前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • モンサント (企業)

    モンサント (企業)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。モンサント (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    20世紀は集約農業、農業における集中と分業が進んだ時代であり、農業化学の新技術(化学肥料、農薬)、農業機械、品種改良(交雑や遺伝子組み換え作物)がそれを支えた。ここ数十年間、社会経済学的な公正さと資源保全の考え方や耕作システムにおける環境の考え方と結びついた持続可能な農業への動きもある。この動きから従来の農業とは異なる様々な農業の形態が生まれた。例えば、有機農業、近郊農業、community supported agriculture(地域で支える農業)、エコ農業、integrated farming などがあり、全体として農業の多様化に向かう傾向が明らかとなってきている。農業 フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    CCDの正確なメカニズムはいまだ不明であり、原因も一部をのぞいて特定されていない。原因には疫病・ウイルス説(イスラエル急性麻痺ウイルス(IAPV)など)、栄養失調説、ネオニコチノイド(イミダクロプリドなど)の農薬・殺虫剤説、電磁波説、害虫予防のための遺伝子組み換え作物説、「ミツバチへの過労働・環境の変化によるストレス説」などが唱えられている。これらのほかに飢餓、病原体や免疫不全、ダニや真菌、養蜂上の慣習(例えば抗生物質の使用や、養蜂箱の長距離輸送)なども指摘される。一つの要素が原因であるか、複数の要素の組み合わせが原因であるか、またCCDの影響を受けた異なる地域において独立におきるのか、関連して発生するのかは分かっていない。同様に、CCDが、以前あまり大きな影響を与えなかった現象ではなく、全く新しい現象であるのかどうかについても分かっていない。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • モンサントの不自然な食べもの

    モンサントの不自然な食べものから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    ドキュメンタリーは、遺伝子組み換え種子の利用と販売促進、ダイオキシン類のポリ塩化ビフェニル(PCBs)、枯葉剤のオレンジ剤、およびウシ成長ホルモンをめぐる多くの議論を報告する。アメリカ(アニストン、アラバマを含む)、カナダ、インド、メキシコ、パラグアイ、イギリスおよびフランスの事例は、ドキュメンタリーによれば、企業の政治との癒着途中での指摘、圧力戦術、科学的データの抑制と操作、超法的手法が世界の農業の支配において同社の試みを支援したことを調査された。科学者、アメリカ食品医薬品局およびアメリカ環境保護局の代表、市民社会の代表、企業活動の犠牲者、弁護士および政治家がインタビューを受けている。モンサントの不自然な食べもの フレッシュアイペディアより)

  • スーパーウィード

    スーパーウィードから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    スーパーウィード()は農薬の効果がない雑草のこと。スーパー雑草とも表記される。遺伝子組み換え作物との受粉により除草剤に対する抵抗を持った野生の植物とされる。広義には植物から微生物にわたる超雑種の意味で用いられる。スーパーウィード フレッシュアイペディアより)

  • コンタミネーション

    コンタミネーションから見た遺伝子組換え作物遺伝子組み換え作物

    分子生物学分野では、既存の生物に外来遺伝子を導入したり、その生物が持つ遺伝子を潰したりした遺伝子組換え生物を作出して実験に用いることがある。これらの人為的に作り出された生物は、本来、自然環境には存在しないものであるため、これらが周囲の環境に漏出した場合、生態系に悪影響を与える可能性が考えられる。これを遺伝子組換え生物による遺伝子汚染と呼ぶ。このような事態を避けるため、遺伝子組換え実験は、用いる対象の病原性の有無などに関わらず、管理区域内で正しく行われなければならないが、万一実験中の誤操作によって実験室や実験者が汚染されると、それを介して管理区域外に汚染が広がる危険性があるため、注意が必要である。また、特に遺伝子組換え作物の場合には、受粉による遺伝子汚染が問題視されており、この問題を解決するため繁殖能力を持たない作物のみを用いるなどの対策が行われている。詳細については遺伝子組換え作物、遺伝子汚染の項も参照のこと。コンタミネーション フレッシュアイペディアより)

  • マツ材線虫病

    マツ材線虫病から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    他の植物寄生線虫による被害、特に農作物における線虫の被害は土壌病害という扱いになるものが多く、薬剤燻蒸の他にも連作を避けたり、殺線虫効果のあるマリーゴールド等の植え付け、天地返しなどの伝統的対処法が知られている。細菌の一種バチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis)の産生する毒素は昆虫に有害、人に無害ということでBT剤などと呼ばれ農薬に用いられてたり、毒素を作り出す遺伝子を農作物に組み込んで遺伝子組み換え作物として利用されたりしている。近年この毒素が昆虫のみならずある種の線虫にも有害であるという報告がなされており、農作物だけでなく他の分野への応用が期待される。マツ材線虫病 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子汚染

    遺伝子汚染から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    在来個体群との交雑が危惧される近縁個体群は、他の地域に存在する個体群(栽培品種・飼育品種の漏出を含む)が移入される場合と、遺伝子組み換え作物である場合とがあり、以下はその両者を分けて解説する。遺伝子汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 不耕起栽培

    不耕起栽培から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    こうした研究や除草剤耐性遺伝子組み換え作物の開発や有機農法の手法の確立とともに、完全な不耕起栽培や、保全耕転と呼ばれる土壌の表面のうち少なくとも30パーセントを作物の残渣で覆っておく緩やかな手法が北米の農家の間で急速に広まっている。1960年代には北米の耕地のほとんどは耕起されていたがカナダでは1991年には33パーセント、2001年には60パーセントの農場が不耕起栽培もしくは保全耕転を採用している。アメリカでは2004年に保全耕転が全農地の41パーセント、不耕起栽培が23パーセントで実施されている。しかし、地球全体の農地のうち不耕起栽培が行われているのは5パーセントほどに過ぎない。不耕起栽培 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物への反対アピールグリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード