1191件中 51 - 60件表示
  • 北条氏常盤亭跡

    北条氏常盤亭跡から見た遺跡遺跡

    北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわていあと)は神奈川県鎌倉市常盤(深沢地域)にある遺跡で国の史跡に指定されている。北条氏常盤亭跡 フレッシュアイペディアより)

  • 関川尚功

    関川尚功から見た遺跡遺跡

    など奈良県内の各時代の遺跡の発掘調査に携わっている。関川尚功 フレッシュアイペディアより)

  • 日々にパノラマ

    日々にパノラマから見た遺跡遺跡

    海洋研究所、火山観測所、地熱発電所、等々の職員とその家族、国立の海洋大学の学生などが暮らす。単一の運営者による小中高一貫教育の学校が存在し、中等部は全学年1クラスの複式学級になっている。2月から11月にかけては温帯の夏のように暑いが、12月と1月だけは寒く、雪が降ったり氷山(島は北半球にあるのに何故か南極型)が漂着したりすることもある。神像や建物などの遺跡があり、前述の学校の高等部の校舎は遺跡の建物を利用している。日々にパノラマ フレッシュアイペディアより)

  • 吉川和男

    吉川和男から見た遺跡遺跡

    造岩鉱物の成因に関する研究、温泉沈殿物の鉱物学的研究、遺跡出土土器の鉱物学的研究など、専門である地学(岩石・鉱物)分野を中心に、理科教育の教材開発を研究テーマとしている。吉川和男 フレッシュアイペディアより)

  • 行脚

    行脚から見た遺跡遺跡

    仏教用語以外への転用の例としては、「選挙運動の全国行脚」、「遺跡行脚」、「釣り行脚」、「温泉行脚」などがある。行脚 フレッシュアイペディアより)

  • チャガル・バザール

    チャガル・バザールから見た考古遺跡遺跡

    チャガル・バザール(チャガル・バザル Chagar Bazar)はシリア北部にある、紀元前6千年紀から紀元前2千年紀にかけての考古遺跡。ハブール川の支流ダラ川(Dara)のほとりの遺丘(テル)にある。テル・チャガル・バザール(Tell Chagar Bazar)や Šagir Bazar とも表記される。チャガル・バザール フレッシュアイペディアより)

  • 一般調査

    一般調査から見た遺跡遺跡

    一般調査(いっぱんちょうさ、)、遺跡分布調査(いせきぶんぷちょうさ)、表面調査(ひょうめんちょうさ、)とは、考古学において、遺跡の立地、座標、所在、分布を確認するために、一定の範囲を踏査、もしくは表面の遺物散布状況を確認する調査、作業のことをいう。一般調査 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アンティクィテイ

    アメリカン・アンティクィテイから見た遺跡遺跡

    アメリカン・アンティクィテイ誌(American Antiquity)は、アメリカ考古学協会の機関誌で、世界的にも権威のある考古学の学術雑誌である。1月、4月、7月、10月の年4回刊行され、平均して1冊200ページくらいの厚さで編集されている。北米から南米までの遺跡や考古学の方法論に関する論文をはじめ、発掘調査レポート、書評、新刊紹介、コメントが掲載され、活発な論議がなされている。1990年以降、中南米の遺跡に関する論文やレポートは、Laten American Antiquity(ラテン・アメリカン・アンテクィテイ)誌に掲載することとなって、現在は主に北米の遺跡(例えば、ミシシッピ文化、ホープウェル文化、アナサジ、モゴヨン、ホホカムなどを含む南西部文化、フォルサム、クローヴィスなどの石器文化)に関する記事が掲載される。アメリカン・アンティクィテイ フレッシュアイペディアより)

  • ダルヴェルジン・テペ遺跡

    ダルヴェルジン・テペ遺跡から見た遺跡遺跡

    ダルヴェルジン・テペ遺跡 (ダルヴェルジン・テペいせき、ラテン文字:Dalverzin Tepe, Dalverzin Tepa) はウズベキスタン・スルハンダリヤ州南東部、州都テルメズより60km北東にある遺跡である。ラテン文字表記に従ってダルヴェルジン・テパ遺跡と表記されることもある。ダルヴェルジンはモンゴル語で「四角形」を、テペ (テパ、テッパ、) はペルシア語で「丘」を意味する。ダルヴェルジン・テペ遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 史蹟名勝天然紀念物保存法

    史蹟名勝天然紀念物保存法から見た遺跡遺跡

    当時、遺跡保存の運動の中心にいたのは東京帝国大学で国史学教室を主宰していた黒板勝美であった。黒板は、遺跡保存の先進地であったイギリスに留学経験のある日本の古代史学者であり、保存すべき対象として国史学で用いられることの多かった「史蹟(史跡)」の語を用いた。それに対し、「天然紀念物(天然記念物)」の語を用いたのは、東京帝大の植物学教授三好学である。かれはドイツに留学したが、ドイツには「文化記念物」(クルトゥール・デンクマール :de:Kulturdenkmal)と「自然記念物」(ナトゥール・デンクマール :de:Naturdenkmal)の分類があり、このうちの後者の概念を輸入した。法律の名称が「史蹟名勝天然紀念物保存法」と長いものになった理由はここにある。史蹟名勝天然紀念物保存法 フレッシュアイペディアより)

1191件中 51 - 60件表示

「遺跡」のニューストピックワード