482件中 21 - 30件表示
  • 一般承継

    一般承継から見た相続相続

    一般承継の具体例は、自然人については相続であり、法人については合併及び会社分割である。一般承継 フレッシュアイペディアより)

  • 所有権移転登記

    所有権移転登記から見た被相続人相続

    前所有者(被相続人)の生殖能力があると考えられる年齢以降死亡までの戸籍謄本・除籍謄本等が必須である(1959年(昭和34年)12月14日法曹会決議、登記インターネット68-185頁参照)。また、相続人となるべき者の戸籍謄本も添付しなければならない。所有権移転登記 フレッシュアイペディアより)

  • テリー伊藤のトラブルハンター

    テリー伊藤のトラブルハンターから見た相続相続

    第15回:相続(ゲスト:江川達也)テリー伊藤のトラブルハンター フレッシュアイペディアより)

  • 長子相続

    長子相続から見た相続相続

    長子相続(ちょうしそうぞく)は、最初に生まれた子供(長子)が家産を相続する制度である。ここでいう長子は、長男のみを指し、「長女」が外されることが多く、「男女を問わず、最初に生まれた子供が相続する」という真の意味の「長子」相続とは言えない例が多い。相続する家産は、財産のみならず家督や地位も含まれる。長子相続 フレッシュアイペディアより)

  • 月館の殺人

    月館の殺人から見た相続相続

    鉄道といえばゆいレール(モノレール)しかない沖縄で育った雁ヶ谷空海は、鉄道嫌いの母の影響もあり、未だかつて電車に乗ったことがない。母の死から2ヵ月後、弁護士の中在家に「母方の祖父が生きていて、財産相続の件でぜひ北海道まで来てほしい」と伝えられる。祖父の待つ月館へは、鉄道で行かなければならないとの事。空海が乗るのは、『20時40分 稚瀬布(ちせっぷ)発 月館(つきだて)行 幻夜(げんや)号』。迎えに来た中在家の運転で稚瀬布駅へ向かう途中、車がスリップして立ち往生しているところへ、同じく幻夜号に乗るという日置という青年が通りかかり、中在家を残して駅まで乗せていってもらうことに。月館の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 占有権

    占有権から見た相続相続

    なお、他主占有から自主占有に占有の性質を変更するには、その占有者が自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、または新権原により更に所有の意思をもって占有を始めたものと認められなければならない(185条)。相続が同条にいう新権原として認められるかどうかという点については、客観的にみて相続人が承継時に所有の意思を明らかにもっていたとみられる場合にはこれを肯定するのが現在の通説・判例である(最判昭46・11・30民集25巻8号1437頁)。占有権 フレッシュアイペディアより)

  • 胎児

    胎児から見た相続相続

    上述のように、胎児は相続・遺贈を受ける権利を有し(民法886条1項・965条)、それらの登記を受けることもできる(明治31年10月19日民刑1406号回答)。ただし、相続登記においては法定相続分に基づく相続登記をすることができるのであって、遺産分割に基づく相続登記をすることはできない(昭和29年6月15日民甲1188号回答)。胎児 フレッシュアイペディアより)

  • 離婚弁護士

    離婚弁護士から見た相続相続

    大手法律事務所で活躍していた間宮貴子(天海祐希)が、満を持して渉外弁護士として独立したものの、前の職場からの妨害で顧客・スタッフを奪われ、不本意ながら、家事事件(離婚、相続など)や一般民事事件などの畑違いの案件を扱うようになり、依頼人や事務所仲間との関わりの中で、弁護士という職業を見つめ直していくという内容。離婚弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 遺産

    遺産から見た相続相続

    遺産に対する所有権その他の財産権の帰属がどうなるかは、各国の民法(相続法制度)やその他の法制度(信託法等)により異なる。遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 印鑑登録

    印鑑登録から見た相続相続

    遺産分割協議書を申請情報に添付して、相続を原因とする所有権移転登記の申請をする場合における、不動産を取得しかつ申請人となる者以外の者(1955年(昭和30年)4月23日民甲742号通達)印鑑登録 フレッシュアイペディアより)

482件中 21 - 30件表示

「遺産相続」のニューストピックワード