54件中 21 - 30件表示
  • 選挙

    選挙から見た科挙

    伝統中国においても選挙という述語が用いられるが、現代の選挙とは用法が異なるので、注意が必要である。中国における選挙とは、国家の側による官吏登用制度のことであり、科挙以前に用いられた用語である。その語源は、「郷挙里選」であるとされている。つまり、前漢代において、地方の郷・里の長が、地方官と協議した上で官吏候補者を推挙する制度を、こう呼んだ。この場合の選ぶ主体は、飽くまで中央政府であり、皇帝である。また、郷や里の有力者である地方の豪族の意見のことを「輿論」と呼んでいるので、同じく現代の用語と混同しないよう、注意を要する。一般の人間(庶人)や奴隷などは初めから数に含まれていないのである。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た日本

    普通選挙は日本では日本国憲法第15条3項及び日本国憲法第44条但書で保障されている。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た法定得票

    選挙によって選ばれること。選挙で選ばれた者を当選人(当選者)といい、通常、有効投票の最多数を得た者が当選者となる(複数名を選挙する場合には有効投票を多く得た順に上位者のうち定数に相当する人数の者が当選者となる。また、比例代表制の選挙の場合には政党の得票数により当選者が定まる。また間接選挙・勝者総取り方式の場合、有効投票の最多数を得ていない者が当選者となる場合もある)。最低得票数の制度が設けられている場合には最低得票を獲得していなければ当選人とはならない(日本の公職選挙における法定得票)。日本の公職選挙では当選の効力は選挙長による当選人の告示により生じ(公職選挙法102条)、当選人に当選証書が付与される(公職選挙法105条)。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た日本国憲法第43条

    日本国憲法には直接選挙制について定めた明文の規定はない。学説には日本国憲法第43条の「選挙」には間接選挙が含まれると解する学説(参議院議員通常選挙においては衆議院議員総選挙とは異なり独自の間接選挙制の採用も許容される)と同条1項の「選挙された議員」の文言を根拠として直接選挙が保障されているとみる説(参議院議員通常選挙においても直接選挙によらねばならない)が対立しており争点となっている。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た女性参政権

    普通選挙の実現は漸進的で、まず、財産制限の除去について1848年のフランス第二共和政憲法において確立され、第一次世界大戦後になって世界各国に広まることとなった。日本では1928年に財産制限が撤廃された。女性参政権についても第一次世界大戦後に世界の大勢となっていったが、フランスのように第二次世界大戦後に実現した国もある。日本でも女性参政権は第二次世界大戦後に実現した。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た義務投票制

    棄権に対して制裁を伴う選挙制度。有権者が必ず投票しなければならない義務投票によるもの。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た多数決

    多数決、少数決、全会一致(満場一致)選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見たフランス

    普通選挙の実現は漸進的で、まず、財産制限の除去について1848年のフランス第二共和政憲法において確立され、第一次世界大戦後になって世界各国に広まることとなった。日本では1928年に財産制限が撤廃された。女性参政権についても第一次世界大戦後に世界の大勢となっていったが、フランスのように第二次世界大戦後に実現した国もある。日本でも女性参政権は第二次世界大戦後に実現した。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た政令指定都市

    日本の政令指定都市の区長に見られるように、国家などの行政機関の指名によって選出する方式。必ずしも投票が行われるわけではないが、公選・互選との比較のため掲載する。選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 選挙

    選挙から見た全会一致

    多数決、少数決、全会一致(満場一致)選挙 フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「選挙」のニューストピックワード