169件中 121 - 130件表示
  • リチャード・ラッシュ (政治家)

    リチャード・ラッシュ (政治家)から見た遺産遺産

    1836年、アンドリュー・ジャクソン大統領はイギリスの自然科学者ジェイムズ・スミソンが「知識の向上と普及」のために委託した遺産を獲得するため、ラッシュを委員としてイングランドに派遣した。ラッシュは合計50万ドルをアメリカ合衆国に持ち帰ることに成功し、その遺産は1848年のスミソニアン博物館設立に使用された。リチャード・ラッシュ (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 2020年東京オリンピックのレガシー

    2020年東京オリンピックのレガシーから見た遺産遺産

    国際オリンピック委員会(IOC)が2002年にオリンピック憲章に「To promote a positive legacy from the Olympic Games to the host cities and countries(オリンピックの開催都市ならびに開催国に遺産を残すことを推進する)」と書き加えたことによる。2020年東京オリンピックのレガシー フレッシュアイペディアより)

  • 羽賀研二未公開株詐欺事件

    羽賀研二未公開株詐欺事件から見た遺産遺産

    報道によると、森部はミツミ電機創業者である森部一の四男として莫大な遺産の一部を相続していたが、羽賀が勧めていた医療関連会社の未公開株を購入して損害を被り、都内のマンションを買値の半値近い破格の金額で羽賀に売却していたことなどが報じられている。羽賀研二未公開株詐欺事件 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・スターク

    トニー・スタークから見た遺産遺産

    1970年5月29日生まれの双子座、父親はアメリカの巨大軍需企業「スタークインダストリーズ」CEOハワード・スターク。マサチューセッツ工科大学を首席で卒業し、20歳の誕生日に両親が事故で他界してしまい、莫大な遺産と大企業の経営権を得ることになった。社長に就任したトニーは、自身の頭脳を使って数々の新技術を次々に開発し、一躍時の人となった。トニー・スターク フレッシュアイペディアより)

  • 山陰海岸ジオパーク

    山陰海岸ジオパークから見た遺産遺産

    山陰海岸ジオパーク(さんいんかいがんジオパーク、)は、鳥取県、兵庫県、京都府にまたがる山陰海岸国立公園とその周辺からなるジオパークである。山陰海岸地域にある地質遺産を保護・保全するほか、ジオツーリズムや教育・研究への活用、地域社会への貢献等を目的としている。2008年に日本ジオパークネットワークへの、2010年に世界ジオパークネットワークへの加盟が認定された。山陰海岸ジオパーク フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・ジョースター

    ジョセフ・ジョースターから見た遺産遺産

    79歳(1999年)。高齢となり、もしもの時のために自らの遺産を整理していたところ、かつて不倫関係にあった東方朋子との間に隠し子・東方仗助がいることが発覚する。仗助と対面するため、また音石明をそのスタンド能力で追跡するため、M県S市杜王町を訪れる。ジョセフ・ジョースター フレッシュアイペディアより)

  • ドレッドノートガンダム

    ドレッドノートガンダムから見た遺品遺産

    傭兵の道に入ったカナードがロウ・ギュールに依頼して、プレアの遺品であるドレッドノートを改装した機体。ドレッドノートガンダム フレッシュアイペディアより)

  • グリーンヒル

    グリーンヒルから見た遺産遺産

    32歳。バイクチーム「グリーンヒル」のリーダーで通称「リーダー」。スケベで及び腰。独身で無職のいわゆるニートだが、父親が亡くなると遺産が5億円も入るほどの裕福な家庭に生まれたためワンルームマンションで余裕のある生活をしている。ハゲでカツラをかぶり、太っており毛深くて容姿も醜いためかなりいじけた性格。自他共に認めるかなり情けない大人。その性格が災いしてか、様々な騒動を巻き起こす。恋愛や結婚に対してまったく自信がない。愛車はハーレーダビッドソン。チーム名は「グリーン」=「みどり」、「ヒル」=「岡」(英語の「Hill=丘」と「岡」と掛けている)をもじったもの。グリーンヒル フレッシュアイペディアより)

  • 榛葉賀津也

    榛葉賀津也から見た遺産遺産

    2013年9月4日、最高裁判所が下した、相続において婚外子を差別する民法の規定への違憲判断を受け、結婚していない男女の子(婚外子)の遺産相続に関する格差規定を撤廃する民主党の民法改正案の提出を主導した。榛葉賀津也 フレッシュアイペディアより)

  • ジョホール王国

    ジョホール王国から見た遺産遺産

    さらに、現在のインドネシアの国語であるインドネシア語、マレーシアの公用語のひとつであるマレー語、さらにブルネイの公用語ブルネイ・マレー語(ムラユ語)はともに、かつてはムラカの言語であったが、東南アジアの島嶼部で広く商業用の共通語として用いられたところから、ジャワ語など多数者の日常語をさしおいて、それぞれの国の国語・公用語として採用されたものである。マレー語は元来、リアウ・リンガ諸島付近で話されていたオーストロネシア語族に属する一言語であった。これがムラカ-ジョホールの交易ネットワークの拡大とともにアラビア語、ペルシア語、タミル語、ジャワ語などの語彙を取り込んで発展したのである。なお、16世紀初頭、マラッカ海峡におとずれたポルトガル人の『』によれば、このときスマトラ島東海岸の各地域では互いに異なる言語が用いられていたにもかかわらず、ほとんどの人がマレー語会話に不自由しなかったという。文字に関しても、マレー語をアラビア文字で表記しようとして生まれたジャウィ文字(バハサ・ジャーウィー)が用いられ、法典や布告(ウンダン・ウンダン)、交易関係の通信や契約文書、条約、外交文書はもとより、年代記(スジャラ)・王統記(スィルスィラ)・系譜、宗教書(キターブ)、物語などその他さまざまな著作がなされた。その点では、今も東南アジアの各地で熱心に信仰されるイスラーム教とならんで、マラッカ王国の遺産を今日に伝える重要な役割を果たしたといえるのである。ジョホール王国 フレッシュアイペディアより)

169件中 121 - 130件表示

「遺産」のニューストピックワード