避難勧告 ニュース&Wiki etc.

避難勧告(ひなんかんこく)とは、対象地域の土地、建物などに被害が発生する恐れのある場合に住民に対して行われる勧告のこと。災害対策基本法60条に基づき、原則市町村長の判断で行われる。原子力事故の場合は原子力災害対策特別措置法第26条により避難指示が規定されている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「避難勧告」のつながり調べ

  • 広域避難場所

    広域避難場所から見た避難勧告

    避難場所へは被害が発生してから集まるだけではなく、災害発生が予想され発令される避難勧告・避難指示の時にも集合する場所となる。このような初期避難においても重要な拠点であるので、避難する際には自治体の誘導に従い、各自の適切な判断にて、広域避難場所に避難することが肝要である。また日ごろから、居住地域、就労地域の避難場所を確認しておくことも重要である。(広域避難場所 フレッシュアイペディアより)

  • 警戒区域

    警戒区域から見た避難勧告

    戦後日本では、災害対策基本法第63条に基づいて、災害による退去を命じられる区域をいう。同法第60条の避難の指示(避難勧告)とは異なり、罰則付きで区域内への立ち入りが制限・禁止され、許可なく区域内にとどまる者には退去が強制されるため、同法第63条の適用の是非を巡っては慎重の上にも慎重な姿勢がとられる。事実上の避難命令に該当する。なお、人が居住する地域に警戒区域が設定されたのは雲仙普賢岳平成新山の噴火活動によるものが初めてで、全島避難により大きなニュースとなった1986年の伊豆大島、三原山の噴火でも法令上は避難の勧告にとどまったとされている。(警戒区域 フレッシュアイペディアより)

「避難勧告」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「避難勧告」のニューストピックワード