169件中 21 - 30件表示
  • ジョン・マッキントッシュ・ホール

    ジョン・マッキントッシュ・ホールから見た遺産遺産

    この施設の名はジブラルタルの慈善家を記念するものであり、彼はその遺産によってジブラルタルとイギリスの文化的・教育的絆を深めるような施設を建てるよう遺言した。ジョン・マッキントッシュ・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た遺産遺産

    共有物分割禁止の定めは、不動産登記法において登記事項とされている(不動産登記法59条6号)。なお、登記法59条6号に定める登記すべき場合とは、1.契約(民法256条1項ただし書)のほか、2.遺言(民法908条)、3.遺産についての家庭裁判所の審判(民法907条3項)による分割の禁止の場合である。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た遺産分割遺産

    相続開始後遺産分割前に、共同相続人の1人から遺産を構成する特定不動産の共有持分権を譲り受けた者が、共有関係の解消のためにとるべき手続は、遺産分割審判ではなく共有物分割訴訟である(最判昭和50年11月7日民集29巻10号1525頁)とした判例がある。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • 雨富須賀一

    雨富須賀一から見た遺産遺産

    弟子に塙保己一がいたが、その才能に気づくと保己一を支援し様々な学問を学ばせた。また、明和3年(1766年)には病弱な保己一を心配し、父の宇兵衛と共に伊勢神宮に詣でることを勧め、旅費を出した。自分の遺産を『群書類従』の作成のために保己一に譲ろうと申し出たが、保己一の辞退したため、生活に困っている雨富の弟子に相続されたという。雨富須賀一 フレッシュアイペディアより)

  • 共有

    共有から見た相続財産遺産

    共有者の一人が、持分を放棄したときおよび死亡して相続人がいないときは、その共有者の持分は他の共有者に帰属する(255条)。これを共有の弾力性という。ただし、死亡して相続人がいないときでも特別縁故者がいる場合は、共有者には帰属せず、958条の3による特別縁故者への相続財産の分与が優先される(最判平成元・11・24)。相続人無き死者の財産は、国庫に帰属させるのが原則であるが、いかなる状況の共有持分も必ず国庫に帰属させなければならないとすると、非常に難解な法律関係を国が引き継ぐことになる事態が生じる虞があり、それを避けるために設けられた特則が255条である。なお、国や地方自治体が契約等によって私人から共有持分を取得することは可能であり、鉄道施設の保有など公共事業において行われることが多い。国や地方自治体と私人からなる共有関係において、私人が共有持分を放棄したとき等は、その持分は共有者である国や地方自治体に帰属する。共有 フレッシュアイペディアより)

  • 細井家資料館

    細井家資料館から見た遺品遺産

    かつて細井家の蔵を転用した展示施設で漆工品、郵便資料、如活禅師遺品及び資料などを公開していた博物館である。郵便資料などは閉館後の2011年に南会津町へ寄贈された。町では町立の奥会津博物館に常設の細井家コーナーを設けて、寄贈された資料の展示を予定している。細井家資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 財産

    財産から見た遺産遺産

    個人が所有するものを私有財産・私財、国が所有するものを国有財産、地方公共団体が所有するものを公有財産という。次世代に引き継がれるものを遺産という。財産 フレッシュアイペディアより)

  • 同時死亡の推定

    同時死亡の推定から見た相続財産遺産

    交通事故や火災などの危難に遭遇して複数の親族が死亡した場合、相続においては各人(例えば親子)の死亡の前後によって相続人の範囲が変動するが、このような危難においては死亡時期の前後の立証が困難であることが多くその確定に問題を生じていた。例えば、Aとその子Cが危難に遭って死亡し、その遺族がAの配偶者BとAの親Dである場合に、AとCの死亡の先後によって遺族の相続分が異なることになるが、その証明は極めて困難であるため、事実上相続財産を先占した者が優位する結果をもたらしていた。特に洞爺丸事故(1954年)、南海丸事件(1958年)、伊勢湾台風(1959年)などの際には多くの法律問題を生じた。そこで昭和37年法律第40号により民法に条文を追加し、数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定することとしたものである(民法32条の2)。同時死亡の推定 フレッシュアイペディアより)

  • 民事執行法

    民事執行法から見た遺産分割遺産

    民法や商法等の規定に基づく、請求権の実現を目的とせず、財産の換価それ自体を主たる目的とする手続である。例として、共有物分割のための競売、遺産分割のための競売などがある。「形式的競売」ともいう。民事執行法 フレッシュアイペディアより)

  • 土川元夫

    土川元夫から見た遺品遺産

    博物館明治村内にある第四高等学校物理化学教室の一角は土川の功績を称えて土川元夫顕彰室となっており、遺品等が保存展示されている。土川元夫 フレッシュアイペディアより)

169件中 21 - 30件表示

「遺産」のニューストピックワード