78件中 31 - 40件表示
  • 薬剤耐性

    薬剤耐性から見たGM作物遺伝子組み換え作物

    また農学分野への応用では、除草剤耐性遺伝子を導入したGM作物を作製することで、その除草剤によって作物だけを選択的に生き残らせて雑草のみを殺し、作業の効率化を図ることなども行われている。薬剤耐性 フレッシュアイペディアより)

  • ミッキー・カンター

    ミッキー・カンターから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物市場の90%を独占する米モンサント (企業)の役員を務めた経験を持ち、遺伝子組み換え作物市場拡大に政治面からも大いに尽力している。ミッキー・カンター フレッシュアイペディアより)

  • バチルス・チューリンゲンシス

    バチルス・チューリンゲンシスから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    B. thuringiensis は養蚕農家の塵埃、土壌、植物の葉面、淡水、海底の堆積物等、様々な自然環境から分離できることが報告されている。これまでに、鱗翅目、双翅目、鞘翅目等に選択的な毒性を示す菌株が得られており、人体や環境に安全な生物農薬、微生物殺虫剤として、世界各国でBT剤が使用されている。また、殺虫性タンパク質の生産に係わる遺伝子を植物に組み込むことで、特定の農産害虫に抵抗力を有した作物(遺伝子組み換え作物)を作出する事が出来る。バチルス・チューリンゲンシス フレッシュアイペディアより)

  • 欧州委員会

    欧州委員会から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    欧州委員会による法案提出権は通常、経済分野での規制に集中しており、その多くのものが予防原則に基づくものである。つまり環境や人間の健康に対する危険の可能性が高い場合にあらかじめ規制を設けておくことが原則となっている。例示すると気候変動への取り組みや遺伝子組み換え作物の規制などがある。予防原則は経済に対して影響を与えるものであり、欧州委員会は他の国々よりも厳しい規制を設けている。ヨーロッパ市場の規模もあって、厳しい規制を設けることで欧州委員会は実質的に世界市場の規制者となっている。欧州委員会 フレッシュアイペディアより)

  • マリー=モニク・ロバン

    マリー=モニク・ロバンから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2008年3月、遺伝子組み換え作物の世界第一位生産者(シェア90%以上)であり、ポリ塩化ビフェニル、ベトナム戦争時に使用された枯れ葉剤を含む除草剤、乳牛の育成に使用される人工ホルモン(ヨーロッパでは禁止)等を生産する多国籍企業(46カ国に拠点を持つ)モンサントを扱うドキュメンタリー『モンサントの世界戦略(フランス語 Le monde selon Monsanto、英語 The World According to Monsanto)』(Arte、カナダ国立映画制作庁(National Film Board of Canada)の共同制作)が、Arte(アルテ)によって、フランス及びドイツで放映マリー=モニク・ロバン フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    耕作地や水が不足しており、これは新技術のみがの作物量が増加させることができることを意味する。元首相の江沢民は「農業科学技術の新たな革命」を呼びかけた。民衆の関心が広まると、遺伝子組み換え作物に関する制限や規定が導入もしくは言及されるようになった。中国は国内の家畜の急速な遺伝子改良を進めるため大量の海外の家畜の精液や胎児と同様に海外の家畜動物を100万匹単位で購入している。農薬の使用の増加などのより高度な農業方法は中国産食品の安全性に関わる問題となっている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • シンジェンタ

    シンジェンタから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    シンジェンタは遺伝子技術などによる品種改良も行っており、2005年に、遺伝子組み換え作物(GMO)の栽培を禁止するとしたスイスの方針に反発するなどしている。2007年には、カナダの雑誌『Maclean's』の紙上で、Canada's Top 100 Employers の1社としてシンジェンタ・カナダが選ばれた。シンジェンタ フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組換え生物

    遺伝子組換え生物から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物は農業に応用されている。詳しくは遺伝子組み換え作物のページを参照。遺伝子組換え生物 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスベジタブル

    ミックスベジタブルから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    近年、生産国偽装や野菜の農薬問題などが次々と発覚し、消費者の食の安全趣向が高まり、生産国の表記方法などの表示義務も変更された。特にトウモロコシでは、遺伝子組み換え作物ではないことがアピールされる。これらの問題により、国産野菜を使用した製品も製造された。この場合、コストの関係により、グリーンピースをインゲンマメに切り替える製品もある。ミックスベジタブル フレッシュアイペディアより)

  • 買ってはいけない

    買ってはいけないから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    『週刊金曜日』は、2000年、『買ってはいけない』の収益を元に「買ってはいけない基金」を設立。食品の安全性を高めるための調査・研究を行なう基金で、これまでにトウモロコシから日本で未承認の遺伝子組み換え体を検出する等している。買ってはいけない フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「遺伝子組み換え食品」のニューストピックワード