482件中 61 - 70件表示
  • 租鉱権

    租鉱権から見た相続相続

    租鉱権は、相続その他の一般承継の目的となるほか、権利の目的となることができない(鉱業法72条)。租鉱権 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なる探偵たち

    華麗なる探偵たちから見た遺産相続相続

    主人公鈴本芳子は父親の莫大な遺産相続をめぐり、睡眠薬を飲まされ精神病院九号棟に強制的に入れられてしまう。そこで出会った、シャーロック・ホームズ、ダルタニアン、エドモン・ダンテスを自称する変わった仲間たちに出会い、彼らの協力を得て事件を解決し、そのことをきっかけに彼らとともに気ままな探偵業をしていく。華麗なる探偵たち フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に伴う相続の承認又は放棄をすべき期間に係る民法の特例に関する法律

    東日本大震災に伴う相続の承認又は放棄をすべき期間に係る民法の特例に関する法律から見た相続相続

    熟慮期間の延長 - 東日本大震災の被災者で、2010年(平成22年)12月11日以後に自己のために相続の開始があったことを知ったものについて、相続の承認または放棄をすべき期間を2011年(平成23年)11月30日まで延長する(法第1項)。東日本大震災に伴う相続の承認又は放棄をすべき期間に係る民法の特例に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 酒株

    酒株から見た相続人相続

    酒株は、同一国内であれば譲渡や貸借も許されたので、酒屋が経営不振になったり、相続人がいない場合、近くの有力酒屋がその酒株を買い集めて、経営規模を拡大することがよくあった。酒株 フレッシュアイペディアより)

  • ヌバ族

    ヌバ族から見た相続相続

    シコクビエ、モロコシ、トウモロコシ、ゴマ、オクラ、メロン、ヒョウタン、ワタ、タバコなどを栽培する農耕民族で、牛、ヤギ、羊、鶏、馬、ロバ、豚などの畜産も盛んである。父系クランと母系クランが混在しており、相続に関する規定は特にない。ヌバ族 フレッシュアイペディアより)

  • 遺言信託

    遺言信託から見た相続分相続

    通常の遺言による相続分の指定・分割方法の指定・遺贈と同様の効果をあげることが可能であるが、コスト・手続面のデメリットがある。これに対して、遺言者が信託の目的・管理処分方法・受託者の権限を自由に定めることができるため、以下のような場合において活用が期待される。遺言信託 フレッシュアイペディアより)

  • 御目見

    御目見から見た相続相続

    近世武家社会において御目見は家督の相続に際して嫡子として認められる所作のひとつとなっており、成人の嫡子が存在しても御目見を済まさない場合は家督相続者として認められなかった。御目見 フレッシュアイペディアより)

  • 青山昇三郎

    青山昇三郎から見た相続相続

    1843年、三河岡崎藩の山路家に生まれる。1854年に青山家の養子になり、1956年に家督を相続する。1863年に長男彦太郎(後のルーテル教会牧師)が生まれる。青山昇三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 印綬 (四柱推命)

    印綬 (四柱推命)から見た相続相続

    印綬は最も良い形として官星(正官偏官)に伴うのを好む。正官(相続)を守るし、偏官(殺)から自分自身を護衛する機能がある。正官を傷官の攻撃から守るので護禄(正官)星と別名があるとおりである。また偏官とともにあるとその仮借ない暴剛を抑え冷静な対応ができる。古来「殺印双全」といわれている。社会制度上憲法(印綬)刑事訴訟法(偏官)との関係はまさに通変の関係の反映である。この形の場合印綬を剋伐する財星は忌むものである。印綬 (四柱推命) フレッシュアイペディアより)

  • 内分分知

    内分分知から見た相続相続

    内分分知によって創出された分家は本家に強く依存し、家督相続、婚姻、嫡子嗣立など家庭内での事柄のみならず、幕府内での役職就任などにも影響を持つ。また、本家は内分分家を親族として自家内に留めることになり、しばしば、内分分家当主が本家当主の代理の立場をとる場合があった。内分分知 フレッシュアイペディアより)

482件中 61 - 70件表示

「遺産相続」のニューストピックワード