1191件中 91 - 100件表示
  • 高根遺跡

    高根遺跡から見た遺跡遺跡

    高根遺跡(たかねいせき)は、愛知県小牧市東部の丘陵地帯に位置する遺跡。周辺に篠岡古窯跡群がある事から、これに関係した作業場ではないかと考えられている。1956年に愛知県の指定史跡に指定される。高根遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 東高根森林公園

    東高根森林公園から見た遺跡遺跡

    そのような開発の過程で、当公園北部(現在の古代芝生広場付近)にて、弥生・古墳時代(推定3〜6世紀頃)の遺跡として、約60軒分の竪穴式住居跡や、ドングリなどの食糧貯蔵穴跡、貝塚などが発見された。また遺跡周囲にはシラカシ林(推定樹齢150〜200年)が自然林に近い形で残っており、これが学術的にも非常に価値の高い植物群落であると判明した。東高根森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 海底遺跡

    海底遺跡から見た遺跡遺跡

    海底遺跡(かいていいせき)とは、海底にある遺跡である。類語に水中遺跡があるが、水中遺跡には湖底などの淡水中にある遺跡や沈没船などが含まれる。海底遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 国崎町

    国崎町から見た遺跡遺跡

    少なくとも古代より、伊勢神宮に奉納する熨斗鮑(のしあわび)をはじめとする御贄を産出する地であった。神代には倭姫命が巡幸した地であると言われ、海女・お弁が命に獲った鮑を献上したとされる。鎧崎や大津など5か所で遺跡が見つかっており、古くからの人々の居住が窺える。古記録では「国崎神戸」(国崎本神戸、国崎嶋とも)と書かれ、志摩国に3か所ある朝夕御饌の供進地の1つであった。国崎町 フレッシュアイペディアより)

  • シェル・ハ

    シェル・ハから見た遺跡遺跡

    シェル・ハ (Xel-Ha) はメキシコ・キンタナ・ロー州のカリブ海岸沿いに所在するマヤの遺跡である。シェル・ハ フレッシュアイペディアより)

  • コガネシマアジ

    コガネシマアジから見た遺跡遺跡

    はるか昔から食用魚として利用されてきた。アラブ首長国連邦の先史時代の遺跡からも、本種の骨が出土している。太平洋諸島では現在でも、浅瀬へ追い込んだ後、網や銛で捕獲するという伝統漁法で漁獲されている。商業漁業スケールでは、刺し網等の罠を使い、手作業で漁獲される。FAOによると、漁獲量が多いのはアラブ首長国連邦・カタール・バーレーンで、それにオーストラリア・シンガポールが続く。西オーストラリア州では2010年に3.3t、クイーンズランド州では1988-2005年に年間0.6-5.9 tの漁獲量があった。全世界では、2000-2010年に年間1187-3475 tが漁獲されたと推定される。また、シンガポール・台湾・マレーシア・インドネシアなどでは養殖が行われており、日本でも飼育下繁殖の実験が進行中である。コガネシマアジ フレッシュアイペディアより)

  • スカラ・ブレイ

    スカラ・ブレイから見た遺跡遺跡

    スカラ・ブレイ(英語等: [英語発音])は、スコットランドに残る新石器時代の石造の集落遺跡スカラ・ブレイ フレッシュアイペディアより)

  • インナー・ヘブリディーズ

    インナー・ヘブリディーズから見た遺跡遺跡

    様々な重要な先史時代の遺跡があり、その多くは古代のギリシャ、ローマの記述家たちによって書き残されている。歴史上最古の移住者は、北へ向かったピクト人、南のダルリアダ王国のゲール人、そしてダルリアダ後の支配者となった島嶼王国(en)のノース人たちであった。ノース人支配は、1266年のパース条約の締結でスコットランド王国に支配権が移るまで続いた。島々の管理はクラン、主にマクリーン氏族、マクラウド氏族、マクドナルド氏族らによって行われていた。19世紀に行われたハイランド一掃(en、ハイランダーの強制移住)の結果、多くのコミュニティーが壊滅的な状況に置かれ、近年人口減少がやっと止まっている。インナー・ヘブリディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 遺跡調査会

    遺跡調査会から見た遺跡遺跡

    遺跡調査会(いせきちょうさかい)とは、主として地方公共団体が、開発者、施主といった工事のために遺跡を破壊せざるをえない原因者の要望により、原因者が負担した遺跡の発掘調査による記録保存費用によって設立される任意団体の名称のひとつである。似た性格のものとして発掘調査団とよばれるものなどがあるが、「遺跡調査会」は地方公共団体が臨時に設置する任意団体の名称に使用され、しばしば遺跡名を冠する場合が多い。遺跡調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 出土木器研究会

    出土木器研究会から見た遺跡遺跡

    出土木器研究会(しゅつどもっきけんきゅうかい)は遺跡から出土した木製品を研究するため、各地で出土した木製品の巡見・検討を行う研究会である。基本的には年に2回程度の研究会を行い、土日の2日間の予定で行う。たまにオプションがついて3日となることがある。出土木器研究会 フレッシュアイペディアより)

1191件中 91 - 100件表示

「遺跡」のニューストピックワード