169件中 91 - 100件表示
  • 無縁ビジネス

    無縁ビジネスから見た遺品遺産

    それ以前より急増していた単身者を対象とした主に高齢、死を扱う新しいビジネスとして共同墓地、永代供養、保証人・見守り・買い物などの代行サービス、話し相手サービス、身辺整理や遺品整理、埋葬などを専門に請け負う特殊清掃業、特定非営利活動法人などがにわかに産業として脚光を浴び、注目されるようになった。こうしたビジネスを無縁ビジネスとよび、無縁社会とともに現代を象徴する流行語にひとつとして語られることが多くなった。無縁ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 美しい星 (小説)

    美しい星 (小説)から見た遺産遺産

    安部公房は、暁子を誘惑する竹宮が「耽美的な美の権化」のような存在でも、大杉一家の意志には、何の傷も残さないことから、「円盤によって象徴される美」は決して「耽美主義的な閉鎖的なものではない」ことが示されているとしている。また、主人公の大杉重一郎が、親の遺産で食いつないでいる無力な没個性的な小市民でなければならなかった理由を、「美を感性的なものから、思想的なものにするためには、善の宇宙人一家に、ほかのいかなる属性があっても困るのだ。その存在理由の希薄さゆえに、この宇宙人の思想は、かえってのっぴきならない普遍性を獲得することになる」と考察しながら、昨今、「思想とまともに取組んだ作品」がほとんど見られない中で、『美しい星』は「特筆すべき貴重な作品」だと評して、自身の好きな小説のアンソロジーの中に、『美しい星』を挙げている。美しい星 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 公益法人制度改革

    公益法人制度改革から見た相続財産遺産

    相続財産を贈与した場合、非課税。公益法人制度改革 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎保代

    山崎保代から見た遺品遺産

    死後二階級特進し、将軍である陸軍中将に進級。なお、戦後遺骨収集の際に攻撃部隊の一番先頭で遺品・遺骨が確認されたのは山崎である。指揮官先頭の伝統をよく守った最期であった。山崎保代 フレッシュアイペディアより)

  • ネカマな男

    ネカマな男から見た遺産遺産

    そんな矢先、買い物帰りの良一は借金取りに拉致された。良一は二度とやらないと固く誓ったネット株にまた手を出してしまい、多額の借金を抱えてしまっていた。「借りたものは返す。お金なんて作り方いくらでもあるでしょうに。あなた、アパート所有しているそうですね…。」あれは妻のものだからと謝るが借金取りは「もし奥さんが死ねば、あなたのものじゃないですか…なんだったら疑いがかからないようにその道のプロ、紹介しますよ。」亜希子が死ねば、生命保険や遺産が全て良一のものになる。―――――――あの脅迫メールを証拠品にすれば、罪は全てネットストーカーである総一郎がかぶってくれるだろうと考えた良一は、亜希子の暗殺を依頼する。ネカマな男 フレッシュアイペディアより)

  • ヒ素

    ヒ素から見た遺産遺産

    遺産相続のための殺人に利用されることが多かったので、フランス語でpoudre de succession(相続の粉薬)という異名があった。ヒ素 フレッシュアイペディアより)

  • 池袋通り魔殺人事件

    池袋通り魔殺人事件から見た遺産遺産

    Zが小学校高学年の頃から、両親はギャンブルに溺れるようになった。父が親の遺産を相続し、大金を手にしたのがその原因であった。Zが中学生になると両親のギャンブル癖は悪化の一路を辿ったが、中学3年の時、勉強に打ち込んだ成果があって、進学校とされる高校に入学した。しかし、両親の賭博は止むことはなく、ついには数千万円の借金を残して失踪。残された彼の家には借金取りが連日のように押しかけてくるようになった。兄は大学生として一人暮らしをしていたため、Z1人が借金取りの対応に迫られることになった。池袋通り魔殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 十字架の丘

    十字架の丘から見た遺産遺産

    リトアニアがソ連の統治下にあった1944年から1990年、十字架の丘は特別な意味を持っていた。丘へ行き十字架を捧げることで、リトアニア人たちは彼らの宗教や遺産への忠誠心を示した。それは、非暴力による抵抗を表していた。にもかかわらず、ソ連は3度にわたりブルドーザーでこの丘にある十字架を撤去しようとした。ムーシャ川の支流、クルヴェ川の近くにダムを建設するためにこの丘が水の中に沈んでしまう、という噂もあった 。十字架の丘 フレッシュアイペディアより)

  • 甲子士禍

    甲子士禍から見た遺品遺産

    燕山君の行動がさらに狂的な様相を帯びるようになるのは1503年(燕山君9年)頃からで、翌1504年(燕山君10年)に入ると、外戚を中心とした宮中派と議政府によった府中派との対立を利用して権力の掌握を狙った側近のと宦官(内侍)のが、燕山君に生母(廃妃)尹氏の賜死の経緯を告げ口し、亡き母の遺品を見せた。燕山君はこれに逆上し、賜死にかかわった関係者のすべての調査と処罰を命じた。こうして、7ヶ月以上にわたる過酷な疑惑の追及が行なわれ、勲旧派、士林派を問わず、賜死事件に関連した多くの要人(貴人 嚴氏、貴人 鄭氏)が死刑、流刑に処された。勲旧派の巨頭・韓明澮もこの時「剖棺斬屍」(:ko:????)に処された。生母尹氏の賜死を実行した張本人であり燕山君の祖母でもある仁粹大王大妃もこの時点で病死している。甲子士禍 フレッシュアイペディアより)

  • オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン

    オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダンから見た遺産遺産

    リラダンは1850年代後半からたびたびパリを訪れ、この都で芸術の虜となった。1860年にはおばの遺産が転がり込んだため、生涯パリで暮らして行けるだけの財産が手に入った。そのころ彼は既に機智あふれる酔談によって数々の文学サークルで有名人となっていた。ボヘミアン生活を送るようになった彼は、有名なカフェLa Brasserie des Martyrsで崇敬するボードレールに出会い、自ら訳もしたポーの作品を読むように奨められた。こうしてボードレールとポーはリラダンの文学に最も大きな影響を及ぼすに至った。しかし彼の最初の著書Premieres Poésies(処女詩集,1859年、自費出版)は韻文であり、内輪以外ではほとんど反響を呼ばなかった。このころ彼はルイーズ・デョネと同棲し始めたが、ルイーズは名だたる淫婦だった。このため、一門の名声に傷がつくことを恐れたリラダン一族によって彼はソレーム修道院に入れられ、頭を冷やさなければならなかった。彼は信仰において甚だしく正道を踏み外していたが、それでも終生熱烈なカトリック信徒でありつづけた。オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン フレッシュアイペディアより)

169件中 91 - 100件表示

「遺産」のニューストピックワード