362件中 91 - 100件表示
  • ヌバ族

    ヌバ族から見た相続相続

    シコクビエ、モロコシ、トウモロコシ、ゴマ、オクラ、メロン、ヒョウタン、ワタ、タバコなどを栽培する農耕民族で、牛、ヤギ、羊、鶏、馬、ロバ、豚などの畜産も盛んである。父系クランと母系クランが混在しており、相続に関する規定は特にない。ヌバ族 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリク4世 (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公)

    フレデリク4世 (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公)から見た相続権相続

    そうした関係の中でフレデリクは、デンマークよりもスウェーデンを重視し、スウェーデンとの同盟関係を強化した(デンマーク王とのシュレースヴィヒ公国内のゴットルプ公領の相続権を巡る紛争が続いており、カール11世が調停を行っていた)。さらに1697年には、カール12世の姉である従妹ヘドヴィグ・ソフィアと結婚した。この結婚によって、フレデリク4世はスウェーデン王位継承権をも獲得した。フレデリク4世はヘドヴィグ・ソフィアやカール12世が幼少の頃から面識があり、彼らの兄代わりでもあったという。フレデリク4世 (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公) フレッシュアイペディアより)

  • 森下景端

    森下景端から見た相続相続

    弘化2年(1845年)先徒雇として出仕。その後、安政3年(1858年)父が没したため家督相続する。この頃から牧野権六郎の目に留まるようになり、元治元年(1864年)権六郎の命で吉田屋十郎右衛門とともに長州藩に赴き山縣半蔵らと面会し、さらに益田親施(家老)と折衝することに成功している。森下景端 フレッシュアイペディアより)

  • 登記原因証明情報

    登記原因証明情報から見た相続相続

    その他、相続や合併を原因とする所有権移転登記の場合については所有権移転登記を、抵当権等の抹消登記を単独で申請する場合については抹消登記を参照。登記原因証明情報 フレッシュアイペディアより)

  • 七羽のからす

    七羽のからすから見た相続人相続

    この説話は十二人兄弟、六羽の白鳥、兄と妹のように妹が兄弟を救うあらすじになっている。この話が蒐集されたの時代や地域では、多くの男達が徴兵されたため、父親が娘を相続人として指名することが少なくなかった。その結果、父は娘の行動や結婚に関して強く干渉するようになった。七羽のからす フレッシュアイペディアより)

  • ハインリヒ・デルンブルヒ

    ハインリヒ・デルンブルヒから見た相続相続

    1862年にハレ大学に移り、1866年には同大学の代表者として貴族院に派遣される。1873年ベルリン大学教授となり、貴族院議員にも就任。ドイツ民法典の制定においては、1888年の第19回法曹会において、地役権及び相続回復権の問題に付きヴィントシャイトを中心とする第一草案への反対演説を行い成功している。ハインリヒ・デルンブルヒ フレッシュアイペディアより)

  • 毛利広房

    毛利広房から見た相続相続

    南朝:天授7年、弘和元年/北朝:康暦3年、永徳元年(1381年)に、父・毛利元春より吉田荘地頭職半分を譲られている。これと同時に毛利家の家督を相続したものと推測される。家督を継承して後の南朝:元中2年/北朝:至徳2年(1385年)に、出陣先の西条にて、38歳の若さで討死してしまう。毛利広房 フレッシュアイペディアより)

  • 医療法人

    医療法人から見た相続人相続

    したがって、その法人の社員が死亡等の事由により退社した際、その相続人が、その出資持分を承継した場合、課税庁により、純資産価額方式(又は純資産価額方式及び類似業種比準価額方式)により払戻し時の時価により評価が行われる(財産評価通達194?2)。この場合、その相続人等が、持分を定めた社団医療法人の多額の相続税の返還請求を求めるケースがある。このため、多額の払戻しを請求された法人が解散に至ることもあり、課税庁と医療法人側がその出資評価をめぐって昭和50年代から60年代にかけて訴訟が提起されていた(東京地裁昭和53年4月17日判決, 行集29巻4号538頁参照)。医療法人 フレッシュアイペディアより)

  • 定額給付金

    定額給付金から見た相続人相続

    1人世帯の場合、2月1日現在生存していても、申請後、給付決定時までに死亡すれば支給されない。相続人が受け取ることもできない。自治体ごとに申請受付開始が異なったため、死亡日が同じでも自治体により受け取れる場合と受け取れない場合がある(申請受付開始後すぐに申請すると仮定した場合)。定額給付金 フレッシュアイペディアより)

  • 荒尾成昭

    荒尾成昭から見た相続相続

    正徳5年(1715年)、鳥取藩家老荒尾成倫の長男として生まれる。享保14年(1729年)2月、藩主池田吉泰に初めて御目見する。享保19年(1734年)7月、父成倫の死去により、9月、家督相続が認められ米子領主となる。荒尾成昭 フレッシュアイペディアより)

362件中 91 - 100件表示

「遺産相続」のニューストピックワード