909件中 21 - 30件表示
  • 古代米

    古代米から見た遺跡遺跡

    古代米(こだいまい)とは、現代において栽培されるイネの品種のうち、「古代から栽培していた品種」「古代の野生種の形質を残した品種」として標榜されるものを指す言葉である。農学上の概念ではない、いわゆるバズワードである。ただし、遺跡から出土した米の遺体をさして古代米と呼ぶこともあるが、前者とは別物である。古代米 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市市

    四日市市から見た遺跡遺跡

    朝明郡に存在した中世期の霜野郷が地名の由来である。1889年(明治22年)にが旧6村が合併した際に、大地主であった下田家と野呂家から一字をとり下野村となった説がある。条里制の奈良時代の遺跡があり、大鐘町の南に「五の坪」という地名が残っている。平安時代に下野荘と東大鐘村と八郷地区の萱生村・平津村・中村村を合わせて大金郷と呼ばれていて、金の生産が盛んだった。1889年(明治22年)に、山城村、中里村、北山村、西大鐘村、東大鐘村、札場新田(現在の札場町)が合併して下野村となった。四日市市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た遺跡遺跡

    現在の岡山県の地域には、鷲羽山遺跡(倉敷市)などの原始からの遺跡が存在しており、旧石器時代から人々が居住していたことが窺える。県の最北端上斎原村(現鏡野町)に旧石器時代の恩原遺跡がある。その遺跡の下層(約2万5千年前の地層)からナイフ形石器が出土しており、その上層から約1万年前の細石刃も出土している。恩原遺跡では二基の炉跡が検出されている。うち一基は10個ぐらいの小石を半円形に並べており、焚き口幅40センチ、奥行35センチの小規模な炉で、石組みの中に木炭塊があり、炉の周辺に灰土が広がっていて、2万2千年前の旧石器時代人の生活痕跡を示す珍しい遺構である。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 相 (考古学)

    相 (考古学)から見た遺跡遺跡

    相(そう、、)は、考古学の学問的方法によって把握された文化的文脈ないし枠組み、内容の理論的な縮図、遺跡を見たときに層位的にも遺構の集合やそれに伴う遺物が同時期の文化的な広がりとして把握しうる理論的な状態のことを言うが、一般的に考古学上の用語として、土器など遺物の器種、形式の組み合わせ(アッセンブリッジ;assemblage)などによってその時代の特徴を様相としてとらえた(時期)区分名として使われる場合が多い。遺跡を「期」(era,period)や「段階」(stage)などの時間軸を表す時期区分とことなり、一遺跡の遺構や遺物が表す文化の様相を時系列順に配列することによって、結果として時期区分の名称となる。相 (考古学) フレッシュアイペディアより)

  • 廃寺

    廃寺から見た遺跡遺跡

    廃寺とは「廃止された仏教寺院」のことである。政策や社会情勢を理由とした廃止(例:廃仏毀釈、文化大革命による宗教弾圧)、経済的事情による廃止、天災や人災、戦争などによって施設が破壊されたのちの、再建が叶わなかったことによる結果的な廃止(廃墟化)、信者や地域住民といった担い手を失ったことによる廃墟化・遺跡化(例:ガンダーラ地方の寺院遺跡。13世紀のモンゴル軍による戦禍)など、廃止される事由はさまざまである。ただし、ここに示したものは後者であればあるほど、それらは「廃墟」であり、「遺跡」であって、「廃寺」と表現されることは少なくなる。廃寺 フレッシュアイペディアより)

  • リトルマスター〜虹色の魔石〜

    リトルマスター〜虹色の魔石〜から見た遺跡遺跡

    ゲザガイン率いる魔物軍はリイムたちの活躍により退けられ、ライナーク王国には平和な日々が訪れていた。そんな中、ライナーク王国の隣国マテドラル教国では、その国教であるカラード教の伝承に伝わる秘法を探し、遺跡盗掘団や盗賊団が暗躍していた。カラード教の伝承を確かめるべく遺跡の調査をしているラドック教授の護衛を拝命したリイム・モーモー・タムタムの三人は、マテドラル領内の遺跡で魔物たちに襲われたラドックを救出する。ラドックはついにカラード教の秘法の秘密を解き明かしたという。リトルマスター〜虹色の魔石〜 フレッシュアイペディアより)

  • 陸平貝塚

    陸平貝塚から見た遺跡遺跡

    国内でも規模の大きい貝塚群であり、またその変遷過程も明瞭に推察できる貴重な遺跡である。陸平貝塚 フレッシュアイペディアより)

  • 中央鉄道学園

    中央鉄道学園から見た遺跡遺跡

    学園閉鎖、敷地売却後に遺跡調査が行われ、現在は団地(ゆかり、トミンハイム)や東京都立武蔵国分寺公園(建設中の仮称は泉町公園)、総務省情報通信政策研究所などの敷地となっている。中央鉄道学園 フレッシュアイペディアより)

  • 埋蔵文化財

    埋蔵文化財から見た遺跡遺跡

    埋蔵文化財は、日本の文化財保護法上の定義では、第92条(旧第57条。以下平成17年3月31日まで施行されていた条文を「旧」で示す)の「土地に埋蔵されている文化財」としているが、事実上、考古学の研究対象となる遺跡あるいは考古資料とほぼ同義である。ただし、厳密には「埋蔵文化財」といった場合、土地に埋蔵されている文化財としての価値が認められる遺構と文化財としての価値が推定される民法第241条の「埋蔵物」としての遺物のことを指しており、面的な遺跡及び遺跡の範囲としてとらえた場合は、第93条(旧第57条の2)の「貝づか、古墳その他埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地」として「周知の埋蔵文化財包蔵地」が定義されている。埋蔵文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 金属器

    金属器から見た遺跡遺跡

    特に利器としての鉄器は、使用頻度の高い実用品であり、損耗や腐食の度合いの著しい生活必需品であったことから、その都度リサイクルされたものと考えられる。したがって、威信財などとして墓に副葬されたものを除くと、実際には、遺跡からの出土量を使用量が大きくうわまわっていたことが指摘できる。遺跡によっては金属器がまったく出土しないこともあるが、それはそこで金属が使用されなかったことを意味しない。出土量が実際に用いられた量にくらべ格段に少ないため、金属器そのものの型式学的研究や編年作業は遅れており、金属器による遺構・遺跡の年代決定はなおのこと難しい。逆に言えば、製鉄遺跡をはじめとする生産遺跡の営まれた時期の年代特定も、土器や陶磁器の出土がなければ難しいことを意味している。金属器 フレッシュアイペディアより)

909件中 21 - 30件表示

「遺跡」のニューストピックワード