前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • 熊沢川

    熊沢川から見た避難勧告避難勧告

    1997年5月11日、熊沢川支流の赤川・澄川流域より大量の土砂が流れ込み土石流が発生し澄川、赤川周辺の温泉街の旅館などに甚大な被害を出した。なお迅速な避難勧告により死傷者はなかった。熊沢川 フレッシュアイペディアより)

  • 平成20年8月末豪雨

    平成20年8月末豪雨から見た避難勧告避難勧告

    8月28日の日中には、豊橋市で豪雨を記録し、柳生川や内張川が氾濫し、182ヶ所の道路が冠水するなど被害を受けた。1,141世帯に避難勧告が出された。平成20年8月末豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 平成23年台風第15号

    平成23年台風第15号から見た避難勧告避難勧告

    大雨によって新燃岳の噴火による土石流の危険性が高まったことで、宮崎県都城市では20日、一部住民に避難勧告を出した。平成23年台風第15号 フレッシュアイペディアより)

  • 危険水位

    危険水位から見た避難勧告避難勧告

    川には水位を測るメーターがのような物が立っており、そのメーターの赤い線(それが危険水位の高さ)を川の水位が超したとき、危険水位と判断され、河川からの避難勧告が出される。また、稀ではあるがダム等の放流で危険水位に達する、ということもある。そのため、雨などが激しく降っているときは、河川には近づかないのが安全である。危険水位 フレッシュアイペディアより)

  • 避難準備

    避難準備から見た避難勧告避難勧告

    避難勧告や避難指示が発令されてからでは「災害時要援護者」の避難終了が間に合わない(時間を要する)ことから、考案された。避難準備情報の発令に基づき、要援護者を避難を行うことになっており、準備とは言うものの援護者は実際に避難が開始されることとなっている。避難は、学校や病院・福祉事務所などのそれぞれの機関で作成されている「地域防災計画」や「防災業務計画」に基づき行われる。避難準備 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏の局地的荒天続発

    2008年夏の局地的荒天続発から見た避難勧告避難勧告

    行政の対策に対して、非難の声がある一方、仕方が無い部分もあるという意見がある。豪雨による冠水被害が出た愛知県岡崎市では全市民に対する避難勧告が十分に行き渡らず避難したのはたった51人という事態となったが、豪雨災害の経験の有無が対策に影響すると言われている。防災の体制や制度などは自治体の裁量が大きいため、各自治体に工夫が求められているとの指摘がある。また、豪雨の増加に対してどのように対策を変えていくべきかという課題もある。2008年夏の局地的荒天続発 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美豪雨 (2010年)

    奄美豪雨 (2010年)から見た避難勧告避難勧告

    最大1,366世帯2,822人に避難指示・勧告奄美豪雨 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • 広域避難場所

    広域避難場所から見た避難勧告避難勧告

    避難場所へは被害が発生してから集まるだけではなく、災害発生が予想され発令される避難勧告・避難指示の時にも集合する場所となる。このような初期避難においても重要な拠点であるので、避難する際には自治体の誘導に従い、各自の適切な判断にて、広域避難場所に避難することが肝要である。広域避難場所 フレッシュアイペディアより)

  • 避難指示

    避難指示から見た避難勧告避難勧告

    災害対策基本法第60条では「災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、人の生命又は身体を災害から保護し、その他災害の拡大を防止するため特に必要があると認めるとき」でかつ避難勧告よりも緊急度が高い場合にすることができる。罰則は災害対策基本法63条により設定された警戒区域に権限なく立ち入った場合に適用される。判断は市町村長が行い、市町村長が行えない場合は都道府県知事が代行する。市町村長が指示できない場合や、市町村長の要求があった場合、警察官と海上保安官が避難を指示できる。避難指示 フレッシュアイペディアより)

  • 避難命令

    避難命令から見た避難勧告避難勧告

    日本における避難勧告や避難指示とは異なり、日本にはこれにあたる制度はない。避難指示の次の段階として「避難命令」があると思われがちであるが、これは誤りである。避難命令 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示