482件中 51 - 60件表示
  • 破産法 (1922年)

    破産法 (1922年)から見た相続人相続

    1947年、民法の親族・相続編改正に伴い、相続財産や相続人の破産に関する規定が修正され、1952年には、旧会社更生法の制定とともに、免責制度や当然復権制度、劣後的債権を新設する等の大改正がなされた。破産法 (1922年) フレッシュアイペディアより)

  • 法定相続分

    法定相続分から見た相続相続

    法定相続分 フレッシュアイペディアより)

  • 準拠法

    準拠法から見た相続相続

    例えば、日本の国際私法では、相続に関する法律関係は被相続人の国籍が連結点となり、被相続人が死亡時に国籍を有していた国の相続法が準拠法になる(通則法第36条)。しかし、被相続人が米国籍を有していた場合、アメリカ合衆国は州により相続法の内容が異なるため、国籍を連結点としただけではどの州の相続法を準拠法にすべきか判断できないことになる(この問題に対しては、通則法第38条3項の規定により一応解決されることにはなっている)。準拠法 フレッシュアイペディアより)

  • 一身専属

    一身専属から見た相続相続

    他の者に移転しない性質を持つことから、一身専属権は譲渡や相続の対象にならず、差押えすることもできない。一身専属 フレッシュアイペディアより)

  • 荒尾成倫

    荒尾成倫から見た相続相続

    貞享元年(1684年)5月21日、鳥取藩家老荒尾成重の長男として生まれる。元禄5年(1692年)6月7日、父成重の死去により、9歳で家督相続が認められ米子領主となる。幼いため叔父荒尾成紹が後見を命じられた。同月27日、登城して藩主池田綱清に拝謁し、家督相続の御礼言上。叔父成紹、池田知定、鵜殿長春、大叔父利純もともに登城して御礼言上した。家老として藩主池田吉泰に仕える。荒尾成倫 フレッシュアイペディアより)

  • 死手譲渡

    死手譲渡から見た相続相続

    中世の間、イングランドその他の国において、教会は不動産を大量に取得した。教会や修道会は、教会の土地を管理する役職者(修道院長や司教など)とは別の法人として認められており、その土地は保有者の死によって王に帰属するということはなかった。教会や修道会は死亡することがないためである。さらに、土地が永久に保有されることで、不動産復帰(:en:escheat)が生じることもなければ、相続による移転が生じることもなかった(したがって、封建的付随条件(feudal incidents)や租税が支払われることもなかった。)死手譲渡 フレッシュアイペディアより)

  • 争族

    争族から見た相続相続

    争族 フレッシュアイペディアより)

  • 大村貞蔵

    大村貞蔵から見た相続相続

    島根県人・勝部仙太郎の九男。先代キチの養子となる。明治29年(1896年)家督を相続する。大村貞蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 相続欠格

    相続欠格から見た代襲相続相続

    以下の場合に該当した場合は相続欠格事由に該当する。ただし、代襲相続は可能である。相続欠格 フレッシュアイペディアより)

  • 相続欠格

    相続欠格から見た相続相続

    相続欠格(そうぞくけっかく)とは、相続において特定の相続人につき民法891条に規定される不正な事由(相続欠格事由)が認められる場合に、その者の相続権を失わせる制度である。相続欠格 フレッシュアイペディアより)

482件中 51 - 60件表示

「遺産相続」のニューストピックワード