前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
482件中 1 - 10件表示
  • 遺贈

    遺贈から見た相続人相続

    包括遺贈の場合の包括受遺者は相続人と同一の権利義務を持つとされており相続人と同一の法的地位となる(990条)。そのため、後述のように包括受遺者と特定受遺者とでは法律上の扱いが異なる。遺贈 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権移転登記

    所有権移転登記から見た相続人相続

    登記申請人(令3条1号)については、相続又は合併による所有権移転登記は、登記権利者による単独申請で行う(法63条2項)。その記載方法は、相続の場合、(被相続人 A)のように記載し、その下に相続人の住所及び氏名を記載する(法務局、法定相続の申請書の書式、別紙1参照)。合併の場合も同様に、(被合併会社 株式会社B)のように記載し、その下に記載すべき申請人の資格は「権利承継者」・「承継会社」等分かるように記載すればよい。なお、申請人が法人であるので、以下の事項も記載しなければならない。所有権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権移転登記

    所有権移転登記から見た相続相続

    一般承継とは、前所有者の有する権利・義務の一切を承継することである。包括承継とも言う。前所有者が不動産の登記名義人であった場合、当然に所有権の承継が行われる。自然人については相続が、法人については合併があてはまる。なお、会社分割も一般承継ではある(2001年(平成13年)3月30日民二867号通達第1-3)が、登記手続きは共同申請で行う(同通達第2-1(1))。よって、本稿では便宜特定承継の項目に含めている。所有権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • 根抵当権変更登記

    根抵当権変更登記から見た相続相続

    なお、債務者に相続・合併があった場合(民法398条の8第2項・398条の9第2項)や、債務者の氏名・名称・住所に変更(以下表示という)があった場合、根抵当権者の場合と異なり、なすべき登記は根抵当権変更登記である。相続の場合、相続の登記後に合意の登記をすることになる(法92条)。根抵当権変更登記 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権保存登記

    所有権保存登記から見た相続人相続

    表題部所有者又はその相続人その他の一般承継人、所有権を有することが確定判決によって確認された者、土地収用法などに基づく収用によって所有権を取得した者、である(法74条1項)。所有権保存登記 フレッシュアイペディアより)

  • 根抵当権移転登記

    根抵当権移転登記から見た相続相続

    根抵当権者に合併があった場合、合併を原因とする根抵当権移転登記をする。根抵当権者に相続があった場合、相続を原因とする根抵当権移転登記後、指定根抵当権者の合意の登記をする(b:民法第398条の8第1項、法92条)。この合意の登記を相続開始後6か月以内にしない場合、元本は相続開始時に確定したものとみなされる(民法398条の8第4項)。根抵当権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • 遺贈

    遺贈から見た相続相続

    また、受遺者には相続の場合と同様に欠格事由がないことも必要である(965条・891条)。遺贈 フレッシュアイペディアより)

  • 相続人の不存在

    相続人の不存在から見た被相続人相続

    相続財産管理人の選任後、被相続人名義の不動産につき相続財産管理人から相続財産法人名義への登記名義人表示変更登記を申請することになる(1935年(昭和10年)1月14日民甲39号通達)。この登記は付記登記でされる(不動産登記規則3条1号)。相続人の不存在 フレッシュアイペディアより)

  • 相続人の不存在

    相続人の不存在から見た相続人相続

    相続人の不存在(そうぞくにんのふそんざい)とは、相続人のあることが明らかでない場合で、相続人の捜索が行われる場合である。相続人の不存在 フレッシュアイペディアより)

  • 承継取得

    承継取得から見た相続相続

    民法第2編第3章第2節(所有権の取得)に定められている所有権の取得原因はすべて原始取得である。しかし、現代社会において所有権の取得原因として最も主要かつ重要なものは法律行為(売買契約等)及び相続でいずれも承継取得である。承継取得 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
482件中 1 - 10件表示

「遺産相続」のニューストピックワード