482件中 71 - 80件表示
  • マーシャリング (紋章学)

    マーシャリング (紋章学)から見た相続相続

    上記2つの統合方法で繰り返し述べたように、イギリスの紋章学では夫の紋章がデキスター側、妻の紋章がシニスター側に配置されるのが原則であるが、妻に男子の兄弟がなく(兄弟が全員死亡した場合も含む)、かつ長女である場合、彼女は、彼女の父が死亡した時点でその家の紋章の相続人となる。その場合、結婚時はインペイルメントで統合されていた紋章を解除した後、夫の紋章にエスカッシャン・オブ・プリテンスを加える。また、妻の家が非常に重要な家系でありながら後継者に女子しかいない場合は、姉妹全員を相続人扱い (co-heiress) とし、父の死後、彼女らの紋章は必ずエスカッシャン・オブ・プリテンスで彼女らの夫の紋章に加えられる。これは、妻が紋章の相続人でない場合は妻の紋章は相続されないのが慣例であるために妻の代限りでその紋章の継承が終わってしまうのを回避するための措置である。なお、妻が紋章の相続人でない場合は、妻が夫よりも先に死亡した時点で妻の紋章は夫の紋章から取り除かれる。マーシャリング (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • マーシャリング (紋章学)

    マーシャリング (紋章学)から見た相続人相続

    紋章の主な統合方法は4つある。紋章を縦に2つに分割して左右にそれぞれ1つずつ統合された紋章を示すディミディエイション及びインペイルメント、十字に4つに分割してそれぞれの領域に統合前の紋章を示すクォータリング、そして、本来は下位位置に統合すべき紋章を持つ者が紋章の相続人である場合に用いるプリテンディングである。マーシャリング (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • シュペー家

    シュペー家から見た相続相続

    当初、シュペー家はまだ同地の地方貴族の一つであった。14世紀と15世紀には、同家の四名が数少ないラインラント出身の貴族として、リヴォニアにあったドイツ騎士団の騎士に叙任されている。1356年以降、同家はアルテンホーフ(カルデンキルヒェン近郊。1833年に売却)を本拠とし、1662年にはフリードリヒ・クリスティアン・フォン・シュペー男爵が義父のヨハン・ベルトラム・フォン・シャイトから相続したデュッセルドルフ=アンガームントのヘルトルフ城に移っている。シュペー家 フレッシュアイペディアより)

  • 確率的証明

    確率的証明から見た被相続人相続

    確率的証明の意義は、科学的裁判および科学的鑑定の実現と、心証形成過程の客観化を基礎付けることにある。アメリカにおいて初めて統計学的証明が行われた「ハウランド夫人の遺言事件」(1866年)では、2通の遺言の信憑性を確認するために、筆跡鑑定が行われた。但し、ここで争われたのは、死者すなわち被相続人の筆跡と遺言の筆跡とが似通っているか否かではなく、一方の遺言に記された2つの署名があまりにも似過ぎているという点であった。つまり、たとえ同一の人物が名前を書くとしても、書くたびに筆跡が異なるのが通常であるから、当該署名はどちらか一方を真似て書かれたのではないのかという疑いが持たれたのである。この裁判では、数学者が鑑定人として呼び出され、当該筆跡が統計学的に見て偽造であると判断したが、統計学が発達した今日の観点から言えば、問題のある鑑定結果であった。確率的証明 フレッシュアイペディアより)

  • 傷官

    傷官から見た相続相続

    男性の場合は、配偶者を象徴する正財・偏財を強めるので、異性に人気がある。しかし子女を象徴する正官を損なうので、子女についてはおおくの場合相続をしない女性のほうが成長が著しい。傷官 フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た相続相続

    相続開始後遺産分割前に、共同相続人の1人から遺産を構成する特定不動産の共有持分権を譲り受けた者が、共有関係の解消のためにとるべき手続は、遺産分割審判ではなく共有物分割訴訟である(最判昭和50年11月7日民集29巻10号1525頁)とした判例がある。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た相続人相続

    相続開始後遺産分割前に、共同相続人の1人から遺産を構成する特定不動産の共有持分権を譲り受けた者が、共有関係の解消のためにとるべき手続は、遺産分割審判ではなく共有物分割訴訟である(最判昭和50年11月7日民集29巻10号1525頁)とした判例がある。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・フォン・ビューロー

    クラウス・フォン・ビューローから見た相続権相続

    しかしサニーの家族はクラウスの罪を信じ続けた。ビューロー夫妻の娘コージマ・フォン・ビューローは、公判で父の無実を証言したために、母方の祖母(つまりサニーの母)アニー・ローリー・エイトケンの遺産相続人から除外された。クラウスの2人の養子(サニーの連れ子。父はサニーの前夫アルフレッド・オヴ・アウエルスペルグ王子)は、5600万ドルの損害賠償を求めてクラウスを提訴した。この結果、クラウスはサニーの個人財産(7500万ドル)に対する相続権を全て失った。その代わりにコージマは相続権を回復することとなった。クラウス・フォン・ビューロー フレッシュアイペディアより)

  • 荒尾成昭

    荒尾成昭から見た相続相続

    正徳5年(1715年)、鳥取藩家老荒尾成倫の長男として生まれる。享保14年(1729年)2月、藩主池田吉泰に初めて御目見する。享保19年(1734年)7月、父成倫の死去により、9月、家督相続が認められ米子領主となる。荒尾成昭 フレッシュアイペディアより)

  • 雨富須賀一

    雨富須賀一から見た相続相続

    弟子に塙保己一がいたが、その才能に気づくと保己一を支援し様々な学問を学ばせた。また、明和3年(1766年)には病弱な保己一を心配し、父の宇兵衛と共に伊勢神宮に詣でることを勧め、旅費を出した。自分の遺産を『群書類従』の作成のために保己一に譲ろうと申し出たが、保己一の辞退したため、生活に困っている雨富の弟子に相続されたという。雨富須賀一 フレッシュアイペディアより)

482件中 71 - 80件表示

「遺産相続」のニューストピックワード