125件中 31 - 40件表示
  • 塚

    から見た遺品遺産

    刀塚 - 刀塚とは戦場や戦いにおいて亡くなった人々の武具を集めて埋葬し弔い祀った塚。戦場跡での刀泥棒などから遺品を守ったという説もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 民事執行法

    民事執行法から見た遺産分割遺産

    民法や商法等の規定に基づく、請求権の実現を目的とせず、財産の換価それ自体を主たる目的とする手続である。例として、共有物分割のための競売、遺産分割のための競売などがある。「形式的競売」ともいう。民事執行法 フレッシュアイペディアより)

  • ユリアン (ストリートファイター)

    ユリアン (ストリートファイター)から見た遺産遺産

    『2nd IMPACT』のエンディングではギルを倒し、念願の総統の座を手にする。だが、総統の上にはさらに「天帝」なるものが存在することを知り、しかもその天帝もまたギルであるという事実が明らかになる。つまり、ユリアンはまたしても二番手という立場に立たされることになった。『3rd STRIKE』では天帝の座をギルから奪うために再び立ち上がり、最終ステージのギル戦では双方ともに殺意を明確にして戦い、再びギルを倒して天帝の座につく。『3rd STRIKE』のエンディングでは組織の遺産である2000年にわたり蓄積され続けた歴代天帝保存施設を爆破、実兄にして宿敵であったギルを地球上から完全に抹殺し、その年をもって「AU(アフターユリアン)元年」と定めることを宣言する。ユリアン (ストリートファイター) フレッシュアイペディアより)

  • 破産手続開始の原因

    破産手続開始の原因から見た相続財産遺産

    債務超過とは、負債が資産を超過している状態をいう。相続財産については唯一の破産手続開始の原因であり、法人(存立中の合名会社及び合資会社は除く)および信託財産についても破産手続開始の原因となる。破産者の種類ごとに次のように定義される。破産手続開始の原因 フレッシュアイペディアより)

  • 強制和議

    強制和議から見た相続財産遺産

    和議手続における債務者となりうる資格を和議能力という。和議能力は、自然人及び法人等一般について認められていたが、和議が不成功に終われば破産手続に移行するため、破産能力のない者は和議能力も認められない。また、相続財産に関しては、破産能力が認められていたものの、和議能力は有しない(和議法12条2項)。強制和議 フレッシュアイペディアより)

  • 共有

    共有から見た相続財産遺産

    共有者の一人が、持分を放棄したときおよび死亡して相続人がいないときは、その共有者の持分は他の共有者に帰属する(255条)。ただし、死亡して相続人がいないときでも特別縁故者がいる場合は、共有者には帰属せず、958条の3による特別縁故者への相続財産の分与が優先される(最判平成元・11・24)。相続人無き死者の財産は、国庫に帰属させるのが原則であるが、いかなる状況の共有持分も必ず国庫に帰属させなければならないとすると、非常に難解な法律関係を国が引き継ぐことになる事態が生じる虞があり、それを避けるために設けられた特則が255条である。なお、国や地方自治体が契約等によって私人から共有持分を取得することは可能であり、鉄道施設の保有など公共事業において行われることが多い。国や地方自治体と私人からなる共有関係において、私人が共有持分を放棄したとき等は、その持分は共有者である国や地方自治体に帰属する。共有 フレッシュアイペディアより)

  • 共有

    共有から見た遺産分割遺産

    なお、相続人のあることは明らかだが所在が明らかでない場合、不在者財産管理人による相続登記を申請できる。共同相続人の1人の所在が明らかでない場合、不在者財産管理人は家庭裁判所の許可を得て遺産分割協議に参加することができる(1964年(昭和39年)8月7日民三597号回答)。共有 フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た遺産遺産

    登記法59条6号に定める登記すべき場合とは、1.契約(民法256条1項ただし書)、2.遺言(民法908条)、3.遺産についての家庭裁判所の審判(民法907条3項)、のいずれかにより共有物分割分割禁止の定めが設定された場合である。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • 共有物分割

    共有物分割から見た遺産分割遺産

    相続開始後遺産分割前に、共同相続人の1人から遺産を構成する特定不動産の共有持分権を譲り受けた者が、共有関係の解消のためにとるべき手続きは、遺産分割審判ではなく共有物分割訴訟である(最判1975年(昭和50年)11月7日民集29巻10号1525頁)とした判例がある。共有物分割 フレッシュアイペディアより)

  • 担保責任

    担保責任から見た遺産分割遺産

    契約関係ではないが相続人が複数いる共同相続において、遺産分割で相続した財産に物の瑕疵や権利の瑕疵があった場合は、他の共同相続人に対して売買契約の場合と同様の担保責任を主張することができる(共同相続人が他の共同相続人に対して相互に担保責任を負う)(911条)。担保責任 フレッシュアイペディアより)

125件中 31 - 40件表示

「遺産」のニューストピックワード