362件中 41 - 50件表示
  • 欠落

    欠落から見た相続相続

    もっとも、届出を受けて永尋を命じた奉行・代官にとっても事務処理の煩雑を招きかねない永尋のような事態は望ましいものではなかった。そこで、永尋となった時点で欠落者は家督・財産の面においては死亡に准じて扱われて、闕所の対象から免れた家財に関する相続の開始が宣告された。また、永尋になった場合、家族や町村は旧離(勘当)・帳外(人別帳からの除外)を申し出る事で家族関係の解消が認められ、後日欠落者が罪を犯しても縁坐の対象からは免れた。なお、無宿とは欠落などによって人別帳からその名前が削られて住所の登録を失った者を指している。欠落 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦の遺言週間

    夫婦の遺言週間から見た相続相続

    夫婦の遺言週間(ふうふのゆいごんしゅうかん)とは、夫婦間での遺産や相続に対する関心を高めるために制定された週間である。11月15日(いい遺言の日)?22日(いい夫婦の日)。夫婦の遺言週間 フレッシュアイペディアより)

  • いい遺言の日

    いい遺言の日から見た相続相続

    いい遺言の日(いいいごんのひ)とは、日本で夫婦間での遺産や相続に対する関心を高めるために制定された記念日である。11月15日。いい遺言の日 フレッシュアイペディアより)

  • 艮

    から見た相続相続

    山・止・狗・手・少男・相続・関節・骨格・節度などを象徴する。方位としては東北(地支では丑と寅の間)を示す。急激に暗闇から明るくなる時間帯(1時から5時まで)なので停止・再出発・つなぎめの意味もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 正官

    正官から見た相続相続

    正官はその字義の通り自分自身を律する管制を主な機能としている。社会生活上では法律的権利、規律、穏健な手続き遵守(デュープロセス)を象徴する。男命では子女相続人を、女命では配偶者を表す。偏官と対照的に陰陽の配偶を得るので一定の節度があり、偏官の冒険主義、激発急躁とは異なる。ただ穏健細心手続き尊重が時に小手技を弄すると批判されることもある。正官 フレッシュアイペディアより)

  • 八白土星

    八白土星から見た相続相続

    変化、貯まる、止まる、高い、相続、終止と再開、関節、不良行為、純粋、養子八白土星 フレッシュアイペディアより)

  • 人生案内

    人生案内から見た相続相続

    読者が日々の生活の中における悩み事について相談、それらに各界著名人が答えるという形式。但し純粋な法律相談や健康相談は不可であるが、遺産相続や精神的不安についての相談など、専門的知識を要するものには弁護士やカウンセラーなどの専門家が回答することもある。人生案内 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井定慶

    筒井定慶から見た相続相続

    筒井順慶の没後は豊臣秀長に仕えたが、 秀長が病で死去し、その子の秀保も急死し、大和羽柴家が断絶した後は徳川家康についた。筒井順慶の死後に筒井家を継いでいた従兄の筒井定次が慶長13年(1608年)に改易となると、家康の協力もあり筒井家を相続、大和郡山城1万石を領し、名を筒井定慶に改めた。筒井定慶 フレッシュアイペディアより)

  • マグロ一本釣り伝説 じょっぱれ瞬!

    マグロ一本釣り伝説 じょっぱれ瞬!から見た相続人相続

    未成年にも関わらず親の借金を保証人や相続人でも無いのに肩代わりし、桜井が瞬に対して督促する。マグロ一本釣り伝説 じょっぱれ瞬! フレッシュアイペディアより)

  • 倉橋隆行

    倉橋隆行から見た相続相続

    不動産投資や、相続問題などに関する著作が多数ある。(相続税も参照)倉橋隆行 フレッシュアイペディアより)

362件中 41 - 50件表示

「遺産相続」のニューストピックワード