362件中 31 - 40件表示
  • 占有権

    占有権から見た相続相続

    なお、他主占有から自主占有に占有の性質を変更するには、その占有者が自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、または新権原により更に所有の意思をもって占有を始めたものと認められなければならない(185条)。相続が同条にいう新権原として認められるかどうかという点については、客観的にみて相続人が承継時に所有の意思を明らかにもっていたとみられる場合にはこれを肯定するのが現在の通説・判例である(最判昭46・11・30民集25巻8号1437頁)。占有権 フレッシュアイペディアより)

  • 胎児

    胎児から見た相続相続

    上述のように、胎児は相続・遺贈を受ける権利を有し(民法886条1項・965条)、それらの登記を受けることもできる(明治31年10月19日民刑1406号回答)。ただし、相続登記においては法定相続分に基づく相続登記をすることができるのであって、遺産分割に基づく相続登記をすることはできない(昭和29年6月15日民甲1188号回答)。胎児 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ヘンティ

    エドワード・ヘンティから見た相続相続

    トーマス・ヘンティは21歳で、£30,000 を相続、ウェスト・ターリングに Church Farm を購入、メリノ羊を飼育エドワード・ヘンティ フレッシュアイペディアより)

  • 雨富須賀一

    雨富須賀一から見た相続相続

    雨富 須賀一(あめとみ すがいち、- 天明4年(1784年)) は、江戸時代の検校。四谷の西念寺横丁で按摩や音曲を教えていた。塙保己一(はなわ ほきいち)の最初の師であり、保己一の才能に気づいて学問を学ばせた。明和3年(1766年)、病弱な保己一を心配し、父の宇兵衛と共に伊勢神宮に詣でることを勧め、旅費を出した。自分の遺産を『群書類従』の作成のために保己一に譲ろうと申し出たが、保己一の辞退により、生活に困っている雨富の弟子に相続されたというエピソードがある。雨富須賀一 フレッシュアイペディアより)

  • 旧土人給与地

    旧土人給与地から見た相続相続

    こうして行われた土地の給与は従来漁猟を営んできたアイヌ民族を農耕民化させることによって和人(日本民族)への同化を推し進めようとするものであった。そのため財産権は制限され、賃貸権は有していたものの、質権、抵当権、永小作権などの設定も、相続以外での譲渡も行うことができず、資産として運用するのではなくあくまでも農民として土地を利用することが想定されていた。旧土人給与地 フレッシュアイペディアより)

  • 遊牧国家

    遊牧国家から見た相続相続

    モンゴル帝国が北ユーラシアを征服し空前の大国家を築いたことは、分裂していた東洋と西洋を結びつけ、世界史と言う言葉が誕生した要因となった。その体制は、パクス・モンゴリカといわれるモンゴル人による覇権と平和の時代を生み出した。しかし広大な国家は、領土が分割相続されたことや、政権を構成する諸部族が分裂抗争するなどにより、緩やかな連合政権の形状を保ちつつも次第に統一政権の形を弱めていき、わずか1世紀あまりで後継諸政権に分裂した。遊牧国家 フレッシュアイペディアより)

  • 酒株

    酒株から見た相続人相続

    酒株は、同一国内であれば譲渡や貸借も許されたので、酒屋が経営不振になったり、相続人がいない場合、近くの有力酒屋がその酒株を買い集めて、経営規模を拡大することがよくあった。酒株 フレッシュアイペディアより)

  • 御寮人

    御寮人から見た相続相続

    伝統的な商家においては、女性が主人になることは通常あり得ない。旦那が隠居する、もしくは死期が近づいている時、男子があればそれを後継者に指名するが、女子しかなければ外部か奉公人の中から婿を取って後継者にする。その場合、先代の娘は「前主人の娘」という意味で「御寮人」と呼ばれる。先代の息子が後継者になる時は、その嫁を「御寮人」と呼ぶ場合もある。この呼称が用いられる範囲は「女将」と一部重複しているが、同じ意味というわけではなく、店の種類や環境による慣習的な面が強い為、厳密に区別することは困難である。明確に「主人」とされているのであれば「女将」と呼ぶのが一般的である。また蕗谷虹児作詞による「花嫁人形」では「花嫁御寮」という言葉が使われている。御寮人 フレッシュアイペディアより)

  • 変更登記 (権利に関する登記)

    変更登記 (権利に関する登記)から見た相続相続

    なお、先取特権の債務者につき、相続又は合併があった場合の記載の例については、抵当権変更登記を参照。論点は同じである。変更登記 (権利に関する登記) フレッシュアイペディアより)

  • 印綬 (四柱推命)

    印綬 (四柱推命)から見た相続相続

    印綬は最も良い形として官星(正官偏官)に伴うのを好む。正官(相続)を守るし、偏官(殺)から自分自身を護衛する機能がある。正官を傷官の攻撃から守るので護禄(正官)星と別名があるとおりである。また偏官とともにあるとその仮借ない暴剛を抑え冷静な対応ができる。古来「殺印双全」といわれている。社会制度上憲法(印綬)刑事訴訟法(偏官)との関係はまさに通変の関係の反映である。この形の場合印綬を剋伐する財星は忌むものである。印綬 (四柱推命) フレッシュアイペディアより)

362件中 31 - 40件表示

「遺産相続」のニューストピックワード