遺産相続 ニュース&Wiki etc.

相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。 (出典:Wikipedia)

「遺産相続」Q&A

  • Q&A

    司法書士の報酬について。 法定相続人の居ない遠縁の叔母が、司法書士に遺言書の作成を依…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月10日 00:27

  • Q&A

    相続について 家族3人 父、兄(別居)、妹 (母は20年前に他界) 7年前に、妹が…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月9日 12:40

  • Q&A

    亡くなった元旦那の遺産相続放棄の手続きをすすめていますが、わかっている金額は200万…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月9日 03:28

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「相続」のつながり調べ

  • 譲状

    譲状から見た相続

    譲状(ゆずりじょう)は処分状(しょぶんじょう)とも呼ばれ、古代から中世にかけて、所領などの財産を親族などに譲渡する際にその事実を証明するために所有者が譲渡相手に対して作成した証文のこと。一般的には相続による遺産配分に関する取り決めを被相続人で作成者から相続人である親族に渡すケースが多かった。単独相続制の成立した室町時代中期以後はほとんど作成されなくなる。以後も戦国時代にかけては家督相続の後継者に選んだ親族に対してその正当性を示すために渡される事もあったが、次第に置文などの形式に替わってゆくことになる。(譲状 フレッシュアイペディアより)

  • マサイ族

    マサイ族から見た相続

    牛はマーサイ族にとって最も重要な動物であり、貨幣の代わりでもある。賠償・結納・相続なども牛の受け渡しによって行われる。男性において牛を持たないということは、それだけで恋愛対象にならないというほど、牛は重視される。(マサイ族 フレッシュアイペディアより)

「相続」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「遺産相続」のニューストピックワード