2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示
  • カーギル

    カーギルから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    モンサント (企業) - ロックフェラー財団の援助を受ける企業で、カーギルが扱う遺伝子組み換え作物の研究を行っている。カーギル フレッシュアイペディアより)

  • サイエンスコミュニケーション

    サイエンスコミュニケーションから見た遺伝子組み換え食品遺伝子組み換え作物

    サイエンス・コミュニケーションについての考え方は時代とともに変遷を経てきた。科学者同士が研究について公に交流することをサイエンス・コミュニケーションに含めるならば、その源流は17世紀のイギリスで最初の科学学会(王立協会)が成立したことに求められる。科学者コミュニティが公衆に科学を伝える動きの先鞭をつけたのは、1831年に創設された英国科学振興協会である。社会や経済における科学技術の役割が拡大するとともに、一般市民を対象とした理解増進活動の重要性は不動のものとなった。しかし、20世紀の後半から、核技術やBSE問題、遺伝子組み換え食品問題などをきっかけに一般市民の科学に対する不信が顕在化され始め、トップダウン的な知識の伝達の有効性に疑問が寄せられるようになった。現在では、多様なステークホルダーによる科学への関与や双方向的な対話を基本理念として、コンセンサス会議やサイエンスカフェのような新たな形式のサイエンス・コミュニケーションが実施されている。サイエンスコミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • 投資家対国家の紛争解決

    投資家対国家の紛争解決から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    オーストラリア・アメリカ合衆国間の自由貿易協定(AUSFTA)交渉は、オーストラリア自由党のハワード政府によって2003年から進められた。このとき、アメリカは、オーストラリアにおける医薬品給付制度に基づく薬剤価格調整、検疫法、遺伝子組換え食品へのラベリング等の、商品の流通や農業を超えた公共衛生、社会政策等に関わる点を問題とし、その上で法令や政策によって投資財産が害された場合に投資家に政府を相手方として訴える手段としてISDS条項を規定するよう求めたことから、オーストラリアではすさまじいばかりの国民論議が巻き起こった。結果、AUSFTA施行のための法案は医療及びメディア関連箇所の修正を経た上でやっと承認され、ISDS条項は協定の最終合意から除かれた。AUSFTAは、アメリカが締結した二国間投資協定のうちISDS条項を含まない唯一の協定である。投資家対国家の紛争解決 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票

    イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票から見たGM作物遺伝子組み換え作物

    EUの食品安全基準はアメリカより厳しいがTTIPによってEUの基準がアメリカの基準まで下げられてしまうと考えられている。そのためTTIP反対の立場の人々は、TTIPが可決されれば欧州の食品市場がアメリカのGM作物や農薬濃度の高い食品で荒らされることを懸念している。イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票 フレッシュアイペディアより)

  • ワタ属

    ワタ属から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    ワタの遺伝子組換え品種が多数開発され、遺伝子組換え品種の栽培面積が急激に広がっている。2003年度においては世界のワタの総栽培面積のうち21%が遺伝子組み換えワタであったにすぎなかったが、2012年度においては81%となっている(ISAAA報告1)。ワタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 12月1日

    12月1日から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2011年 - 日本において、アメリカ・ハワイ産の遺伝子組み換えパパイアの輸入が解禁。生食向けの遺伝子組み換え作物の輸入認可は初。12月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 花粉症

    花粉症から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    スギ花粉症緩和米を1日1食2ヶ月間食べ制御性T細胞を増やす食事療法。2015年4月現在50人が治験を受けている。2016年11月から約1年間、1日5グラムの割合で通常の米に混ぜて食べてもらい効果を確かめる臨床研究が予定されている。花粉症 フレッシュアイペディアより)

  • 唐木英明

    唐木英明から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    『ビッグコミックスピリッツ』に掲載された「美味しんぼ」の作中にて遺伝子組み換え作物についての不正確な記述があったと述べ、小学館ビッグコミックスピリッツ編集部に対して訂正するよう要請した。その結果、ビッグコミックスピリッツ編集部と唐木が代表を務める食品安全情報ネットワークとが話し合う場を設けることとなり、そこで議論を重ねたものの、双方が納得する合意に達するまでには至らなかった。唐木英明 フレッシュアイペディアより)

  • タマネギ

    タマネギから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    タマネギを切ると涙が出るのは、タマネギの細胞がスライスされた時に発生するsyn-プロパンチアール-S-オキシドが気化し、目・鼻の粘膜を刺激するためである。これを防ぐにはゴーグル等で目を覆ったり鼻をつまむ。ほとんどにおいては鼻から侵入してくるため、目を洗い流すだけでは痛みを緩和することは難しい。換気扇を回した状態でコンロの火を着け、そのすぐ横で調理すると刺激成分が上昇気流に乗って換気扇から排出される。また、水につけながら切ると刺激成分が水に溶けて気化しなくなる。あらかじめ冷蔵庫で数時間冷やしておくのも良い。反対に、電子レンジで加熱することでも刺激成分の効果を弱められる。ただし、これらの方法では多少味が落ちてしまう。涙の出ないタマネギも開発されてはいるが、遺伝子組み換え作物のため市場には出ていない。タマネギ フレッシュアイペディアより)

  • バナナ

    バナナから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    1990年頃からキャベンディッシュに感染するフザリウム菌病(パナマ病)が世界中で流行し始め、この栽培バナナが絶滅しないかどうか危ぶまれている。そこで遺伝子組み換えによってバナナの新しい品種を作成する試みも行われている。栽培バナナは不稔で花粉や種子ができないため、導入された遺伝子が外界に広がって遺伝子汚染をひき起こす可能性は低く、遺伝子組み換え作物に適していると言われる。また、皮をむけば衛生的であり乳幼児でも摂食できるので、バナナ果肉中に抗原を生産させ、経口ワクチンとして利用するための開発が進められている。衛生環境が悪く、電力が不安定でワクチン保存環境も悪い所でも、現地において衛生的で再生産可能な経口ワクチンになるのではないかと期待されている。バナナ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード