1191件中 41 - 50件表示
  • 払田柵跡

    払田柵跡から見た遺跡遺跡

    払田柵跡(ほったのさくあと)は、秋田県大仙市払田・仙北郡美郷町本堂城廻にある日本の古代城柵遺跡。国の史跡に指定されている。払田柵跡 フレッシュアイペディアより)

  • 廃寺

    廃寺から見た遺跡遺跡

    廃寺とは「廃止された仏教寺院」のことである。政策や社会情勢を理由とした廃止(例:廃仏毀釈、文化大革命による宗教弾圧)、経済的事情による廃止、天災や人災、戦争などによって施設が破壊されたのちの、再建が叶わなかったことによる結果的な廃止(廃墟化)、信者や地域住民といった担い手を失ったことによる廃墟化・遺跡化(例:ガンダーラ地方の寺院遺跡。13世紀のモンゴル軍による戦禍)など、廃止される事由はさまざまである。ただし、ここに示したものは後者であればあるほど、それらは「廃墟」であり、「遺跡」であって、「廃寺」と表現されることは少なくなる。廃寺 フレッシュアイペディアより)

  • 双界儀

    双界儀から見た遺跡遺跡

    富士(極月)・第六話 「二つに引き裂かれた山・地の底の神寂びた遺跡双界儀 フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産 (世界遺産)

    文化遺産 (世界遺産)から見た遺跡遺跡

    遺跡 (site) は世界遺産条約第1条では「人工の所産(自然と結合したものを含む。)及び考古学的遺跡を含む区域であって、歴史上、芸術上、民俗学上又は人類学上顕著な普遍的価値を有するもの」と定義されている。このカテゴリーにはクンタ・キンテ島と関連遺跡群(ガンビア)やキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群(タンザニア)などの考古遺跡だけでなく、フィリピン・コルディリェーラの棚田群のように現存する農業文化の継承地域なども含まれる。文化遺産 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 糞

    から見た遺跡遺跡

    古生物学や考古学においては、糞が化石化した糞石(coprolite、コプロライト、糞化石)が人間や恐竜などの古生物の食性を示す資料となっており、糞石に含まれる残留物や寄生虫、細菌類などから食性をはじめとしたさまざまなことが調べられている。また、考古学においてはトイレ遺構のように、遺跡のトイレ跡から得られる残留物が、当時の生活を推察する資料ともなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 南草津駅

    南草津駅から見た遺跡遺跡

    この区画整理事業に伴い、古道に沿いとされる場所で、2000年(平成12年)9月に中世と見られる建物群などの遺跡が出土している。南草津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た遺跡遺跡

    現在の岡山県の地域には、鷲羽山遺跡(倉敷市)などの原始からの遺跡が存在しており、旧石器時代から人々が居住していたことが窺える。県の最北端上斎原村(現鏡野町)に旧石器時代の恩原遺跡がある。その遺跡の下層(約2万5千年前の土層)からナイフ形石器が出土しており、その上層から約1万年前の細石刃も出土している。恩原遺跡では二基の炉跡が検出されている。うち一基は10個ぐらいの小石を半円形に並べており、焚き口幅40cm、奥行35cmの小規模な炉で、石組みの中に木炭塊があり、炉の周辺に灰土が広がっていて、2万2千年前の旧石器時代人の生活痕跡を示す珍しい遺構である。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市市

    四日市市から見た遺跡遺跡

    朝明郡に存在した中世期の霜野郷が地名の由来である。1889年(明治22年)にが旧6村が合併した際に、大地主であった下田家と野呂家から一字をとり下野村となった説がある。条里制の奈良時代の遺跡があり、大鐘町の南に「五の坪」という地名が残っている。平安時代に下野荘と東大鐘村と八郷地区の萱生村・平津村・中村村を合わせて大金郷と呼ばれていて、金の生産が盛んだった。1889年(明治22年)に、山城村、中里村(現在の朝明町)、北山村、西大鐘村、東大鐘村(現在は大鐘町)、札場新田(現在の札場町)が合併して下野村となった。四日市市 フレッシュアイペディアより)

  • サガ フロンティア2

    サガ フロンティア2から見た遺跡遺跡

    東大陸西部で、ヴェスティアを中心としていくつかの遺跡が点在する西部と、統治者の居ない歴史が長い東部に分けられる。サガ フロンティア2 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の遺跡 (叢書)

    日本の遺跡 (叢書)から見た遺跡遺跡

    日本の遺跡(にほんのいせき)とは、同成社が発行している日本の遺跡を専門とする叢書。先史時代のみならず、幅広く日本の主要な考古遺跡をひとつ採上げ、一冊の本で取扱う。考古学者の菊池徹夫と坂井秀弥が監修、企画を担当し、2005年(平成17年)8月以来、一月に一冊弱のペースで刊行している。四六判、約二百のページ数で形式が統一されている。日本の遺跡 (叢書) フレッシュアイペディアより)

1191件中 41 - 50件表示

「遺跡」のニューストピックワード