169件中 81 - 90件表示
  • 荒井鎌吉

    荒井鎌吉から見た遺品遺産

    明治2年4月20日(1869年5月31日)、箱館戦争の木古内の戦いで伊庭が重傷を負った日に箱館に到着。伊庭は五稜郭に収容されたため、彼の看護に専念する。5月、伊庭の死を見届けた後、彼の遺品を預かり、伊庭家の菩提寺の貞源寺へ届ける。荒井鎌吉 フレッシュアイペディアより)

  • ねむの木の庭

    ねむの木の庭から見た遺産遺産

    当地にはもともと皇后美智子の生家として知られる正田家の邸宅があった。1933年(昭和8年)に日清製粉正田英三郎社長邸として当時の清水組が設計施工した趣きのある建物だが、故正田英三郎(1999年(平成11年)に死去)の遺産にかかる相続税の一部として2001年(平成13年)に国に物納された。建物の老朽化が激しく、建物の保存を求める要望書の提出のほか署名や募金を呼びかけたり長野県軽井沢町への移築も検討されたりしたが、建物は2002年(平成14年)に解体された。その後、品川区が国から公園用地として跡地を取得して整備、2004年(平成16年)8月26日に「ねむの木の庭」として開園した。名前の由来は皇后が高校時代に自身で作った詩「ねむの木の子守歌」に因む。様々な樹木や草花で彩られる公園は邸宅の跡地なので広くはないが、皇后・美智子に因むバラの「プリンセス・ミチコ」も植えられている。ねむの木の庭 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小軽

    桂小軽から見た遺産遺産

    2015年11月22日、和歌山県の社会福祉法人への寄付を装った相続遺産の脱税事件で、大阪地方検察庁特別捜査部に共犯として相続税法違反の容疑で逮捕された。桂小軽 フレッシュアイペディアより)

  • 無縁社会

    無縁社会から見た遺品遺産

    一方、こうした風潮をビジネスチャンスと捉えられ、さまざまな単身者向けのビジネスや商品が開発、販売されている。身辺整理や遺品整理、埋葬などを専門に請け負う「特殊清掃業」。共同墓、話し相手、保証人代行などの「無縁ビジネス」が繁盛している。また一人暮らしの高齢者の孤独死や自殺が起きた家やマンション、アパートなどは売買に支障が生じたり、次の借り手が見つからないなどの弊害が多くなっている。無縁社会 フレッシュアイペディアより)

  • 豪商

    豪商から見た遺産遺産

    17世紀後葉から18世紀初頭にかけての元禄年間(1688年-1704年)、新興の大商人が現れた。この時代は、文治政治への転換により幕藩体制がいっそうの安定期を迎え、三都とりわけ京・大坂を中心とする上方の経済・文化の繁栄が頂点に達した時期に相当する。元禄豪商と称される商人には2つのタイプがあり、1つは投機型の商人で、「紀文」の名で知られる紀伊国屋文左衛門、「奈良茂」といわれた奈良屋茂左衛門、西廻り航路・東廻り航路の整備で知られる河村瑞賢はいずれも材木商を営んだ。彼らは明暦の大火後の復興にともなう木材需要増をあてこんで材木を扱い、とくに「紀文」と「奈良茂」はいずれも幕府の材木御用達として公共事業で利益をあげた。「紀文」は老中阿部正武の信任を得て幕府に大量の材木を納め、また、駿府の商人松木屋豪蔵と提携して駿河国井川山などから樹木を伐採した。元禄11年(1698年)の上野の寛永寺根本中堂(東京都台東区)造営に際しては50万両もの利益をあげたといわれている。「奈良茂」は天和3年(1683年)の下野国の日光東照宮(栃木県日光市)修理の際に巨利をあげたといわれ、尾張藩と関係深く、名古屋の商人神部分左衛門と組んで飛騨国で伐採活動をおこなった。彼の遺産は13万2530両といわれている。「紀文」と「奈良茂」の2代目はそれぞれ江戸吉原での桁外れの豪遊で知られ、のちにそれがとがめられてもいる。また、ともに緊縮財政を旨とする新井白石の「正徳の治」において土木事業が差し控えられたため、やがて廃業を余儀なくされた。これに対し、河村瑞賢は御家人に取り立てられた。また、大坂の蔵元であった淀屋は蔵物の出納で富を得、店頭で米市が立つほどの殷賑を誇ったといわれ、井原西鶴が『日本永代蔵』にその繁栄ぶりを記しているが、宝永2年(1705年)、5代三郎右衛門が驕奢の理由で全財産を没収されている。豪商 フレッシュアイペディアより)

  • 角川日本地名大辞典

    角川日本地名大辞典から見た遺産遺産

    著者は「角川日本地名大辞典」編纂委員会で、委員長を務めた竹内理三は本書を制作する目的として「民族遺産としての地名を将来に伝えること」、現代の地名を収録したことについては「現代の社会生活上の必要を満たし、地域の現状を歴史として後世に伝えること」としている(それぞれ本書冒頭の「編纂のことば」より引用)。角川日本地名大辞典 フレッシュアイペディアより)

  • そこをなんとか

    そこをなんとかから見た遺産遺産

    主人公が新司法試験の合格者であることをはじめ、近年改正された法律など比較的新しい法知識を盛り込む。また、離婚に関する交渉や遺産の相続問題といった訴訟以外の弁護士の業務を扱うほか、国選弁護人や裁判員制度といった司法制度も扱う。そこをなんとか フレッシュアイペディアより)

  • 村山龍平記念館

    村山龍平記念館から見た遺品遺産

    田丸城大手門跡前にある。法的には博物館法の適用を受けない「博物館類似施設」である。村山の遺品の展示を行うのみならず、玉城町郷土資料館や玉城町図書館なども併設し、広く玉城町の社会教育の振興と地方文化の発展に寄与している。1階に玉城町図書館・研修室・事務室および玉城町教育委員会事務局、2階に玉城町郷土資料館・資料収蔵庫を設置する。また玄関には朝倉文夫作の村山龍平翁像がある。村山龍平記念館 フレッシュアイペディアより)

  • シュラフタ

    シュラフタから見た遺産遺産

    ポーランド語にはこのほかに「騎士の家柄」という意味のリツェシュ(Rycerz)や「紋章を持つ家柄」という意味のヘルプ(Herb、原義は「遺産」)という言葉があるが、これらもそれぞれ当時のドイツ語のRitter(騎士)とErbe(遺産)からの借用であるが、上の時代までのポーランドではシュラフタ、リツェシュ、ヘルプに明確な違いはなく、その場その場に応じて使い分けていた。シュラフタ フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎梧一

    宮崎梧一から見た遺産遺産

    復員後、「裁判官ではとても食えない」として1948年(昭和23年)に弁護士登録。目立つような事件が手掛けなかったが、離婚、遺産、借金などの市民のゴタゴタや刑事事件の国選弁護人などをしてきた。宮崎梧一 フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「遺産」のニューストピックワード