避難勧告 ニュース&Wiki etc.

避難勧告(ひなんかんこく)とは、対象地域の土地、建物などに被害が発生する恐れのある場合に住民に対して行われる勧告。災害対策基本法60条に基づき、原則市町村長の判断で行われる。原子力事故の場合は原子力災害対策特別措置法第26条により避難指示が規定されている。 (出典:Wikipedia)

「避難勧告」Q&A

  • Q&A

    避難指示と避難勧告の差が問題ですが。 実は勧告という言葉は強烈なイメージがあるので…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月12日 15:44

  • Q&A

    玄倉川水難事故(1999)の被害者達は、なぜ避難勧告を受けても避難しなかったのですか…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月5日 20:57

  • Q&A

    ▼この事実は↓【日米の分断がノルマの工作員】にとって、 極めて都合が悪いんだろう? …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月4日 15:17

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「避難勧告」のつながり調べ

  • 玄倉川水難事故

    玄倉川水難事故から見た避難勧告

    1999年の夏は、平年では日本の東海上の北緯30度付近にある太平洋高気圧の中心が40度付近にまで北上した。この結果、北日本・東日本は猛暑、四国や九州は曇りや雨模様が続く「東高西低」の気象となり、8月上旬の札幌での平均最高気温が那覇を上回るという異常気象だった。また、通常では珍しい北緯20度以北での熱帯低気圧の発生が多数みられ、台風に発達するエネルギーは得られないものの、日本列島に頻繁に接近・上陸して不安定な天気をもたらした。7月23日には長崎県諫早市で1時間に100mmを超える記録的な集中豪雨が観測され、市内全域に避難勧告が出されたほか、事故3日前の8月11日にも近畿地方で約1700棟が浸水する被害が出るなど、各地で水害が生じていた。(玄倉川水難事故 フレッシュアイペディアより)

  • 土石流

    土石流から見た避難勧告

    土石流の発生は、雨量計で把握できない局所的な集中豪雨が引き金となる場合もあるので、地元自治体からの避難勧告はもとより、地域住民の自発的な判断による早めの自主避難が重要である。特に、上流域での突発的な雷雨には十分な注意が必要である。自分たちのいる場所では天気が良くても、上流域で集中豪雨などがあった時、山の方から聞いたこともない音(地鳴り、山鳴り)がする、普段は水が流れていない箇所から水が噴き出した、急に河川の水量が減ったなど聞き慣れない、見慣れない現象が起きた場合は、速やかに避難すべきである。(土石流 フレッシュアイペディアより)

「避難勧告」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「避難勧告」のニューストピックワード