1191件中 71 - 80件表示
  • デイマーハム

    デイマーハムから見た遺跡遺跡

    2009年、ウィルトシャーにあるストーンヘンジの南24kmの地点に、およそ6000年前の新石器時代の未発掘の墳丘墓(:en:long barrows)を含む、イギリスでは最古のものと推定される複合遺跡があることが判明した。イングリッシュ・ヘリテッジによる航空写真調査で同地にミステリーサークル状のものがあることが観察され、現地調査を行ったところ遺跡が発見されたというものである。デイマーハム フレッシュアイペディアより)

  • オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地

    オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地から見た遺跡遺跡

    オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地(オークニーしょとう の しんせっきじだい いせき ちゅうしんち、英語:)は、イギリスにあるユネスコ世界遺産の一つ。オークニー諸島のメインランド島に残る、新石器時代に属する4種の遺跡を対象とする。オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地 フレッシュアイペディアより)

  • 高根横穴墓群

    高根横穴墓群から見た遺跡遺跡

    高根横穴墓群(たかねおうけつぼぐん)は、埼玉県熊谷市にある古墳時代の横穴墓群の遺跡。高根山北面の山頂付近、標高約89メートルの地点に凝灰岩の岩盤をくりぬいて構築された。現在1基(高根山1号墓)が開口しているが、周辺にはまだ数基ほど埋没していると思われる。1997年(平成9年)1月20日付けで江南町(当時)の史跡に指定された。高根横穴墓群 フレッシュアイペディアより)

  • グワーハーティー

    グワーハーティーから見た遺跡遺跡

    街の遺跡などから、4世紀には人々が集まって暮らしていたとされる。7世紀に玄奘三蔵が訪問している。の都のプラジョティーシュプラのあった場所である。グワーハーティー フレッシュアイペディアより)

  • 考古部 (タイ)

    考古部 (タイ)から見た遺跡遺跡

    考古部は、国指定文化遺産、世界遺産、考古学遺跡、歴史記念物、遺物の管理保存し、社会、国家の発展のために研究、分析、調査を行う。さらに調査データの結果の公表、出版することも職務としている。また、同部には、1974年にデンマークの考古学者の協力により創設された水中考古学課があり、タイ湾沿岸を中心に海洋考古学調査が行われている。考古部 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 近世考古学

    近世考古学から見た遺跡遺跡

    近世考古学(きんせいこうこがく)とは、有史考古学(ゆうしこうこがく)の一つで、いわゆる「近世」の遺跡・遺物を研究の対象とする考古学のことである。近世考古学 フレッシュアイペディアより)

  • 中世考古学

    中世考古学から見た遺跡遺跡

    中世考古学(ちゅうせいこうこがく)とは、有史考古学(ゆうしこうこがく)の一つで、いわゆる「中世」の遺跡・遺物を研究の対象とする「中世の考古学」(medieval archaeology)のことである。中世考古学 フレッシュアイペディアより)

  • テル・エル・ファハリヤ

    テル・エル・ファハリヤから見た考古遺跡遺跡

    テル・エル・ファハリヤ(Tell el Fakhariya、Tell el Fecheriyeh)は現在のシリア北東部ハサカ県のハブール川流域にある考古遺跡。シリア・トルコ国境のシリア側の街ラース・アル=アイン(Ras al-'Ayn)のすぐ近くにあり、付近には新石器時代の遺跡テル・ハラフ(後のアラム人の都市国家グザナもしくはゴザン)も存在する。テル・エル・ファハリヤ遺跡がフルリ人の国ミタンニ王国の首都・ワシュカンニ(Washukanni)ではないかとする説があるが、まだ遺跡の発掘は不十分であり、ミタンニ時代の大規模な遺構などといった決定的な証拠は見つかっていない。テル・エル・ファハリヤ フレッシュアイペディアより)

  • エトルリア数字

    エトルリア数字から見た遺跡遺跡

    エトルリア数字に関しては、ごく僅かの証拠しか残っていない。大きな数字に関しての記号は遺跡より発掘されているが、各々の数字がどのような記号で表されるかは証拠が見つかっていない。しかしトスカーナで発見されたサイコロに書かれた数字のおかげで、zal, ci, huθ そして śaが6の目の周りにある数(1と5以外の目)であるという事実が、確たる物になった。この割り当ては、エトルリアのサイコロも今日の物と同様、自分と反対側との目の和が7であるという疑問に対する解答に頼っている物である。実際の所、エトルリアのサイコロは、必ずしもこのパターンになっていない(自分と反対側との目の和が7でない)物も見つかっているのである。エトルリア数字 フレッシュアイペディアより)

  • ミヌシンスク

    ミヌシンスクから見た遺跡遺跡

    ミヌシンスク盆地は古代の遺跡が多く、アファナシェヴォ文化・タガール文化・タシュティク文化はいずれもミヌシンスク近くの地名に基づく。1739年に植民都市が開かれ、ミヌサ川のエニセイ川への合流地点であることから名がついた。19世紀初めには農業や交易の中心地となり、さらに南シベリアの重要都市に発展した。政治犯の流刑地にもなり、レーニンは1897年から1900年まで近郊のシュシェンスコエに流刑されている間たびたびミヌシンスクを訪れている。ロシア内戦ではミヌシンスク蜂起(1918年)が起きた。ミヌシンスク フレッシュアイペディアより)

1191件中 71 - 80件表示

「遺跡」のニューストピックワード