24件中 11 - 20件表示
  • 相続

    相続から見た共有

    相続人が数人あるときは相続財産は共同相続人の共有に属することになる(898条)。この「共有」の意味については共有説と合有説の対立があるが、判例は249条以下の共有と異ならないものと解して共有説をとっている(最判昭和30年5月31日民集9巻6号793頁)。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た委任

    委任における委任者あるいは受任者としての地位(653条)相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た任意規定

    日本の民法における相続に関する規定には遺言により民法の規定と異なる定めをすることができる任意規定が多く含まれる一方、遺留分規定のように遺言での排除を許さない強行規定も存在する。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た失踪宣告

    相続は、死亡によって開始する(882条)。尚、死亡には、失踪宣告、認定死亡も含まれる。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た家督相続

    相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た非嫡出子

    非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の二分の一とする(900条4号但書)。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た日本国憲法

    相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た強行規定

    日本の民法における相続に関する規定には遺言により民法の規定と異なる定めをすることができる任意規定が多く含まれる一方、遺留分規定のように遺言での排除を許さない強行規定も存在する。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た認定死亡

    相続は、死亡によって開始する(882条)。尚、死亡には、失踪宣告、認定死亡も含まれる。相続 フレッシュアイペディアより)

  • 相続

    相続から見た胎児

    相続人となり得る一般的資格を相続能力といい、法人は相続能力を持たないが、胎児は相続能力を持つ(886条)。相続 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「遺産相続」のニューストピックワード