1191件中 31 - 40件表示
  • 盛岡市遺跡の学び館

    盛岡市遺跡の学び館から見た遺跡遺跡

    盛岡市遺跡の学び館(もりおかしいせきのまなびかん)は、盛岡市の遺跡遺跡発掘調査で得られた文化財や情報を展示する、公立の歴史博物館。2004年(平成16年)6月1日に、盛岡市本宮の盛岡市中央公園内に開館した。盛岡市遺跡の学び館 フレッシュアイペディアより)

  • 義経=ジンギスカン説

    義経=ジンギスカン説から見た遺跡遺跡

    この頃から齎されたといわれる、蝦夷産の昆布は現在も京料理に使用されている。藤原氏の北方貿易とは別に、渡党らがアイヌと和人との仲介役を果たし、交易の民として活躍した。そのアイヌにとって狩猟は、縄文時代・続縄文時代以来の長い年月を有する生業であり、7世紀にはじまる擦文文化期の遺跡ではアワ・オオムギ・ヒエ・ソバなどの出土例がある。海獣の捕獲などについてはむしろ和人の側がアイヌ文化の影響を受けた可能性が高い。和人が蝦夷進出をするに従い、半ば強制的に義経とアイヌ神話を和人が結び付けた。和人の蝦夷進出は1669年から翌年にかけておこったシャクシャインの戦いなどを引き起し、アイヌ人との摩擦も大きかった。西廻り航路などの海運網の整備によって、蝦夷地を含めて国内市場、一国市場が形成された。とくに、江戸時代中期以降は、昆布や俵物など蝦夷地の産品が江戸や大坂、京に輸出された。それらにより北方への関心が高まったが、徳川光圀が蝦夷探検隊を派遣した例でも判るように、まだ日本人にとって蝦夷、樺太、千島列島はまだ謎の多い土地であった。義経=ジンギスカン説 フレッシュアイペディアより)

  • 智頭枕田遺跡

    智頭枕田遺跡から見た遺跡遺跡

    智頭枕田遺跡(ちづまくらだいせき)は、鳥取県智頭町に位置する、縄文時代から平安時代の九州を除いた西日本では最大級の遺跡智頭枕田遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 天文遺産

    天文遺産から見た遺跡遺跡

    このことから2010年の第34回世界遺産委員会で再検討が行われ、「天文に関する遺跡・建造物・景観には文化的価値と意義がある」と表明するに至り、ユネスコとIAUによって天文遺産を制定することが取り決められ、その象徴として中国の「天地の中央」にある登封の史跡群とインドの ジャンタル・マンタルを天文分野の世界遺産に登録した。天文遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 昌明寺遺跡

    昌明寺遺跡から見た遺跡遺跡

    昌明寺遺跡(しょうみょうじいせき)は、宮崎県えびの市大字昌明寺に所在する、古代から中世にかけての集落を中心とする複合遺跡。1997年(平成9年)から1999年(平成11年)にかけて、3次に渡る発掘調査が行われた。なお同遺跡は、地名の由来でもあり、文献上で1426年(応永33年)頃から1868年(明治元年)にかけて同地に存在したことが確認される、曹洞宗廃寺の昌明寺の寺域を包括する。昌明寺遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 五色台

    五色台から見た遺跡遺跡

    国分台遺跡は、旧石器時代のサヌカイト(讃岐石)製のナイフ形石器などの、大規模原産地遺跡として知られる。地元では石を叩くと、カンカンと澄んだ音を響かせるため、「カンカン石」と呼ばれ、観光みやげ品として販売されている。また、世界で唯一のサヌカイト製の、石琴(リソフォン)などが製作されている。五色台 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見た遺跡遺跡

    厚岸の名前が初めて文献に登場するのは、寛永年間に松前藩が「アッケシ場所」を開設したという記事が残っているが、町内にある遺跡からは縄文時代の前期または中期の住居跡が見つかっており、約6,000年前から人々がこの地に暮らし続けてきたことを示している。厚岸は天然の良港にオランダ船、ロシア船やオーストラリア船などの外国船が度々訪れて諸外国との接点になっていたほか、豊かな海の資源を拠り所とするアイヌと和人(松前藩)の交易の場や松前、箱館(函館)と根室、千島との中継地としての役割があった。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

  • 岩宿遺跡

    岩宿遺跡から見た遺跡遺跡

    岩宿遺跡(いわじゅくいせき)は、群馬県みどり市にある旧石器時代の遺跡である。1946年(昭和21年)頃、当時在野の考古学者であった相沢忠洋によって発見された。この発見によって、それまで土器時代以前の日本列島に人類は居住していなかったとされた定説を覆し、日本にも旧石器時代が存在したことが証明された。これ以降、日本全国において旧石器時代の遺跡の発見が相次ぐことになる。1979年(昭和54年)8月17日、国の史跡に指定された。岩宿遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 伝説巨神イデオン

    伝説巨神イデオンから見た遺跡遺跡

    西暦2300年。地球人類が外宇宙へ移民を開始して50年経過した遠い未来。地球人は2年前から移民を行っていたアンドロメダ星雲の植民星A-7・ソロ星で、異星人文明の遺跡を発掘。地球人類が外宇宙に進出して出会った6度目の異星人であることから、「第6文明人」と呼称された。伝説巨神イデオン フレッシュアイペディアより)

  • 古代宇宙飛行士説

    古代宇宙飛行士説から見た遺跡遺跡

    人工衛星から遺跡を調査する考古学の一分野である「宇宙考古学」とは全く異なる物である。また混同されやすいものにアーキオアストローノミ、「考古天文学」がある。これは考古学的に古代人の天文学に関する知識と、天体にかかわる文化活動を研究するものである。古代宇宙飛行士説 フレッシュアイペディアより)

1191件中 31 - 40件表示

「遺跡」のニューストピックワード