909件中 51 - 60件表示
  • 大山古墳群

    大山古墳群から見た遺跡遺跡

    大山古墳群(おおやまこふんぐん)は、愛知県小牧市の大山地区と野口地区の丘陵地にある古墳群。詳しい調査は行なわれていないが、残された石室などから古墳時代のものと考えられている。この辺りには条里の遺跡もわずかに見つかっており、古くから人が住んでいたことが分かっている。また7世紀後半、古墳群の東側に正福寺が創建され非常に栄えた。古墳が建設されなくなった時期とこの寺の創建が重なることから、仏教の布教により建設されなくなったのではないかと考えられている。大山古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 小木古墳群

    小木古墳群から見た遺跡遺跡

    織田井戸遺跡 - 古墳群の近くにある縄文時代から弥生時代にかけての遺跡小木古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 大山窯

    大山窯から見た遺跡遺跡

    大山窯(おおやまよう)とは、かつて愛知県小牧市の大山地区に存在した、明治時代の窯(かま)の遺跡である。1872年(明治5年)に作られ、1910年(明治43年)に廃業するまで、色々な種類の陶磁器を生産していた。窯は全部で3つ見つかっており、隣り合うように並んでいた。1994年(平成6年)に本格的な調査が行なわれた後取り壊され、現在は遺跡のあった場所には複数の福祉施設が建てられている。大山窯 フレッシュアイペディアより)

  • 新町遺跡

    新町遺跡から見た遺跡遺跡

    新町遺跡(しんまちいせき)とは、かつて愛知県小牧市中部に存在した、戦国時代の城下町の遺跡である。1563年(永禄6年)7月に織田信長が居城を清須城から小牧山に移つした後、山の南側に町が整備された。この遺跡は当時織田信長が整備した町の東端に辺り、発掘調査から主に武家屋敷や下級武士の住居があったことが解かっている。1567年(永禄10年)に織田信長が岐阜城へ居城を移つすと小牧山城は廃城になり、町は縮小された。その際西側は江戸時代初期まで続いたが、この遺跡のある東側は堀が埋められるなど、居住域としては使われなくなった。1989年(平成元年)に遺跡が見つかり、数回にわたって調査が行なわれた。しかし小牧市立小牧中学校をこの地に移転させる為、遺跡部分は盛り土で覆い、地下に保存されることとなった。1998年(平成10年)に、同地に小牧中学校が移転。現在遺跡があった場所は、同中学校のグラウンドとなっている。新町遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 上御園遺跡

    上御園遺跡から見た遺跡遺跡

    上御園遺跡(かみみそのいせき)とは、かつて愛知県小牧市中部に存在した、戦国時代の城下町の遺跡である。城下町は、1563年(永禄6年)7月に織田信長が居城を清須城から小牧山に移つした後、整備された。この遺跡はこの町の西端に当り、発掘調査から主に商工業者が住んでいた場所であると考えられている。1567年(永禄10年)に織田信長が岐阜城へ居城を移つすと、小牧山城は廃城になり、町は縮小された。しかし町の西側部分は、江戸時代初期まで続くこととなる。上御園遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 田井原遺跡

    田井原遺跡から見た遺跡遺跡

    田井原遺跡(たいのはるいせき)は、大分県竹田市田井にある縄文時代晩期から弥生時代初頭の遺跡田井原遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 井戸尻遺跡

    井戸尻遺跡から見た遺跡遺跡

    井戸尻遺跡(いどじりいせき)は、長野県諏訪郡富士見町にある遺跡。縄文時代中期を中心とする集落遺跡。井戸尻遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 織田井戸遺跡

    織田井戸遺跡から見た遺跡遺跡

    織田井戸遺跡(おだいどいせき)は、かつて愛知県小牧市小木にあった、縄文時代から弥生時代にかけての遺跡である。1981年に本格的な調査が行なわれ、多数の遺物が出土している。現在遺跡があった場所は、愛知県道451号名古屋外環状線となっている。織田井戸遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏常盤亭跡

    北条氏常盤亭跡から見た遺跡遺跡

    北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわていあと)は神奈川県鎌倉市常盤(深沢地域)にある遺跡で国の史跡に指定されている。北条氏常盤亭跡 フレッシュアイペディアより)

  • 高根遺跡

    高根遺跡から見た遺跡遺跡

    高根遺跡(たかねいせき)は、愛知県小牧市東部の丘陵地帯に位置する遺跡。周辺に篠岡古窯跡群がある事から、これに関係した作業場ではないかと考えられている。1956年に愛知県の指定史跡に指定される。高根遺跡 フレッシュアイペディアより)

909件中 51 - 60件表示

「遺跡」のニューストピックワード