909件中 41 - 50件表示
  • 伊場遺跡

    伊場遺跡から見た遺跡遺跡

    伊場遺跡(いばいせき)は、静岡県浜松市中区伊場地区にある弥生時代の集落遺跡。1954年(昭和29年)に県指定史跡に指定されたが、1973年(昭和48年)に指定解除された。伊場遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧池田遺跡

    小牧池田遺跡から見た遺跡遺跡

    小牧池田遺跡(こまきいけだいせき)は、現在の愛知県小牧市にある、戦国時代から江戸時代にかけての城下町の遺跡である。1563年(永禄6年)7月に織田信長が居城を清須城から小牧山に移つした時、山の南側に整備された。しかし1567年(永禄10年)に織田信長が岐阜城へ居城を移つすと小牧山城は廃城になり、町は縮小された。その後町は江戸時代まで続いたと考えられている。小牧池田遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 美咲 (シンガーソングライター)

    美咲 (シンガーソングライター)から見た遺跡遺跡

    2003年2月(当時17歳)、自分で作詞作曲を始め、路上にてライブを行うようになる。2004年3月高校を卒業後、信州・松本を拠点にシンガーソングライターの活動を開始。同年4月「地球?TERA?」が世界180ヶ国に広がるアースデイネットワーク・earthday.jpの公式ソングとなる。以後、全国各地でライブを行なう。自然、天体、宇宙、生命との交歓から生まれる歌の数々と、クラシック・ポップス・フォークソング、民謡、童謡などが融合した伸びやかな歌声はジャンルを超えた地球的信州歌謡の世界を紡ぎ上げている。現在は拠点を八ヶ岳に移し、太陽光発電で作った電力を使った「光合成LIVE」を展開したり、古代と現代を融合した新しいライブスタイルを開拓すべく「縄文の女神LIVE」を毎月・満月の日に開催しながら、奥深く脈々と受け継がれてきた日本文化を辿り、全国の遺跡、史跡、文化財、文化施設なども巡っている。美咲 (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の遺跡 (叢書)

    日本の遺跡 (叢書)から見た遺跡遺跡

    日本の遺跡(にほんのいせき)とは、同成社が発行している日本の遺跡を専門とする叢書。先史時代のみならず、幅広く日本の主要な考古遺跡をひとつ採上げ、一冊の本で取扱う。考古学者の菊池徹夫と坂井秀弥が監修、企画を担当し、2005年(平成17年)8月以来、一月に一冊弱のペースで刊行している。四六判、約二百のページ数で形式が統一されている。日本の遺跡 (叢書) フレッシュアイペディアより)

  • 常呂遺跡

    常呂遺跡から見た遺跡遺跡

    常呂遺跡(ところいせき)は、北海道北見市(旧常呂郡常呂町、北見国)にある擦文文化期およびオホーツク文化期の遺跡。国の史跡に指定されている。常呂遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 七曲古窯址群

    七曲古窯址群から見た遺跡遺跡

    七曲古窯址群(ななまがりこようあとぐん)は愛知県知多市にある遺跡である。七曲古窯址群 フレッシュアイペディアより)

  • 立石遺跡

    立石遺跡から見た遺跡遺跡

    立石遺跡(たていしいせき)は、山梨県甲府市下向山(旧東八代郡中道町下向山)にある遺跡。後期旧石器時代初頭から弥生時代、古墳時代にかけての複合遺跡。立石遺跡出土品は山梨県指定文化財。立石遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根遺跡群

    曽根遺跡群から見た遺跡遺跡

    曽根遺跡群(そねいせきぐん)は、福岡県糸島市にある遺跡群。国の史跡。曽根遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • 高蔵遺跡

    高蔵遺跡から見た遺跡遺跡

    高蔵遺跡(たかくらいせき)は愛知県名古屋市熱田区の高蔵町付近で発見された貝塚・古墳などの遺跡群の総称。高蔵貝塚、高蔵古墳群とも呼ばれる。高蔵遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅八郎記念館

    湯浅八郎記念館から見た遺跡遺跡

    大学に寄贈された湯浅博士による民芸品コレクション、および大学敷地内の遺跡から発掘された考古資料を中心に、その他美術品、歴史資料も含め、常設展示と年3回の企画展を行っている。また、企画展開催時には、関連テーマの公開講座も行われる。湯浅八郎記念館 フレッシュアイペディアより)

909件中 41 - 50件表示

「遺跡」のニューストピックワード