482件中 91 - 100件表示
  • ロシア連邦民法典

    ロシア連邦民法典から見た相続相続

    ロシア連邦民法典は、4つの部分に分かれて施行された。第1部は「総則」(例えば定義規定や、法人の規定等)であり、1994年に下院で成立し、1995年に施行された。第2部の「債権」(各則)は1996年に、第3部の「相続」は2002年にそれぞれ施行された。この法典の基本原理は全当事者の平等であり、私有財産の不可侵、契約の自由、私権の自由行使、私権の法的保護が定められている。ロシア連邦民法典 フレッシュアイペディアより)

  • 木村吉兵衛

    木村吉兵衛から見た相続相続

    普通学を修める。明治37年(1904年)家督を相続し前名芳太郎を改め襲名す。呉服太物商を営む。鳥取県多額納税者である。宗教は浄土宗。木村吉兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 青年実業家

    青年実業家から見た相続相続

    青年実業家(せいねんじつぎょうか)とは青年の実業家を言う。一般には青年の起業家自身を指すが、家業などを相続した場合にもこう呼ばれることもある。青年実業家 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐佐市

    五十嵐佐市から見た相続相続

    福井県士族五十嵐佐次平の長男。明治31年(1898年)家督を相続する。金融業を営む。五十嵐佐市 フレッシュアイペディアより)

  • 平田佐次郎 (2代目)

    平田佐次郎 (2代目)から見た相続相続

    二代目平田佐次郎(にだいめ ひらた さじろう、1859年(安政6年)9月14日 - 死亡年月日不明)は、富田一色在住の実業家。平田家の2代目当主で平田紡績の2代目社長。三重郡富洲原村選出の三重郡会議員である。初代平田佐次郎の息子として2代目平田佐次郎を襲名して家督相続をした。子福者で、8男4女の12人の子供に恵まれた。平田佐次郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 同時死亡の推定

    同時死亡の推定から見た相続回復請求権相続

    反証によってそれまでの同時死亡の推定の効果が覆された場合には、受益者となっていた者は不当利得となるため返還義務を負う。また、新たに相続人となった者は相続回復請求権を行使できる。ただし、相続回復請求権は相続人またはその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは時効にかかり消滅するため制限を受ける(884条前段)。同時死亡の推定 フレッシュアイペディアより)

  • 同時死亡の推定

    同時死亡の推定から見た相続相続

    交通事故や火災などの危難に遭遇して複数の親族が死亡した場合、相続においては各人(例えば親子)の死亡の前後によって相続人の範囲が変動するが、このような危難においては死亡時期の前後の立証が困難であることが多くその確定に問題を生じていた。例えば、Aとその子Cが危難に遭って死亡し、その遺族がAの配偶者BとAの親Dである場合に、AとCの死亡の先後によって遺族の相続分が異なることになるが、その証明は極めて困難であるため、事実上相続財産を先占した者が優位する結果をもたらしていた。特に洞爺丸事故(1954年)、南海丸事件(1958年)、伊勢湾台風(1959年)などの際には多くの法律問題を生じた。そこで昭和37年法律第40号により民法に条文を追加し、数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定することとしたものである(民法32条の2)。同時死亡の推定 フレッシュアイペディアより)

  • 同時死亡の推定

    同時死亡の推定から見た相続分相続

    交通事故や火災などの危難に遭遇して複数の親族が死亡した場合、相続においては各人(例えば親子)の死亡の前後によって相続人の範囲が変動するが、このような危難においては死亡時期の前後の立証が困難であることが多くその確定に問題を生じていた。例えば、Aとその子Cが危難に遭って死亡し、その遺族がAの配偶者BとAの親Dである場合に、AとCの死亡の先後によって遺族の相続分が異なることになるが、その証明は極めて困難であるため、事実上相続財産を先占した者が優位する結果をもたらしていた。特に洞爺丸事故(1954年)、南海丸事件(1958年)、伊勢湾台風(1959年)などの際には多くの法律問題を生じた。そこで昭和37年法律第40号により民法に条文を追加し、数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定することとしたものである(民法32条の2)。同時死亡の推定 フレッシュアイペディアより)

  • 変更登記 (権利に関する登記)

    変更登記 (権利に関する登記)から見た相続相続

    なお、先取特権の債務者につき、相続又は合併があった場合の記載の例については、抵当権変更登記を参照。論点は同じである。変更登記 (権利に関する登記) フレッシュアイペディアより)

  • 森下景端

    森下景端から見た相続相続

    弘化2年(1845年)先徒雇として出仕。その後、安政3年(1858年)父が没したため家督相続する。この頃から牧野権六郎の目に留まるようになり、元治元年(1864年)権六郎の命で吉田屋十郎右衛門とともに長州藩に赴き山縣半蔵らと面会し、さらに益田親施(家老)と折衝することに成功している。森下景端 フレッシュアイペディアより)

482件中 91 - 100件表示

「遺産相続」のニューストピックワード