482件中 31 - 40件表示
  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た相続相続

    選択的夫婦別姓の導入を主張している。一部の保守系議員に選択的夫婦別姓への慎重論があることについては「丁寧に話せばわかってくれる人は多いと思う」と述べている。また、非嫡出子の相続に関する現行民法の規定(900条)についても改正する必要があると述べている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 民法 (日本)

    民法 (日本)から見た相続相続

    1896年、明治29年法律第89号により定められた民法第一編・第二編・第三編(総則、物権、債権)及び1898年6月21日の明治31年法律第9号により定められた民法第四編・第五編(親族、相続)で構成されており、また附属法例として6月15日、明治31年法律第11号民法施行令が設置され、全体が7月16日から施行された。これによりいくつかのそれまでの法規が廃止された。原案起草者は穂積陳重・富井政章・梅謙次郎の三名である。民法 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 相続税

    相続税から見た相続相続

    相続税(そうぞくぜい)は、講学上は、人の死亡を原因とする財産の移転(相続)に着目して課される税金を指す。相続税 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た相続相続

    戸主制度・家督相続など封建的な家族制度の廃止や男女同権の婚姻・男女平等の相続の規定を目標とした改正民法を制定した。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 相続放棄

    相続放棄から見た相続相続

    相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産の相続を放棄すること。被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われる。なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)単純承認とみなされる(民法915条1項、921条2号)。相続放棄 フレッシュアイペディアより)

  • 推定相続人

    推定相続人から見た相続人相続

    推定相続人(すいていそうぞくにん)は、現状のままで相続が開始した場合、直ちに相続人となるべき者をいう。推定相続人 フレッシュアイペディアより)

  • 旧土人給与地

    旧土人給与地から見た相続相続

    こうして行われた土地の給与は従来漁猟を営んできたアイヌ民族を農耕民化させることによって和人(日本民族)への同化を推し進めようとするものであった。そのため財産権は制限され、賃貸権は有していたものの、質権、抵当権、永小作権などの設定も、相続以外での譲渡も行うことができず、資産として運用するのではなくあくまでも農民として土地を利用することが想定されていた。旧土人給与地 フレッシュアイペディアより)

  • 遊牧国家

    遊牧国家から見た相続相続

    モンゴル帝国が北ユーラシアを征服し空前の大国家を築いたことは、分裂していた東洋と西洋を結びつけ、世界史と言う言葉が誕生した要因となった。その体制は、パクス・モンゴリカといわれるモンゴル人による覇権と平和の時代を生み出した。しかし広大な国家は、領土が分割相続されたことや、政権を構成する諸部族が分裂抗争するなどにより、緩やかな連合政権の形状を保ちつつも次第に統一政権の形を弱めていき、わずか1世紀あまりで後継諸政権に分裂した。遊牧国家 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦の遺言週間

    夫婦の遺言週間から見た相続相続

    夫婦の遺言週間(ふうふのゆいごんしゅうかん)とは、夫婦間での遺産や相続に対する関心を高めるために制定された週間である。11月15日(いい遺言の日)?22日(いい夫婦の日)。夫婦の遺言週間 フレッシュアイペディアより)

  • いい遺言の日

    いい遺言の日から見た相続相続

    いい遺言の日(いいいごんのひ)とは、日本で夫婦間での遺産や相続に対する関心を高めるために制定された記念日である。11月15日。いい遺言の日 フレッシュアイペディアより)

482件中 31 - 40件表示

「遺産相続」のニューストピックワード