78件中 51 - 60件表示
  • 美味しんぼ

    美味しんぼから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    『ビッグコミックスピリッツ』(2010年5月24日号)に掲載された「続・食と環境問題その(8)」にて遺伝子組み換え作物を取り上げたところ、日本学術会議副会長の唐木英明から不正確な記述であるとの指摘を受けた。その後、唐木が代表を務める食品安全情報ネットワークが、『ビッグコミックスピリッツ』編集部に対し訂正するよう要請した。その結果、編集部と食品安全情報ネットワークとが話し合う場を設けることとなり、そこで議論を重ねたものの、双方が納得する合意に達するまでには至らなかった。美味しんぼ フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドアップ

    ラウンドアップから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子操作により分子育種されたラウンドアップに耐性を有する作物(遺伝子組み換え作物)が主流であるが、変異体もある。遺伝子操作により、ラウンドアップに耐性を有する遺伝子組み換え作物はラウンドアップレディー (Roundup Ready) と総称され、ダイズ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、テンサイ、アルファルファが栽培されている。ラウンドアップ フレッシュアイペディアより)

  • 山田正彦 (政治家)

    山田正彦 (政治家)から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2011年6月10日のTHE JOURNALのインタビューで、東日本大震災後に経済界などがTPPに加盟して「強い農業」作りをするようアピールしていることに対して、規模拡大さえすれば合理化につながり競争力が増すとは到底思えないとしている。例としてアメリカの農作物を挙げ、補助金によって低価格を実現している一方で農家が設備投資のために膨大な負債を抱えていることや、トウモロコシのほとんどが遺伝子操作されているとして、これらを強い農業と呼ぶことに疑問を呈している。また現在は果汁の90%を輸入しているリンゴジュースを例に挙げて、トレーサビリティを徹底すれば消費者が産地を見分けるようになり、国産物の消費が増えるだろうと述べている。山田正彦 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 唐木英明

    唐木英明から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    『ビッグコミックスピリッツ』に掲載された「美味しんぼ」の作中にて遺伝子組み換え作物についての不正確な記述があったと指摘し、小学館ビッグコミックスピリッツ編集部に対して訂正するよう要請した。その結果、ビッグコミックスピリッツ編集部と唐木が代表を務める食品安全情報ネットワークとが話し合う場を設けることとなり、そこで議論を重ねたものの、双方が納得する合意に達するまでには至らなかった。唐木英明 フレッシュアイペディアより)

  • 投資家対国家の紛争解決

    投資家対国家の紛争解決から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    オーストラリア・アメリカ合衆国間の自由貿易協定(AUSFTA)交渉は、オーストラリア自由党のハワード政府によって2003年から進められた。このとき、アメリカは、オーストラリアにおける医薬品給付制度に基づく薬剤価格調整、検疫法、遺伝子組換え食品へのラベリング等の、商品の流通や農業を超えた公共衛生、社会政策等に関わる点を問題とし、その上で法令や政策によって投資財産が害された場合に投資家に政府を相手方として訴える手段としてISDS条項を規定するよう求めたことから、オーストラリアではすさまじいばかりの国民論議が巻き起こった。結果、AUSFTA施行のための法案は医療及びメディア関連箇所の修正を経た上でやっと承認され、ISDS条項は協定の最終合意から除かれた。AUSFTAは、アメリカが締結した二国間投資協定のうちISDS条項を含まない唯一の協定である。投資家対国家の紛争解決 フレッシュアイペディアより)

  • 12月1日

    12月1日から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    2011年 - 日本において、アメリカ・ハワイ産の遺伝子組み換えパパイヤの輸入が解禁。生食向けの遺伝子組み換え作物の輸入認可は初。12月1日 フレッシュアイペディアより)

  • アルミニウム

    アルミニウムから見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換えによりアルミニウム耐性植物を作出する際、その遺伝子源として注目されているものに、土壌性のアルミニウム耐性菌がある。根粒菌として知られる Rhizobium もアルミニウム耐性菌の一種である。強酸性 (pH 3.0) 高アルミニウム条件にて選抜されてくる菌はほとんどが糸状菌であり、従ってアルミニウムの多い土壌ではこれらの生物が優占していると考えられる。以下はアルミニウム耐性菌を含む属の一部である。アルミニウム フレッシュアイペディアより)

  • 生物工学

    生物工学から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    また、クローン技術や遺伝子組み換え作物などでは、倫理的な側面や自然環境との関係において、多くの議論が必要とされている分野でもある。遺伝子操作および細胞融合は、生物多様性に悪影響を及ぼす恐れがあるとの観点から「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(遺伝子組換え生物等規制法、遺伝子組換え規制法)によって規制されている。生物工学 フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠緑化

    砂漠緑化から見た遺伝子組み換え作物遺伝子組み換え作物

    植物の中には、乾燥ストレス耐性や塩ストレス耐性が強い植物があり、その種の特性の研究・利用は砂漠緑化に有用である。また、バイオテクノロジーによって各種の耐性を強化した遺伝子組み換え植物も開発されており、砂漠緑化の推進が期待される。砂漠緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素固定

    炭素固定から見たGM作物遺伝子組み換え作物

    地球温暖化のこれからの動向などについては、地球シミュレータなどといったスーパーコンピューターを用いた予測が行なわれているが、温暖化の動向が今後どうなっていくのかはまだよくわからない部分が多い。炭素固定能力を向上させた植物などがバイオテクノロジーなどを用いて作成されているが、こうした植物が長期的にどのような影響を及ぼすかについてはよくわからず、GM作物を環境中に持って行く危険性も示唆されている。炭素固定 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示