78件中 41 - 50件表示
  • カルス (植物)

    カルス (植物)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    カルスは遺伝子組み換え作物の作製にも利用される。アグロバクテリウムを用いた手法を例にすると、アグロバクテリウムはある種の植物細胞に感染し、アグロバクテリウムが持つプラスミドの一部を植物細胞の染色体に挿入する機構を持つ。これを利用して植物に遺伝子を導入できるが、生殖細胞に導入遺伝子が入らない限り、これは次世代に受け継がれていかない。そこで、感染した細胞からカルスを作製し、あるいはカルス細胞に導入したいプラスミドを持ったアグロバクテリウムを感染させる。プラスミドが染色体に挿入された細胞を分離し、これを再分化させて植物個体を再生すると、導入遺伝子を安定的に遺伝する遺伝子組み換え作物が出来る。カルス (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物規制条例

    遺伝子組み換え作物規制条例から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物の栽培等を規制することにより、遺伝子組換え作物の一般作物への混入と生産上や流通上の混乱を防止することを目的としている。遺伝子組み換え作物規制条例 フレッシュアイペディアより)

  • イオントップバリュ

    イオントップバリュから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    食料品に関しては遺伝子組み換え食品やアレルギー物質の情報開示も徹底されており、遺伝子組み換え食品はJAS法では任意表示となっている項目も含め全て義務表示に、アレルギー物質は義務表示7品目と推奨表示18品目の計25品目を表示すると共に、食物アレルギーの方の意見を元に、原材料ごとにアレルギー物質を表示している。アレルギー物質を含む製品にはパッケージ正面に「使用しているアレルギー物質は、お買い上げのたびに表示をご覧ください。」の文言が記されており、さらに乳製品の一部には義務表示7品目を「使用しているアレルギー物質」としてパッケージ正面に表示し、一目で確認出来る様になっている。しかし製造装置の洗浄が不十分であった事から本来使っていないはずの成分が混入する事件も発生している。福島第一原子力発電所事故以降の取り組みとして、生鮮食品の放射能検査とレトルトごはんの産地変更(福島県から国産)を行っている。イオントップバリュ フレッシュアイペディアより)

  • 食糧危機

    食糧危機から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子工学を利用することで、より生産性の高い作物を創出したり、あるいは栄養価の高い食料を得ようという考えがあり、この分野では遺伝子組み換え作物など議論の的になることもあるが、安全な食料資源として利用できれば、より大きな恩恵を生むと考えられている。しかし同時に、安全性の面からや生物多様性の問題、あるいは生命倫理など様々な問題を含んでいる。食糧危機 フレッシュアイペディアより)

  • TPPを慎重に考える会

    TPPを慎重に考える会から見た遺伝子組み換え食品遺伝子組み換え作物

    TPPを慎重に考える会では、環太平洋戦略的経済連携協定の問題点として、農林水産物の重要品目の関税撤廃、残留農薬・食品添加物・遺伝子組み換え食品に対する規制の変更、政府調達の基準額引き下げ、医療保険制度の変更、外国人入国の拡大、投資家対国家の紛争処理手続きの導入、環境問題、知的財産権制度の変更、公営企業に及ぼす影響、といった項目を列挙し、警鐘を鳴らしている。TPPを慎重に考える会 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物への反対アピールグリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見た遺伝子組み換え食品遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え食品については、政府が積極的に取り組んでいる。政府の研究費は、2003年で約2億ドル。栽培面積は360万ヘクタールで、世界第6位。主食である米については、中国では水不足が深刻なことから、水が少なくても栽培できる米の開発を目指している。米の認可はまだ下りてないものの試験栽培は行われており、試験栽培された遺伝子組み換え米が欧州や日本の米加工品市場に流れ、問題になったことがある。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アーケータ (カリフォルニア州)

    アーケータ (カリフォルニア州)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    過去、アーケータはその政治姿勢において大変革新的であり、市政委員会で緑の党の候補者を多数派に選んだことではアメリカ合衆国の中でも最初の都市となった。現在の市政委員会は民主党議員が多数派になっている。革新派が多数となった結果として、多くのレストランチェーンの出店を制限することになった。また研究と教育目的を例外として如何なる種の遺伝子組み換え作物もその育成を禁止した最初の自治体となった。アーケータ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンダナ・シヴァ

    ヴァンダナ・シヴァから見た遺伝子組換え作物遺伝子組み換え作物

    緑の革命や遺伝子組換え作物に代表される現代農業に対して批判的である。ヴァンダナ・シヴァ フレッシュアイペディアより)

  • デルフチア・アシドボランス

    デルフチア・アシドボランスから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    デルフチア・アシドボランスの遺伝子は、遺伝子組み換え作物にも用いられている。高濃度では植物を枯死させる作用を持つ2,4-ジクロロフェノキシ酢酸 (2,4-D) を、2,4-ジクロロフェノールに変換させる酵素2,4-D モノオキシゲナーゼを生成する遺伝子aad-12の改変型によって、2,4-D耐性のダイズやワタが開発されている。デルフチア・アシドボランス フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示