362件中 11 - 20件表示
  • 永小作権

    永小作権から見た相続相続

    耕作や牧畜は永小作権でなくとも農地に賃借権を設定することでも達成しうる(賃借小作権)。しかし賃借小作権と違い、永小作権は物権であるから排他性を持ち、土地の所有権者の意思に関わらず自由に処分をすることができる。当然登記によって第三者に対抗することができ相続も可能である。現在、耕作に利用されている土地利用権の圧倒的多数は賃借小作権である。なお、権利内容が永小作権か賃借小作権か不明である場合には、設定契約の内容あるいは地方の慣習によって定めるべきとされる。永小作権 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権移転登記

    所有権移転登記から見た被相続人相続

    前所有者(被相続人)の生殖能力があると考えられる年齢以降死亡までの戸籍謄本・除籍謄本等が必須である(1959年(昭和34年)12月14日法曹会決議、登記インターネット68-185頁参照)。また、相続人となるべき者の戸籍謄本も添付しなければならない。所有権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権抹消登記

    所有権抹消登記から見た相続相続

    相続を原因とする所有権移転登記後に相続放棄があったことが判明した場合、その登記を抹消する申請をすることはできるが、当該所有権抹消登記を申請する場合の登記原因は「錯誤」であって「相続放棄」ではない(登記研究584-163頁)。所有権抹消登記 フレッシュアイペディアより)

  • 移転登記 (不動産登記)

    移転登記 (不動産登記)から見た相続相続

    ここで言う一般承継とは、前権利者の有する権利・義務の一切を承継することである。包括承継とも言う。自然人については相続が、法人については合併があてはまる。なお、会社分割も一般承継ではある(2001年(平成13年)3月30日民二867号通達第1-3)が、登記手続きは共同申請で行う(同通達第2-1(1))。よって、本稿では便宜特定承継の項目に含めている。移転登記 (不動産登記) フレッシュアイペディアより)

  • 相続放棄

    相続放棄から見た相続相続

    相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産の相続を放棄すること。被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われる。なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)単純承認とみなされる(民法915条1項、921条2号)。相続放棄 フレッシュアイペディアより)

  • 印鑑登録

    印鑑登録から見た相続相続

    遺産分割協議書を申請情報に添付して、相続を原因とする所有権移転登記の申請をする場合における、不動産を取得しかつ申請人となる者以外の者(1955年(昭和30年)4月23日民甲742号通達)印鑑登録 フレッシュアイペディアより)

  • 民法 (日本)

    民法 (日本)から見た相続相続

    明治29年法律第89号により定められた民法第一編第二編第三編(総則、物権、債権)及び明治31年法律第9号により定められた民法第四編第五編(親族、相続)で構成されており、全体が1898年7月16日から施行された。民法 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 相続廃除

    相続廃除から見た相続相続

    相続廃除(そうぞくはいじょ)とは、日本法に基づく相続における概念の一つである。相続廃除 フレッシュアイペディアより)

  • 経済的不平等

    経済的不平等から見た相続相続

    相続による差の固定化経済的不平等 フレッシュアイペディアより)

  • 抵当権移転登記

    抵当権移転登記から見た相続相続

    ここで言う一般承継とは、前抵当権者の有する権利・義務の一切を承継することである。包括承継とも言う。自然人については相続が、法人については合併があてはまる。なお、会社分割も一般承継ではある(2001年(平成13年)3月30日民二867号通達第1-3)が、登記手続きは共同申請で行う(同通達第2-1(1))。よって、本稿では便宜特定承継の項目に含めている。抵当権移転登記 フレッシュアイペディアより)

362件中 11 - 20件表示

「遺産相続」のニューストピックワード