482件中 41 - 50件表示
  • 正官

    正官から見た相続相続

    正官はその字義の通り自分自身を律する管制を主な機能としている。社会生活上では法律的権利、規律、穏健な手続き遵守(デュープロセス)を象徴する。男命では子女相続人を、女命では配偶者を表す。偏官と対照的に陰陽の配偶を得るので一定の節度があり、偏官の冒険主義、激発急躁とは異なる。ただ穏健細心手続き尊重が時に小手技を弄すると批判されることもある。正官 フレッシュアイペディアより)

  • 倉橋隆行

    倉橋隆行から見た相続相続

    不動産投資や、相続問題などに関する著作が多数ある。(相続税も参照)倉橋隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 文車

    文車から見た相続相続

    中世の公家社会で重要視されたのは、それぞれの家に代々伝わる公事や儀式の記録が記された日記(家記)などの古文書からなる文書や書籍類からなる蔵書であった。こうした蔵書・文書はそれぞれの邸宅などに設けられていた文庫などに保管されていたが、時代が降り当主の代数を重ねるとともに蔵書・文書は蓄積されていき、こうした文庫に収まりきれない物も出てくるようになった。そのため、車の中に蔵書・文書をしまったまま邸内に着けることでこれを補おうとしたのが文車である。文車の構造については不明な点もあるが、治承の政変で配流された関白松殿基房が没官された財産の中に「文車七両、櫃百余合」が含まれており(『山槐記』治承3年12月5日条)、文車の中に蔵書・文書を納めた櫃が1輛あたり10合前後入っていたと考えられている。中世における譲状の中には文車を中の蔵書・文書ごと相続財産として記述しているものも少なくなかった。文車 フレッシュアイペディアより)

  • 執行文

    執行文から見た相続相続

    執行文には、債務名義に記された当事者間で、債務名義記載の通りの債務内容を実現することができることを示す単純執行文以外に、債務者や債権者に承継(相続、合併などの包括承継と、債権譲渡などの特定承継の両方を含む)が生じた場合に、新たな当事者間で債務内容を実現できる事を示す承継執行文、債務名義が条件付の場合に当該条件が成就したときに付与される条件成就執行文などがあり、このほかに学説上は債務の内容が転換したときに新たな債務について強制執行できることを示す転換執行文などの種類がある。執行文 フレッシュアイペディアより)

  • 得分

    得分から見た相続人相続

    律令法においては、相続人が保有する財産の取り分を指し、それを受け取る権利を有する者を得分親(とくぶんしん)と呼称した。得分親になれるものは、嫡母・継母・嫡子・庶子・女子が相当した(なお、律令法では男子の分家・財産分与は原則禁止とされていたため、父や祖父の相続は想定されていない)。後に兄弟や伯叔(おじ・おば)も得分親となれるようになった。得分 フレッシュアイペディアより)

  • 高田久右衛門

    高田久右衛門から見た相続相続

    明治25年(1892年)家督相続。趣味は長唄、書画、骨董。大阪府在籍。高田久右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 木星人 (六星占術)

    木星人 (六星占術)から見た相続相続

    おおむね日支に食神・傷官を持つが、本来相続を破る傷官があるのに、なぜ「三代運」と呼ばれ長い家系の存続に適性があるのかは、各干支ごとに考察する。木星人 (六星占術) フレッシュアイペディアより)

  • 白井正助 (6代目)

    白井正助 (6代目)から見た相続相続

    大正3年(1914年)「瓢箪屋薬房」を相続。昭和2年(1927年)株式会社に改組、社長となり昭和15年(1940年)エスエス製薬株式会社に社名変更。白井正助 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 井上政信

    井上政信から見た相続相続

    熊本県士族井上清熊の長男。明治28年(1895年)家督を相続する。大正3年(1914年)東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し文官高等試験に合格する。宮城県属、滋賀・埼玉各県理事官を経て大正12年(1923年)欧米各国の地方行政の調査を終え、石川県理事官、高知県警察部長、同県書記官、復興局事務官、同書記官を歴任し経理部会計課長に補せらる。兵庫県警察部長在職中に脳溢血で死去した。井上政信 フレッシュアイペディアより)

  • 中間法人

    中間法人から見た相続相続

    概念上の中間法人には、かつては一般法がなく、法人の種類ごとに労働組合法、各種の協同組合法などの特別法があるのみで、愛好会、同窓会、マンション管理組合など、営利と公益のいずれも目的としない社団は、特別法がある場合を除いて法人格を取得する道がなく、任意団体(権利能力なき社団)としてしか存在できなかった。そのため、任意団体の持つ土地、建物等の資産の名義が代表者など個人のものとなっていて、名義人の個人資産との混同や名義人が死亡した際の相続の混乱、名義人が横領する可能性など、多くの問題があった。中間法人 フレッシュアイペディアより)

482件中 41 - 50件表示

「遺産相続」のニューストピックワード