前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1191件中 1 - 10件表示
  • 史跡

    史跡から見た遺跡遺跡

    史跡(しせき、非常用漢字:史蹟)とは、貝塚、集落跡、城跡、古墳などの遺跡のうち歴史・学術上価値の高いものを指し、国や自治体によって指定されるものである。この語は一般には遺跡全般と同義で現在においてもその意味で使用される場合も多いが、日本においては1919年(大正8年)の史蹟名勝天然紀念物保存法以降、特に法律で指定保護されている遺跡を指すようになり、現在では狭義の「史跡」は文化財の種別の一つとして文化財保護法第109条第1項に規定されている。史跡 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見百穴

    吉見百穴から見た遺跡遺跡

    吉見百穴(よしみひゃくあな、よしみひゃっけつ)は、埼玉県比企郡吉見町にある古墳時代後期の横穴墓群の遺跡。1923年3月7日に国の史跡に指定された。2012年現在、有料で一般公開されている。吉見百穴 フレッシュアイペディアより)

  • 記念物

    記念物から見た遺跡遺跡

    と規定されており、遺跡、名勝地、動植物および地質鉱物を「記念物」に含めている。考え方としては、土地に記念された文化財という考え方から発しており、動物の種を指定した場合を除くと、指定対象は、ある一定範囲の土地である。記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 周知の埋蔵文化財包蔵地

    周知の埋蔵文化財包蔵地から見た遺跡遺跡

    周知の埋蔵文化財包蔵地(しゅうちのまいぞうぶんかざいほうぞうち)とは、「地中に埋蔵された状態で発見される文化財(=埋蔵文化財)」を包蔵(内部に含んでいる・包み隠している)する土地、またはその範囲のこと。法律用語だが、考古学用語上のいわゆる「遺跡」に最も近い概念である。周知の埋蔵文化財包蔵地 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た遺跡遺跡

    纒向遺跡(まきむくいせき、纏向遺跡)は、奈良県桜井市の三輪山の北西麓一帯にある、弥生時代末期から古墳時代前期にかけての集落遺跡。国の史跡に指定されている。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 相 (考古学)

    相 (考古学)から見た遺跡遺跡

    相(そう、、)は、考古学の学問的方法によって把握された文化的文脈ないし枠組み、内容の理論的な縮図、遺跡を見たときに層位的にも遺構の集合やそれに伴う遺物が同時期の文化的な広がりとして把握しうる理論的な状態のことを言うが、一般的に考古学上の用語として、土器など遺物の器種、形式の組み合わせ(アッセンブリッジ;assemblage)などによってその時代の特徴を様相としてとらえた(時期)区分名として使われる場合が多い。遺跡を「期」(era,period)や「段階」(stage)などの時間軸を表す時期区分とことなり、一遺跡の遺構や遺物が表す文化の様相を時系列順に配列することによって、結果として時期区分の名称となる。相 (考古学) フレッシュアイペディアより)

  • ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群から見た遺跡遺跡

    ボロブドゥール寺院遺跡群(ボロブドゥールじいんいせきぐん)は、インドネシアのジャワ島中部にある仏教寺院の石造遺跡群で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)の一つ。ボロブドゥール寺院遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • レイライン

    レイラインから見た遺跡遺跡

    地図上を眺めればそこにレイラインが浮かび上がってくることは、多くの人が賛同できるだろう。レイラインについて提唱されている古代の魔術的理論の信奉者、そしてそれに対する懐疑派どちらもが巨石群や遺跡をつないだ線が見えうるということには同意している。レイライン フレッシュアイペディアより)

  • 金属器

    金属器から見た遺跡遺跡

    特に利器としての鉄器は、使用頻度の高い実用品であり、損耗や腐食の度合いの著しい生活必需品であったことから、その都度リサイクルされたものと考えられる。したがって、威信財などとして墓に副葬されたものを除くと、実際には、遺跡からの出土量を使用量が大きくうわまわっていたことが指摘できる。遺跡によっては金属器がまったく出土しないこともあるが、それはそこで金属が使用されなかったことを意味しない。出土量が実際に用いられた量にくらべ格段に少ないため、金属器そのものの型式学的研究や編年作業は遅れており、金属器による遺構・遺跡の年代決定はなおのこと難しい。逆に言えば、製鉄遺跡をはじめとする生産遺跡の営まれた時期の年代特定も、土器や陶磁器の出土がなければ難しいことを意味している。金属器 フレッシュアイペディアより)

  • 宮尾遺跡

    宮尾遺跡から見た遺跡遺跡

    宮尾遺跡(みやおいせき)は、岡山県久米郡久米町(現在の津山市)宮尾にある遺跡。昭和47年(1972年)の発掘により、弥生時代から鎌倉時代にかけての遺跡・遺物が相次いで発見された。宮尾遺跡 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1191件中 1 - 10件表示

「遺跡」のニューストピックワード