106件中 31 - 40件表示
  • 遺伝子組み換え作物規制条例

    遺伝子組み換え作物規制条例から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物の栽培等を規制することにより、遺伝子組換え作物の一般作物への混入と生産上や流通上の混乱を防止することを目的としている。遺伝子組み換え作物規制条例 フレッシュアイペディアより)

  • マージョリー・リュー

    マージョリー・リューから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    卒業後、東アジアリーガル・センターとアメリカ国内でもバイオテクノロジー法のエキスパートがそろっていることに感動し、ウィスコンシン大学マディソン校のロー・スクールへ進学。アメリカ大使館の海外農業局で働きながら北京でのインターンシップに参加し、中国政府の遺伝子組換え食品輸入に関する新法に対処した。2003年5月に同校を卒業後、弁護士の資格を取得した。マージョリー・リュー フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子導入

    遺伝子導入から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子導入は遺伝子工学の基礎となる技術である。この技術は遺伝子組み換え作物や遺伝子治療等に応用されている。また遺伝子導入はゲノム解析、遺伝子破壊や遺伝子ノックダウン技術の基礎になっており、iPS 細胞作成に必要な基礎技術である。遺伝子導入 フレッシュアイペディアより)

  • Tiプラスミド

    Tiプラスミドから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子工学によるこのプラスミドの改変は、遺伝子組み換え作物の作成にとって非常に重要である。Tiプラスミド フレッシュアイペディアより)

  • アグロバクテリウム

    アグロバクテリウムから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    形質転換植物の作製法の詳細については、遺伝子組換え作物の作製法を参照。アグロバクテリウム フレッシュアイペディアより)

  • ポリヒドロキシ酪酸

    ポリヒドロキシ酪酸から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    ICIは、1980年代にPHBの生産を試験工場段階にまで進めたが、製造費用が高過ぎることとその性質がポリプロピレンに匹敵しなかったため、興味を失った。1996年にMonsantoがICI/Zenecaからそのポリマーの製造に関する全ての特許を買収した(Biopolという商標でPHBをPHVとのコポリマーとして販売)。しかし、Biopolに関するMonsantoの権利は、米国の企業Metabolixに2001年に売却され、2004年の始めには細菌からPHBを製造していたMonsantoの培養施設は閉鎖された。現在の焦点は細菌のかわりに植物からのPHB製造へ移っている。しかし、最近のマスコミの遺伝子組み換え作物に対する過剰な報道にも関わらず、MonsantoのPHB産生用植物のニュースは聞かない。.ポリヒドロキシ酪酸 フレッシュアイペディアより)

  • バチルス・チューリンゲンシス

    バチルス・チューリンゲンシスから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    B. thuringiensis は養蚕農家の塵埃、土壌、植物の葉面、淡水、海底の堆積物等、様々な自然環境から分離できることが報告されている。これまでに、鱗翅目、双翅目、鞘翅目等に選択的な毒性を示す菌株が得られており、人体や環境に安全な生物農薬、微生物殺虫剤として、世界各国でBT剤が使用されている。また、殺虫性タンパク質(Bt毒素)の生産に係わる遺伝子を植物に組み込むことで、特定の農産害虫に抵抗力を有した作物(遺伝子組み換え作物)を作出する事が出来る。昆虫だけでなく線虫や土壌微生物にも影響を与える報告がある。バチルス・チューリンゲンシス フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・メルツ

    フリードリヒ・メルツから見た遺伝子組み換え食品遺伝子組み換え作物

    メルツは経済・財務政策通として知られており、党内では経済リベラル派に属していた。2003年には脱官僚主義を掲げて大胆な税制改革案を発表し、それは「ビールの紙コースターの上で勘定出来る」簡略化されたものだった。また遺伝子組み換え食品の導入に賛成し、ドイツに来る移民に対し「標準文化」(ドイツ語の知識と民主主義の尊重)の受け入れを要求するなどの意見を持っていた。フリードリヒ・メルツ フレッシュアイペディアより)

  • アクセル・カーン

    アクセル・カーンから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    フランス国内では遺伝学と倫理学を公衆に説明するためにメディアに登場することで知られているカーンは、公務員としてヨーロッパ向けの遺伝子組み換え作物を管理する委員会の代表でもあった。アクセル・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 除草剤

    除草剤から見た遺伝子組換え作物遺伝子組み換え作物

    グリホサート(商品名: ラウンドアップ)は、1980年代半ばに導入された非選択的除草剤で、直接接触したすべての植物を枯らす。現在では遺伝子操作により、これに耐性を有する作物が開発されたため、雑草防除用の主要除草剤となっており、除草剤と耐性作物種子(遺伝子組換え作物)が合わせて売られるようになった。除草剤 フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード