1191件中 81 - 90件表示
  • 城山 (キエフ)

    城山 (キエフ)から見た遺跡遺跡

    城山(ウクライナ語:Замкова гора、ザームコヴァ・ホラー)は、ウクライナの首都キエフにある歴史的地名。ドニプロ川の右岸に位置する小高い丘、キエフ台地の一部。高さは90?100メートル。急斜面を持つ。名称は中世後期のキエフ城にちなむ。古キエフ山、シュチェーク山、ホンチャリー地区、コジュミャーキ地区、ポジール地区の間に位置する。最古の遺跡は紀元前3世紀に遡る。考古学の資料によれば、5世紀末から6世紀初頭にかけてキエフの原型となる集落があったという。9世紀から10世紀にはキエフ大公国の大公の離宮があったとされる。1370年代には山頂にキエフ公国の公爵の城が建設された。15世紀にリトアニア大公国のキエフ県が設置されると、キエフ県知事の城となった。1482年にクリミア・ハン国のメングリ1世ギレイの来襲によってキエウ城が焼失したが、1545年に再建された。17世紀に、アダム・キシーリがキエフ県知事となってキエフ城に置かれたことにちなんで、城山はキシーリ山(Киселівка、キセリーウカ)と呼ばれるようになった。1651年に、フメリヌィーツィキーの乱の際、ウクライナ・コサックがキエフ城を陥落させて廃止した。以後、城山は農地となった。1816年から墓地として利用されるようになり、1834年にフローリウ修道院の所有地となった。これによってキシーリ山はフローリウ山(Флорівська гора)と改名された。山頂に修道院の教会が建立され、フローリウ墓地の周りに垣が設けられた。ソ連時代には教会と墓地は破壊され、荒地となった。1990年代に山頂にウクライナ・シーチ銃兵隊の記念碑が立てられた。城山 (キエフ) フレッシュアイペディアより)

  • 大歳山遺跡公園

    大歳山遺跡公園から見た遺跡遺跡

    もともと、山田川近くにあったとされる大歳神を祀る大歳神社があったために、大歳山と呼ばれていた地である。直良信夫の発掘により縄文時代の土器が出土した。その後も旧石器時代、縄文時代、弥生時代と様々な時代のものが出土して石器時代の人々が同じ地に長い間暮らしていたものとなされている複合遺跡。公園内には、1972年に復元された竪穴住居があり、また、周りは開発によって大歳山が削られて遺跡が高台になっていることから明石海峡大橋を望むビューポイントとしてカメラマン等が多く訪れる。大歳山遺跡公園 フレッシュアイペディアより)

  • ペンシルベニア大学考古学人類学博物館

    ペンシルベニア大学考古学人類学博物館から見た遺跡遺跡

    1965-1970年、グアテマラ ティカルのマヤ遺跡を発掘。 ペンシルベニア大学考古学人類学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 生産遺跡

    生産遺跡から見た遺跡遺跡

    生産遺跡(せいさんいせき)とは、遺跡のうち、生産(ものづくり)に関わったあとの残る遺跡。製塩遺跡・製鉄遺跡・鍛冶遺跡・炭窯・鋳造遺跡・銭貨鋳造所跡・水田跡・水路跡・畑跡・窯跡・土器生産遺構・埴輪生産遺構・各種工房跡・工場跡などの総称。粘土採掘坑や鉱山跡などの原料採取の場を含み、原料精製、目的とするものの製作に至る作業場など一連の生産にかかわるすべての遺跡を呼称する。生産遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 温罨法

    温罨法から見た遺跡遺跡

    北京原人の遺跡から熱した石が発見されており、この時代にルーツを求める考古学者もいる。後に鍼の原型である砭石(べんせき)を用いる治療法が出現し、更には表面が丸や平らになった温罨法の専用の砭石が出現するようになり、これが温石のルーツとなった。温罨法 フレッシュアイペディアより)

  • アッセンブリッジ

    アッセンブリッジから見た遺跡遺跡

    アッセンブリッジ (assemblage) とは、考古学上の用語ないしは概念で、一遺跡の一地点の同時期的な遺物群の器種(機能、用途による分類単位。e.g.甕、鉢、皿、壷、碗など)と形式(型式論的な分類、その時期に特徴的な器、遺物の形状など)の組み合わせ、そしてそれらの量的な比率を総体としてとらえた場合の手法としての概念ないしは用語である。アッセンブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 古津八幡山遺跡

    古津八幡山遺跡から見た遺跡遺跡

    古津八幡山遺跡(ふるつはちまんやまいせき)は、新潟県新潟市秋葉区古津、金津および蒲ヶ沢にまたがる遺跡。遺跡の中には、古津八幡山古墳もある。古津八幡山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 大野川 (松本市)

    大野川 (松本市)から見た遺跡遺跡

    旧石器時代の遺跡の特徴や近隣の遺跡分布などを見ると、乗鞍高原にその遺跡があっても不思議ではないのだが、今のところ発見がない。大野川 (松本市) フレッシュアイペディアより)

  • 伝源経基館跡

    伝源経基館跡から見た遺跡遺跡

    最終的な城作りは防衛重視に作られており室町から戦国期の、もっと規模の大きな城の一部であるとの説もあるが、周りからはそのような事を示す遺跡は発見されていない。伝源経基館跡 フレッシュアイペディアより)

  • 天神山横穴墓群

    天神山横穴墓群から見た遺跡遺跡

    天神山横穴墓群(てんじんやまおうけつぼぐん)は、埼玉県比企郡滑川町にある古墳時代の横穴墓群の遺跡。1991年県の史跡に指定された。谷田にのぞむ標高68.9メートルの天神山南西斜面(標高64~52メートル)に分布している。昭和33年の滑川村総合調査により初めて学術的に認識された。平成元年滑川町教育委員会が行った分布状況確認のレーダー探査により26基の所在が確認された。平成2年県立さきたま資料館により1号、2号横穴墓の発掘と3号横穴墓の閉塞部の確認が行われた。天神山横穴墓群 フレッシュアイペディアより)

1191件中 81 - 90件表示

「遺跡」のニューストピックワード