106件中 11 - 20件表示
  • 有機農業

    有機農業から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2000年1月、日本農林規格(JAS規格)に、コーデックス委員会に準拠した「有機JAS」の規格ができた。認証されるのは、遺伝子組み換えされておらず、基本的に化学合成された農薬や肥料を避けられた食品である。2002年12月には、農薬取締法に特定農薬指定制度ができた。特定農薬は、安全性の明らかなものと定義されており、通称「特定防除資材」と呼ばれる。しかし、定義が安全性の明らかなものとされているのに農薬という呼称をつけるのはどうかとの批判がある。とはいえ、有機JASにおいては、緊急の際に特定農薬や、許可された天然に存在する物質に由来する農薬が使用されることがある。また、2009年(平成21年)8月27日の改正により、遺伝子組み換え作物に由来する堆肥の使用は当分の間、許可されることとなった。有機農業 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子工学

    遺伝子工学から見た遺伝子組換え作物遺伝子組み換え作物

    一部の例を挙げれば、細菌や培養細胞によるホルモン(インスリンやエリスロポエチンなど)の生産、除草剤耐性などの性質を与えた遺伝子組換え作物、遺伝子操作を施した研究用マウス(トランスジェニックマウス)、また人間を対象とした遺伝子治療の試みなどがある。このような遺伝子操作産物を目的とする応用のほかに、生物学・医学研究の一環(実験技術)としての遺伝子操作も盛んに行われている。遺伝子工学 フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドアップ

    ラウンドアップから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子操作により分子育種されたラウンドアップに耐性を有する作物(遺伝子組み換え作物)が主流であるが、変異体もある。遺伝子操作により、ラウンドアップに耐性を有する遺伝子組み換え作物はラウンドアップレディー (Roundup Ready) と総称され、日本ではダイズ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、テンサイ、アルファルファ、ジャガイモのラウンドアップレディー品種の一部の一種使用が認可されており、世界的にはベントグラスやアブラナやコムギの耐性品種も開発されている。ラウンドアップ フレッシュアイペディアより)

  • ゲノム編集

    ゲノム編集から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    農作物、家畜、養殖(GM作物も参照)ゲノム編集 フレッシュアイペディアより)

  • 人民共和連合

    人民共和連合から見た遺伝子組換え作物遺伝子組み換え作物

    欧州連合に関する条約は加盟国の国内法より優先されており、欧州司法裁判所はそれらの条約を加盟国に守らせる義務がある。例)遺伝子組換え作物の販売を許可する法案を国内法に写す作業が遅れたため、1000万ユーロの罰金がフランスに課せられた。人民共和連合 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組換え食品

    遺伝子組換え食品から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組換え食品 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組換え作物

    遺伝子組換え作物から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え食品

    遺伝子組み換え食品から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え食品 フレッシュアイペディアより)

  • GM作物

    GM作物から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    GM作物 フレッシュアイペディアより)

  • クローン食品

    クローン食品から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    米国における反発は遺伝子組み換え作物とは比較にならないほど強い。消費者団体のCFSはFDAを提訴する動きを見せているほか、議会が食品出荷を遅らせるための法律を立法検討、議会提出をする動きがある。クローン食品 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード