125件中 71 - 80件表示
  • 室戸ジオパーク

    室戸ジオパークから見た遺産遺産

    室戸ジオパークは、室戸市内に存在する地質遺産を保護・研究・ジオツーリズムに活用し、教育や地域社会に貢献することを目的としている。2008年に日本ジオパークの認定を受け、2010年に世界候補地への立候補を目指し、翌2011年9月18日に国内では5件目の世界ジオパークとして室戸市全域が選ばれた。室戸ジオパーク フレッシュアイペディアより)

  • コヨーテ ラグタイムショー

    コヨーテ ラグタイムショーから見た遺産遺産

    銀河統合政府と植民地解放軍の間で戦争が続く惑星グレイスランドには、伝説の海賊王ブルースが遺した100億宇宙ドルが眠っていると噂されていた。コヨーテならばその名を知らぬ者はいないと言われている、通称ミスターとその仲間たちは、ブルースの娘である少女フランカと共にブルースの遺産の回収に挑んだ。コヨーテ ラグタイムショー フレッシュアイペディアより)

  • 抵当権変更登記

    抵当権変更登記から見た遺産分割遺産

    相続につき、債務者が死亡し、相続人がA・Bである場合において、債務者をAのみとするためには、A・B間で遺産分割又は債務引受をしなければならないが、登記手続きは共同相続の登記がされているかどうかによって異なる。抵当権変更登記 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た遺品遺産

    また、単純所持が規制対象となった場合、水浴び・入浴中の裸の子供の写真や映像が規制の対象となるため、自分の子供を撮影したものや幼い頃の自分を両親が撮影したものを保管しているだけで、「児童ポルノ所持」の容疑者として摘発されるという可能性もある。もし、被写体本人や撮影者が既に死亡したとしても、遺品として所持していた遺族が罪に問われることにもなる。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • アーネスト・カッセル

    アーネスト・カッセルから見た遺産遺産

    1921年に死去すると、2人の孫娘が遺産を相続した。遺産の大部分を相続した年長のエドウィナ・アシュリーは、イギリス王室の縁者であるルイス・マウントバッテン卿と結婚した。アーネスト・カッセル フレッシュアイペディアより)

  • クレジットカード (日本)

    クレジットカード (日本)から見た遺産遺産

    一般に、本人か配偶者に安定した継続収入があることが条件のため、無職(学生・老齢年金受給者など除く)が審査に通るのは難しいといわれる。一方で、無職でも不動産収入や投資収益のある人または遺産相続や贈与による資産家で金融機関と取引があれば、少なくともその系列のクレジットカードは発行される事も。クレジットカード (日本) フレッシュアイペディアより)

  • レオナ・ヘルムズリー

    レオナ・ヘルムズリーから見た遺産遺産

    レオナ・ヘルムズリー(Leona Helmsley, 1920年7月4日 - 2007年8月20日)は、アメリカの女性実業家。不動産王の夫ともに、エンパイアーステートビルをはじめとするニューヨークの高級不動産や、全米に展開するホテルチェーンの運営を手がけた。徹底的な仕事至上主義、短気で非情、強欲なところから、Queen of Mean(意地悪女王)と呼ばれた。死後、愛犬に1200万ドルの遺産を残したことでも有名。レオナ・ヘルムズリー フレッシュアイペディアより)

  • 甲子士禍

    甲子士禍から見た遺品遺産

    燕山君の行動がさらに狂的な様相を帯びるようになるのは1503年(燕山君9年)頃からで、翌1504年(燕山君10年)に入ると、外戚を中心とした宮中派と議政府によった府中派との対立を利用して権力の掌握を狙った側近の任士供と宦官(内侍)の金子猿が、燕山君に生母(廃妃)尹氏の賜死の経緯を告げ口し、亡き母の遺品を見せた。燕山君はこれに逆上し、賜死にかかわった関係者のすべての調査と処罰を命じた。こうして、7ヶ月以上にわたる過酷な疑惑の追及が行なわれ、勲旧派、士林派を問わず、賜死事件に関連した多くの要人が死刑、流刑に処された。生母尹氏の賜死を実行した張本人であり燕山君の祖母でもある仁粹大妃もこの時点で病死している。甲子士禍 フレッシュアイペディアより)

  • ヴワディスワフ3世 (ポーランド王)

    ヴワディスワフ3世 (ポーランド王)から見た遺産遺産

    1498年に書かれた最後の遺書では「私はジェノヴァで生まれた」と書かれているが、この遺書は彼の死後80年たって、彼の遺産を狙うイタリア人たちによって、彼の名を「コロンボ」として偽造されたものである。ヴワディスワフ3世 (ポーランド王) フレッシュアイペディアより)

  • 藤本真澄

    藤本真澄から見た遺産遺産

    日本映画の黄金時代、量産時代に300本近い作品をプロデュースし、その3分の2をヒットさせた活動屋。大変な高給取りであり、毎晩銀座の一流バーで散財していたと伝えられる。しかし生涯独身だったこともあってか、かなりの遺産を残し、藤本賞は今もその遺産を基にして運営しているといわれる。藤本の性格は、声が大きく、口角泡を飛ばして怒鳴ってばかり、ガサツ、とてもせっかち、など、共に働いた人からの藤本評は、あまり好意的ではない。白川由美は「原節子さんが好きで、結婚を申し込んだようですが、軽くいなされたという話はウワサとして聞いたことがあります。あのおっとりとした原さんとは、合わなかったんじゃないですか」と話している。金子正且は「あれだけの地位にいて、穏やかないいひとだったら、女性が放っておかなかったんでしょう。藤本さんと噂になったのは水商売の女性ばかり」と述べている。藤本が生涯独身だったのは、一説によると原節子への愛によるものといわれる。1963年にスクリーンを去った原に、藤本は自身が亡くなるまで、女一人生活していけるだけの給料を支払っていた。藤本真澄 フレッシュアイペディアより)

125件中 71 - 80件表示

「遺産」のニューストピックワード