482件中 11 - 20件表示
  • 遺留分

    遺留分から見た代襲相続相続

    遺留分(いりゅうぶん)とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいう。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産の一定割合を取得しうるという権利(遺留分権)が認められる(1028条)。また、子の代襲相続人にも遺留分権は認められる(1044条・887条2項・887条3項・901条)。遺留分権を有するこれらの者を遺留分権利者という。遺留分 フレッシュアイペディアより)

  • 混同

    混同から見た相続相続

    同一物について所有権及び他の物権が同一人に帰属したときは、当該の他の物権は消滅する(民法179条1項本文。土地賃借人が土地所有権を取得した場合につき大判昭5・6・12民集9巻532頁)。たとえば、A所有の甲土地について抵当権を有していたBが、Aから甲土地を買い受けた場合、Bの抵当権は混同によって消滅する。A所有の甲土地について地上権を有していたBが、相続によって甲土地の所有権を取得した場合も、Bの地上権は混同によって消滅する。混同 フレッシュアイペディアより)

  • 永小作権

    永小作権から見た相続相続

    耕作や牧畜は永小作権でなくとも農地に賃借権を設定することでも達成しうる(賃借小作権)。しかし賃借小作権と違い、永小作権は物権であるから排他性を持ち、土地の所有権者の意思に関わらず自由に処分をすることができる。当然登記によって第三者に対抗することができ相続も可能である。現在、耕作に利用されている土地利用権の圧倒的多数は賃借小作権である。なお、権利内容が永小作権か賃借小作権か不明である場合には、設定契約の内容あるいは地方の慣習によって定めるべきとされる。永小作権 フレッシュアイペディアより)

  • 移転登記 (不動産登記)

    移転登記 (不動産登記)から見た相続相続

    ここで言う一般承継とは、前権利者の有する権利・義務の一切を承継することである。包括承継とも言う。自然人については相続が、法人については合併があてはまる。なお、会社分割も一般承継ではある(2001年(平成13年)3月30日民二867号通達第1-3)が、登記手続きは共同申請で行う(同通達第2-1(1))。よって、本稿では便宜特定承継の項目に含めている。移転登記 (不動産登記) フレッシュアイペディアより)

  • 抵当権移転登記

    抵当権移転登記から見た相続相続

    ここで言う一般承継とは、前抵当権者の有する権利・義務の一切を承継することである。包括承継とも言う。自然人については相続が、法人については合併があてはまる。なお、会社分割も一般承継ではある(2001年(平成13年)3月30日民二867号通達第1-3)が、登記手続きは共同申請で行う(同通達第2-1(1))。よって、本稿では便宜特定承継の項目に含めている。抵当権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • 抵当権変更登記

    抵当権変更登記から見た相続相続

    債務者の変更の原因としては債務引受・更改・相続又は合併・表示変更があり、順に説明する。抵当権変更登記 フレッシュアイペディアより)

  • 著作者人格権

    著作者人格権から見た相続相続

    著作者人格権は、一身専属性を有する権利であるため他人に譲渡できないと解されており、日本の著作権法にもその旨の規定がある(59条)。また、日本法では一身専属性のある権利は相続の対象にはならないので(民法896条但書)、著作者人格権も相続の対象にはならず、著作者の死亡によって消滅するものと解されている。ただし、ベルヌ条約6条の2(2)が著作者の死後における著作者人格権の保護を要求していることから、著作者の死亡後も、著作者が存しているならば著作者人格権の侵害となるような行為を禁止するとともに(60条)、一定範囲の遺族による差止請求権や名誉回復措置請求権の行使が認められている(116条)。著作者人格権 フレッシュアイペディアより)

  • 相続廃除

    相続廃除から見た相続相続

    相続廃除(そうぞくはいじょ)とは、日本法に基づく相続における概念の一つである。相続廃除 フレッシュアイペディアより)

  • 債権

    債権から見た共同相続相続

    1つの可分な給付を目的とする債権を複数の債権者が有する場合をいう。例えば、金銭債権が共同相続された場合(分割債権)や共同売却代金(分割債権)などが考えられる。債権 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権抹消登記

    所有権抹消登記から見た相続相続

    相続を原因とする所有権移転登記後に相続放棄があったことが判明した場合、その登記を抹消する申請をすることはできるが、当該所有権抹消登記を申請する場合の登記原因は「錯誤」であって「相続放棄」ではない(登記研究584-163頁)。所有権抹消登記 フレッシュアイペディアより)

482件中 11 - 20件表示

「遺産相続」のニューストピックワード