

1301件中 61 - 70件表示

「選挙」のニューストピックワード