169件中 71 - 80件表示
  • AKAI professional

    AKAI professionalから見た遺産遺産

    1972年に社長の赤井三郎が56歳で急逝(スキー好きであり、競技経験者を優先採用したり、社員をほぼ強制的にスキー旅行に連れて行く人物であった。また亡くなった場所もスキー場であった)。相続の際、総額100億円の遺産のために70億円の相続税が必要になり、赤井家が所有していた2500万株から1700万株を売却、この内900万株が三菱グループの手に渡った。赤井三郎が1代で町工場から上場するまでに育て上げた会社は、皮肉にも遺産相続税のために創業家の手を離れることになった。これにより、急成長していた企業の求心力は落ち始め、また当時オーディオ業界では、CDに代表されるデジタル化が進み、テープ・デッキを得意としていた赤井電機は、デジタル製品への転向が遅れ、経営不振に陥った。その後、経営の立て直しを図るべく異業種への参入を模索していく。AKAI professional フレッシュアイペディアより)

  • コヨーテ ラグタイムショー

    コヨーテ ラグタイムショーから見た遺産遺産

    銀河統合政府と植民地解放軍の間で戦争が続く惑星グレイスランドには、伝説の海賊王ブルースが遺した100億宇宙ドルが眠っていると噂されていた。コヨーテならばその名を知らぬ者はいないと言われている、通称ミスターとその仲間たちは、ブルースの娘である少女フランカと共にブルースの遺産の回収に挑んだ。コヨーテ ラグタイムショー フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ジョンソン (初代準男爵)

    ウィリアム・ジョンソン (初代準男爵)から見た遺産遺産

    同じころ、ジョンソンはエリザベス・ブラントと関係を持った。エリザベス・ブラントはモホーク族の女で、3人の子供が生まれた。それぞれケグネグタゴまたはブラント(1742年生まれ)、トーマス(1744年生まれ)、そしてクリスチャン(1745年生まれ)である。下の2人の息子たちは、幼くして亡くなった。1750年頃、ジョンソンには、カナジョハリエのウィリアムとして知られる息子のタガウィルンタが、モホーク族の女性、おそらくはエリザベス・ワームウッドとの間に生まれた。ジョンソンは、スザンナとエリザベスのワームウッド姉妹とは親密であったようである。また、アイルランド人女性メアリー・マクグラスとの間に、メアリーという名の女の子がいたようである。メアリーとケグネグタゴ(ブラント)、タガウィルンタ(ウィリアム)も、ジョンソンの遺言により、遺産を受け継いだ。ウィリアム・ジョンソン (初代準男爵) フレッシュアイペディアより)

  • 古書店

    古書店から見た遺品遺産

    古本以外に、音楽CDや映画・アニメのDVD、ゲームソフト、トレーディングカードなどを扱う店も、新古書店チェーンを含めて珍しくない。老舗の古書業者は好事家のコレクションや遺品の処分、旧家の解体・整理に関わることも多いため、一部の店では絵葉書や書画骨董なども扱う。古書店 フレッシュアイペディアより)

  • Railway Story

    Railway Storyから見た遺産遺産

    製作協力は鉄道ジャーナル。ここ最近(およそ2007年 - )では鉄道の紹介のみに限らず、訪れる地域の『歴史』をふまえた、建造物(遺跡・遺産なども含む)・文化・現地の人々の生活様式も主に紹介されるようになった。Railway Story フレッシュアイペディアより)

  • 日本財産管理協会

    日本財産管理協会から見た遺産遺産

    一般社団法人日本財産管理協会は司法書士法施行規則第31条に基づき遺言執行や銀行手続き等の遺産承継事務その他財産管理業務を行う司法書士有志がその業務に関し適正な普及促進を図り、同業務に関して優れた知識と技能及び職能倫理を有する財産管理業務の専門家を養成し、資格を認定するとともに、その能力の向上と職能倫理の高揚を図り、もって国民の権利の保護に寄与することを目的として設立した一般社団法人である。なお、正会員は司法書士に限られる。日本財産管理協会 フレッシュアイペディアより)

  • 遺品整理

    遺品整理から見た遺品遺産

    遺品整理(いひんせいり)とは、故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、遺品処分ともいう。遺品整理 フレッシュアイペディアより)

  • 遺品整理

    遺品整理から見た遺産遺産

    遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。遺品整理 フレッシュアイペディアより)

  • 注意義務

    注意義務から見た相続財産遺産

    相続財産の管理者・相続人(民法918条1項)注意義務 フレッシュアイペディアより)

  • 国立近現代建築資料館

    国立近現代建築資料館から見た遺産遺産

    「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」に次いで国立西洋美術館が「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産として世界遺産に登録されたこともあり、近現代建築資料を収集することは遺産の価値を補完し、ユネスコの世界遺産と博物館指針に沿うものとなる。国立近現代建築資料館 フレッシュアイペディアより)

169件中 71 - 80件表示

「遺産」のニューストピックワード