909件中 91 - 100件表示
  • エル=オペーニョ文化

    エル=オペーニョ文化から見た遺跡遺跡

    エル=オペーニョ文化(El Opeño)とは、メキシコ西部に先古典期前期末頃、紀元前1500?同1300年前後に栄えた文化で同名の集落遺跡が命名の由来である。エル=オペーニョ文化 フレッシュアイペディアより)

  • 河越館

    河越館から見た遺跡遺跡

    遺跡は、現在の川越市市街地の北西、入間川西岸に接する平地にあり、その南東部を占める常楽寺境内をはさんで、東西約150メートル、南北約200メートルの方形の区画(曲輪)を思わせる高さ1メートルないし3メートルの土塁およびその外側の堀が一部遺存しており、全体では東西約240メートル、南北約300メートルの規模を有する。土塁は一条、空堀は二重になっており、館跡北東の幅約11メートル、深さ3メートルの外堀はかつて入間川と繋がっていたと思われる。河越館 フレッシュアイペディアより)

  • 田束山

    田束山から見た遺跡遺跡

    田束山(たつがねさん)とは宮城県本吉郡南三陸町と気仙沼市にまたがる山である。古くから霊峰として栄え、奥州藤原氏も信仰していたといわれる。そのため多数の経塚をはじめとした遺跡も発見されている。田束山 フレッシュアイペディアより)

  • 御所野遺跡

    御所野遺跡から見た遺跡遺跡

    御所野遺跡(ごしょのいせき)は、岩手県二戸郡一戸町で発見された縄文時代の集落跡。所在地は一戸町岩舘字御所野。1993年、国の史跡に指定された。遺跡は公園として整備され、竪穴住居、掘立柱建物、配石遺構などによる集落が再現されている。公園内に博物館も併設されている。御所野遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 亀ヶ岡石器時代遺跡

    亀ヶ岡石器時代遺跡から見た遺跡遺跡

    亀ヶ岡石器時代遺跡(かめがおかせっきじだいいせき)は、青森県つがる市にある縄文時代晩期の集落遺跡である。遮光器土偶が出土した遺跡として知られ、1944年(昭和19年)6月26日に国の史跡に指定されている。単に亀ヶ岡遺跡とも称される。亀ヶ岡石器時代遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島千穂

    鹿島千穂から見た遺跡遺跡

    千葉県山武市(旧・成東町)出身。昭和学院秀英高等学校、慶應義塾大学文学部卒業後、1998年日本海テレビにアナウンサーとして入社。2001年退社後、アメリカに留学。帰国後はbayfmの「MUSIC SALAD」のDJを担当。2006年4月から2007年3月までTBSニュースバードのキャスターなどを務めた後、2007年4月からNORTH WAVE「MORNING SCOPE」のDJを担当。趣味はアジア1人旅、遺跡・寺院巡り、音楽鑑賞。特技はタイマッサージ。得意なスポーツは水泳。鹿島千穂 フレッシュアイペディアより)

  • コンレイの石棺

    コンレイの石棺から見た遺跡遺跡

    コンレイの石棺(コンレイのせっかん、英語:Tet el Bad Stone Coffin)は、パラオの遺跡コンレイの石棺 フレッシュアイペディアより)

  • バドルルアウ遺跡

    バドルルアウ遺跡から見た遺跡遺跡

    バドルルアウ遺跡(バドルルアウいせき、英語:Badrulchau Stone Monoliths)は、パラオの遺跡バドルルアウ遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • オーシギン・ウブリーン遺跡

    オーシギン・ウブリーン遺跡から見た遺跡遺跡

    オーシギン・ウブリーン遺跡()はモンゴルのムルン(:en:Mörön (city))近郊に位置する遺跡オーシギン・ウブリーン遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 南外山遺跡

    南外山遺跡から見た遺跡遺跡

    南外山遺跡(みなみとやまいせき)は、愛知県小牧市の南外山地区にある遺跡である。元々「南外山北浦遺跡」・「南外山東浦遺跡」・「南外山城跡」の3つに分類されていたが、2006年3月31日に定義が見直され、1つの遺跡とされた。縄文時代後期から室町時代にかけての幅広い年代の遺物や住居跡などが見つかっており、現在も発掘調査が進められている。南外山遺跡 フレッシュアイペディアより)

909件中 91 - 100件表示

「遺跡」のニューストピックワード