106件中 21 - 30件表示
  • アナログ耐性

    アナログ耐性から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    アナログ耐性(アナログたいせい)とは、主に生物の変異株が持つ、フィードバック阻害を司る代謝系の最終生産物に類似の物質(アナログ)の存在下でも生存できる性質。アナログの存在下で生物を培養した場合、通常は代謝系の酵素反応の一部がアナログによってフィードバック阻害を受けるため、生存に必要な物質を生産できずに死滅してしまうが、アナログ耐性を獲得した変異株はアナログによるフィードバック阻害を受けないため生存が可能であり、さらに通常よりも多くの物質を生産できる。このようにして得られた変異株はアナログ耐性株と呼ばれ、インスリン等の薬剤の大量合成や、うまみ成分の多い稲・トウモロコシ等の作物の品種改良、アミノ酸のL-リシンを蓄積した遺伝子組換えトウモロコシ(「遺伝子組み換え作物」参照)、香気成分の多い清酒酵母の開発などに利用されている。特に成功した例としては、微生物を用いたアミノ酸発酵や核酸発酵である。アナログ耐性 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・E・ロイ

    フランク・E・ロイから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    フランク・E・ロイ(Frank E. Loy, 1928年 - )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家。ビル・クリントン政権において、1998年から2001年まで地球規模問題担当国務次官を務めた。国務省では主に気候変動に関する問題と遺伝子組み換え作物の取引に関する交渉を扱った。フランク・E・ロイ フレッシュアイペディアより)

  • こぼれ種

    こぼれ種から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    セイヨウアブラナなどの遺伝子組み換え作物では、組み換え体のこぼれ種による生物多様性への悪影響を懸念する意見があり、それを検証するための調査が行われている。ドクムギ属の草本では近縁種間の交雑が起こりやすく、特に広範囲への拡散が懸念されている。こぼれ種 フレッシュアイペディアより)

  • 3-ホスホシキミ酸-1-カルボキシビニルトランスフェラーゼ

    3-ホスホシキミ酸-1-カルボキシビニルトランスフェラーゼから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    グリホサート (glyphosate) が有名であり、ラウンドアップ等の商品が除草剤として販売されている。また、遺伝子操作によってグリホサート耐性にした作物が栽培されている(これについては、ラウンドアップと遺伝子組み換え作物を参照。3-ホスホシキミ酸-1-カルボキシビニルトランスフェラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 旧ソビエト連邦諸国におけるゴキブリの減少

    旧ソビエト連邦諸国におけるゴキブリの減少から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物の導入がゴキブリにとって悪影響を及ぼしたかもしれない。チェルノブイリ原子力発電所事故によりチェルニウツィーやタンボフで発生した放射性廃棄物や化学物質による環境汚染も要因の可能性がある。しかし、ゴキブリは放射線に対して強いとの意見もある。さらに、携帯電話や無線アクセスの急激な増加がゴキブリに悪影響を及ぼしたとする意見もある。オゾンホールの発生がゴキブリに対して異常なバイオリズムをもたらしたとする説も存在する。ゴキブリ同士の争いも個体数を大きく減らす要因となるかもしれない。いくつかのゴキブリの(分類学における)種は食用とされており、捕食者により食べられてしまうことも減少の要因となり得る。旧ソビエト連邦諸国におけるゴキブリの減少 フレッシュアイペディアより)

  • マリー=モニク・ロバン

    マリー=モニク・ロバンから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2008年3月、遺伝子組み換え作物の世界第一位生産者(シェア90%以上)であり、ポリ塩化ビフェニル、ベトナム戦争時に使用された枯れ葉剤を含む除草剤、乳牛の育成に使用される人工ホルモン(ヨーロッパでは禁止)等を生産する多国籍企業(46カ国に拠点を持つ)モンサントを扱うドキュメンタリー『モンサントの世界戦略(フランス語 Le monde selon Monsanto、英語 The World According to Monsanto)』(Arte、カナダ国立映画制作庁(National Film Board of Canada)の共同制作)が、Arte(アルテ)によって、フランス及びドイツで放映マリー=モニク・ロバン フレッシュアイペディアより)

  • バイオタイ財団

    バイオタイ財団から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    バイオタイ財団は、タイ国民と政策決定者に、生物多様性や遺伝子組み換え作物、タイ産植物などの不正利用、特許登録に関わる問題を啓蒙するために、1995年に「タイコミュニティ権生物多様性ネットワーク」として、生物多様性やその利用に関心を持つNGO、地域コミュニティ、学識者、政府交官の協力によって設立された。特にタイ米ジャスミンライス(カーオホームマリ)の遺伝子保護活動で知られ、先進国の遺伝子解析、遺伝子操作、関連技術特許登録に反対している。FTA、国際農業企業にも否定的である。2008年6月、タイ最大の国際農業企業CPグループにハイブリッドライスの導入に関して異議を唱えている。このような活動の中で、バイオタイ側はすでに何度かのサイバー攻撃にさらされていると述べている。2009年7月、バイオタイが、タイ国家科学技術開発庁の米品種登録制度が国内外の農業企業のタイ有用生物種の登録、訴訟を助長し、元来の利用者の利用権を奪う可能性があると異議を唱えたところ、その二日後にデータバンク、ウェブサイトが破壊されたと主張している。2010年4月現在なお、英語版のウェブサイトは復旧していない。バイオタイ財団 フレッシュアイペディアより)

  • デルフチア・アシドボランス

    デルフチア・アシドボランスから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    デルフチア・アシドボランスの遺伝子は、遺伝子組み換え作物にも用いられている。高濃度では植物を枯死させる作用を持つ2,4-ジクロロフェノキシ酢酸 (2,4-D) を、2,4-ジクロロフェノールに変換させる酵素2,4-D モノオキシゲナーゼを生成する遺伝子aad-12の改変型によって、2,4-D耐性のダイズやワタが開発されている。デルフチア・アシドボランス フレッシュアイペディアより)

  • 生物経済

    生物経済から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    食料(遺伝子組み換え作物、植物工場など)生物経済 フレッシュアイペディアより)

  • 深川油脂工業

    深川油脂工業から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    日本産の非遺伝子組換米の糠から、こめ油の製造を行い、「みづほ」ブランドで販売している。深川油脂工業 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード