1191件中 101 - 110件表示
  • 蝦夷穴

    蝦夷穴から見た遺跡遺跡

    蝦夷穴は、蝦夷(エゾ)すなわちアイヌの住居跡の意味である。だが、蝦夷は古い時代にはエミシかエビスと呼び、エゾという呼び方が生まれたのは蝦夷穴分布域で蝦夷が姿を消した後の平安時代後期以降であった。蝦夷穴はエゾ穴であって、エミシ穴、エビス穴とは言わないので、これ以降の名である。積極的証拠はないが、江戸時代あたりに付けられた名かという。遺跡の性格も、同じ地域・他地域の他の古墳・横穴墓と比べて異質なものではなく、蝦夷穴をエミシやエゾにあてることはできない。古墳・横穴墓に関する知識が失われた後世に、推測で付けられた呼び名である。明治時代の考古学では坪井正五郎が住居説を唱えたことがあったが、現在は横穴墓ということで異論はない。蝦夷穴 フレッシュアイペディアより)

  • 小木古墳群

    小木古墳群から見た遺跡遺跡

    織田井戸遺跡 - 古墳群の近くにある縄文時代から弥生時代にかけての遺跡小木古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 大山古墳群

    大山古墳群から見た遺跡遺跡

    大山古墳群(おおやまこふんぐん)は、愛知県小牧市の大山地区と野口地区の丘陵地にある古墳群。詳しい調査は行なわれていないが、残された石室などから古墳時代のものと考えられている。この辺りには条里の遺跡もわずかに見つかっており、古くから人が住んでいたことが分かっている。また7世紀後半、古墳群の東側に正福寺が創建され非常に栄えた。古墳が建設されなくなった時期とこの寺の創建が重なることから、仏教の布教により建設されなくなったのではないかと考えられている。大山古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • レムリアン・サーガ

    レムリアン・サーガから見た遺跡遺跡

    赤髭のバリムはパタンガを訪れカシュタルの参謀である魔術師ベルジャトラがニアンガ人の遺跡から発掘した「灰色の死」についてゾンガーたちに話す。ゾンガーはチャルン・トゥビスと共にシミター号に乗り込みタラクスを目指すが海竜に襲われ海に落ちてしまう。レムリアン・サーガ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿川

    鹿川から見た遺跡遺跡

    2008年、竹富町教育委員会は当地において紀元前20世紀から紀元前12世紀頃まで続いた無土器期の移行を示す遺跡を発見したことを発表し「鹿川ウブドー遺跡」と命名した。鹿川 フレッシュアイペディアより)

  • 箕面市立郷土資料館

    箕面市立郷土資料館から見た遺跡遺跡

    箕面市内の遺跡・古墳から出土した考古資料と市民の生活資料を収集して、平成元年(1989年)4月1日に西小路にて開館。箕面市立郷土資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本考古学協会

    日本考古学協会から見た遺跡遺跡

    高度成長期に入ると各地で開発が進み、多数の遺跡が消滅していった。その中で、本会は千葉県の加曾利貝塚と奈良県の平城宮跡の保存運動を他の文化財保護団体などと協力して推進し、保存することに成功した。また、この頃から地方公共団体では公共事業に伴い緊急発掘調査を実施し、埋蔵文化財の記録保存を行う所が増大し、地方自治体の埋蔵文化財担当の専門職員が多数採用された。これに伴い、本会の会員数も激増する。日本考古学協会 フレッシュアイペディアより)

  • カホキア

    カホキアから見た遺跡遺跡

    カホキア (Cahokia) は、イリノイ州(セントルイス郊外)にある、ミシシッピ文化期(A.D.700年?1600年頃)にアメリカ先住民が築いた大遺跡。12?13世紀当時の政治、宗教の中心地であり、人口は1万人に達したと考えられている。防御用と推定される柵で囲まれた遺跡の中心部分には、「中央広場」を囲んで20基ほどのマウンドがある。そのうち最大のものは広場の北側にある (Monk's Mound) で、大きく2段の階段状になっており、その規模は長さ316m、幅241mの長方形で高さは30.5mである。底面積の大きさでは、エジプトのピラミッドやテオティワカンの「太陽のピラミッド」を上回る。遺跡の中心部を囲んで北側、東側、西側にも広場を囲むようにしてマウンドが築かれ、マウンド数は合計120基ほどである。マウンドの機能はミシシッピ文化共通の特徴でもあるが、基本的には神殿と考えられる。また、発掘調査によって墓としても使用されたことが判明している。墓は被葬者の身分によって様々なタイプがあった。副葬品には、貝殻ビーズ、バイ貝やホラ貝の容器、真珠、打ち出し細工を施した銅板などが見られる。主人に殉死した従者の遺体が見られる墓もある。1450年頃から衰退に向かうが、人口過密と伝染病が原因と考えられている。カホキア フレッシュアイペディアより)

  • 観光資源

    観光資源から見た遺跡遺跡

    こういった観光資源として扱われるものには、歴史や風土を背景として連綿と行なわれてきたものもあるが、その一方で地域の観光産業を盛り立てようと、新規に興される場合もあり、この場合は観光資源を鉱物ないし遺跡に準えて発掘と言う場合もある。この「発掘」では、地域の者が見向きもしていなかった事物に脚光が当てられ、それを軸にイベントが行なわれたり、施設の拡充が行なわれたりする。例えば漁港では、単なる産業施設としての機能だけではなく、「新鮮な魚介類を使った料理」や市場機能の一部を一般観光客に振り向け、直接的に市場から新鮮な海産物を購入できるなどのイベントが催されたりもする。観光資源 フレッシュアイペディアより)

  • ブレイドアーツ 〜黄昏の都ルルイエ〜

    ブレイドアーツ 〜黄昏の都ルルイエ〜から見た遺跡遺跡

    本作は、謎の古代遺跡を探索するアクションアドベンチャーゲーム。冒険の舞台となる遺跡は3Dで描かれており、さまざまな謎やワナが仕掛けられている。遺跡には多くのモンスターが配置されており、剣と魔法で戦うことになる。主人公の持つ剣は、スフィアと呼ばれる宝玉を埋め込むことで、大剣や槍などに変化する。また、スフィアは経験値を配分することで成長させることができる。ブレイドアーツ 〜黄昏の都ルルイエ〜 フレッシュアイペディアより)

1191件中 101 - 110件表示

「遺跡」のニューストピックワード