909件中 71 - 80件表示
  • 磨製石器

    磨製石器から見た遺跡遺跡

    磨製石剣には、柄の部分まで含んだ剣全体を1つの石材から丁寧に研磨してつくった有柄式磨製石剣と、剣先部分だけを磨きあげた鉄剣形磨製石剣があり、北部九州からは両方出土している。近畿地方の弥生時代の遺跡で出土する畿内式打製尖頭器は、鉄剣形磨製石剣を模倣したものとされ、槍・剣・戈などとして用いられた。磨製石器 フレッシュアイペディアより)

  • 中安遺跡

    中安遺跡から見た遺跡遺跡

    中安遺跡(なかやすいせき)は、かつて大分県大分市城原に存在した遺跡である。中安遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 神田城

    神田城から見た遺跡遺跡

    現在、「那須神田城趾公園」として整備されている。遺構は、方形単郭式の典型的な形態を遺存しており、一部は農地に変わってしまったものの、中世城館の趣を今に伝える数少ない遺跡である。神田城 フレッシュアイペディアより)

  • 中里遺跡 (小田原市)

    中里遺跡 (小田原市)から見た遺跡遺跡

    中里遺跡(なかざといせき)は神奈川県小田原市中里にある弥生時代の集落遺跡。関東地方の弥生時代の集落としては最初期のものとされる。中里遺跡 (小田原市) フレッシュアイペディアより)

  • 真脇遺跡

    真脇遺跡から見た遺跡遺跡

    真脇遺跡(まわきいせき)は、石川県鳳珠郡能登町字真脇にある縄文時代前期から晩期にいたる集落跡の遺跡である。真脇遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 星野遺跡

    星野遺跡から見た遺跡遺跡

    星野遺跡(ほしのいせき)は、栃木県栃木市星野山口付近(栃木市市街地から北西約10キロ、足尾山塊から発する永野川左岸の台地上にある。)にある縄文海進時代の遺跡である。縄文時代の遺物が、田畑の表面のそこらじゅうにちらばっている。付近は永野川流域にあり、永野川に沿って同様の遺跡が他にも散在している。旧石器時代の石器に似た遺物が、畑を耕していた所から発見されたのをきっかけに、1965年(昭和40)から1978年まで5次にわたって東北大学の芹沢長介教授らにより調査が行なわれ、その後遺跡記念公園・遺跡記念館が作られ、訪れる者も増えた。発掘の結果は原人が活躍した前期旧石器時代で約8万年前の遺跡として発表されたが、多くの問題点が残った。星野遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 大中遺跡

    大中遺跡から見た遺跡遺跡

    大中遺跡(おおなかいせき)は、兵庫県加古郡播磨町に位置する、弥生時代中期から古墳時代中期の代表的な遺跡の一つ。国の史跡に指定されている。大中遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉宮町遺跡

    住吉宮町遺跡から見た遺跡遺跡

    住吉宮町遺跡(すみよしみやまちいせき)とはJR住吉駅周辺、兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3・4・5・6・7丁目、住吉本町1・2丁目、住吉東町4・5丁目にわたって所在する東西750メートル、南北650メートルの弥生時代〜近世の複合遺跡である。包蔵地面積22万m²。住吉川右岸の完新世に形成された標高20メートル前後の扇状地に立地する。住吉宮町遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 小保戸遺跡

    小保戸遺跡から見た遺跡遺跡

    小保戸遺跡(こほといせき)は、神奈川県相模原市緑区小倉にある旧石器時代の遺跡。周囲に大保戸遺跡、川を挟んだ対岸に津久井城の史跡が存在する。小保戸遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 葺石

    葺石から見た遺跡遺跡

    戦後急増した、遺跡の破壊をともなう大規模開発にかかわる緊急発掘調査では、記録を保存するためにかえって徹底的な調査がおこなわれることとなった。このような調査の初期の成果としては、原口正三と西谷正による大阪府高槻市の弁天山C1号墳の調査がある。1967年(昭和42年)刊行の弁天山古墳群の発掘調査報告書では、葺石の積み方、単位面積あたりの使用個数と重量測定、葺石の石材採取地と搬入ルートの探索などの検討がなされており、これについて青木敬は、そののち本報告書以上に葺石について検証作業を積み重ねて調査成果をあげた報告書はほとんど現れなかったと述べている。葺石 フレッシュアイペディアより)

909件中 71 - 80件表示

「遺跡」のニューストピックワード