362件中 51 - 60件表示
  • マーシャリング (紋章学)

    マーシャリング (紋章学)から見た相続相続

    上記2つの統合方法で繰り返し述べたように、イギリスの紋章学では夫の紋章がデキスター側、妻の紋章がシニスター側に配置されるのが原則であるが、妻に男子の兄弟がなく(兄弟が全員死亡した場合も含む)、かつ長女である場合、彼女は、彼女の父が死亡した時点でその家の紋章の相続人となる。その場合、結婚時はインペイルメントで統合されていた紋章を解除した後、夫の紋章にエスカッシャン・オブ・プリテンスを加える。また、妻の家が非常に重要な家系でありながら後継者に女子しかいない場合は、姉妹全員を相続人扱い (co-heiress) とし、父の死後、彼女らの紋章は必ずエスカッシャン・オブ・プリテンスで彼女らの夫の紋章に加えられる。これは、妻が紋章の相続人でない場合は妻の紋章は相続されないのが慣例であるために妻の代限りでその紋章の継承が終わってしまうのを回避するための措置である。なお、妻が紋章の相続人でない場合は、妻が夫よりも先に死亡した時点で妻の紋章は夫の紋章から取り除かれる。マーシャリング (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • マーシャリング (紋章学)

    マーシャリング (紋章学)から見た相続人相続

    紋章の主な統合方法は4つある。紋章を縦に2つに分割して左右にそれぞれ1つずつ統合された紋章を示すディミディエイション及びインペイルメント、十字に4つに分割してそれぞれの領域に統合前の紋章を示すクォータリング、そして、本来は下位位置に統合すべき紋章を持つ者が紋章の相続人である場合に用いるプリテンディングである。マーシャリング (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • 家意識

    家意識から見た相続相続

    しかしながら、民法改正後60余年を経た21世紀初頭に於いても民間での「家意識」あるいは旧法による家制度若しくはそれに準ずる制度が存続しているとの誤解は廃れることはなく継続しており、「入籍(実際には婚姻による新戸籍)」、「婿養子(単に結婚に際して妻の姓を選択)」、「本家の跡継ぎ」、「長男(だから遺産・家業を単独で相続・承継して当然)」、「長男の嫁(だから義親の介護が当然)」などの言葉が人生相談などで頻出である。家意識 フレッシュアイペディアより)

  • 甲州法度次第

    甲州法度次第から見た相続相続

    つまり、相続において承継されるのは財産権のみに限られると誤解される虞があるところから、負債を始めとする「義務」一般をも原則的に承継することを注意的に規定したのである。甲州法度次第 フレッシュアイペディアより)

  • 甲州法度次第

    甲州法度次第から見た相続人相続

    旧民法財産取得編第294条(参照前):家督相続人ハ姓氏、系統、貴号及ヒ一切ノ財産ヲ相続シテ戸主ト為ル 系譜、世襲財産、祭具、墓地、商号及ヒ商標ハ家督相続ノ特権ヲ組成ス甲州法度次第 フレッシュアイペディアより)

  • 吉利忠澄

    吉利忠澄から見た相続相続

    弘治3年(1557年)、9歳のときに父久定が死去する。忠澄がまだ若年であったため、貴久は忠澄の叔父である久金に遺領を継がせようとしたが、家臣ら36人が連判して忠澄への相続を求め、受け入れられない場合は切腹する旨を訴え出たために、貴久は忠澄への相続を認めた。また忠澄はこの年に初陣、功を上げ感状と甲冑を賜っている。貴久死後は島津義久の元、大隅国の伊地知氏と禰寝氏攻略で功を上げ、日向国攻略にも尽力し天正6年(1578年)に日向国門川灘地頭となった。吉利忠澄 フレッシュアイペディアより)

  • 仮名目録追加21条

    仮名目録追加21条から見た相続相続

    仮名目録追加21条(かなもくろくついか21かじょう)は、天文22年(1553年)に駿河国の戦国大名・今川義元が制定した成文法。義元の父今川氏親が制定した今川仮名目録に追加された分国法で、全21か条になる。家臣同士の境論や、父親死亡後の相続などについて規定されている。特に、他国出身者の採用に関して厳しい姿勢を採っており、義元の守護大名から戦国大名への移行が意識的に現れている点に特徴がある。仮名目録追加21条 フレッシュアイペディアより)

  • 惣領制

    惣領制から見た相続相続

    中世の武士の相続は女子も含めた諸子間の分割相続であったが、必ずしも均等相続ではなく、男子の中でも一族を統率する能力(器量)を持つ者がその主要部分を継承する例が多かった。この継承者を惣領と呼ぶ。残りの所領は惣領以外の男子(庶子)や女子の間で分割された。彼らは独立した生計を営む一方で、戦時には惣領の下に集まって戦闘集団を構成し、平時においては惣領が主催する先祖や家の祭祀に参加したり、幕府や荘園領主から惣領を通じて課された公事を負担したりする義務を負うなど、惣領の統制下から離脱することは出来なかった。一方、惣領は前述のような公事・軍役負担の遂行や一族祭祀を行うのみならず、一族の権利文書の維持管理、庶子の所領に対する検断・検注の権限を行使した。鎌倉幕府は諸国の武士の統制を惣領制が行われていた武士団を通して行った。すなわち、軍役・公事の負担を御家人である惣領宛に賦課して庶子分も含めて一括して負担させ(実際には惣領は立て替えた庶子負担分を別途庶子に賦課することになる)、所領安堵や恩賞の申請も惣領経由で受付・交付を行った。惣領制が行われた背景には当時の相続法の仕組も深く関係するものの、武士団にとっては戦闘集団としての必要な武力の確保と開発領主としての所領の維持・拡大(荒野などの新規開発)において庶子の力が不可欠なものであったことによる。惣領制 フレッシュアイペディアより)

  • 三酸化二ヒ素

    三酸化二ヒ素から見た遺産相続相続

    フランスなどでは、遺産相続に絡む係争でよく用いられたため「遺産相続毒」などとも呼ばれた。ナポレオンも亜ヒ酸によるヒ素中毒で死亡したと言われている。三酸化二ヒ素 フレッシュアイペディアより)

  • 筆界確認書

    筆界確認書から見た相続相続

    境界による紛争、トラブルで裁判になった時には法務局に備え付けてある地積測量図と共に境界を確定した証拠書類として採用される事がある。境界による紛争、トラブルは土地所有者双方の主張・意見のくい違い、相続や売買等によって土地所有者が変わる、境界となっている構造物が施工業者のミスで実際の境界とは異なる箇所に施工がされている場合に多い。法務局に備え付けてある地積測量図の作成された年代が古く地積測量図と現地の境界が一致していない時や法務局に地積測量図が備え付けられる前に登記がされた土地である場合にも多い。筆界確認書 フレッシュアイペディアより)

362件中 51 - 60件表示

「遺産相続」のニューストピックワード