33件中 21 - 30件表示
  • 玄倉川水難事故

    玄倉川水難事故から見た避難勧告避難勧告

    1999年の夏は、平年では日本の東海上の北緯30度付近にある太平洋高気圧の中心が40度付近にまで北上した。この結果、北日本・東日本は猛暑、四国や九州は曇りや雨模様が続く「東高西低」の気象となり、8月上旬の札幌での平均最高気温が那覇を上回るという異常気象だった。また、通常では珍しい北緯20度以北での熱帯低気圧の発生が多数みられ、台風に発達するエネルギーは得られないものの、日本列島に頻繁に接近・上陸して不安定な天気をもたらした。7月23日には長崎県諫早市で1時間に100mmを超える記録的な集中豪雨が観測され、市内全域に避難勧告が出されたほか、事故3日前の8月11日にも近畿地方で約1700棟が浸水する被害が出るなど、各地で水害が生じていた。玄倉川水難事故 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急警報放送

    緊急警報放送から見た避難勧告避難勧告

    8時00分、折から停滞した梅雨前線による豪雨のため、熊本県小国町長が杖立地域(109世帯)と湯鶴地区(41世帯)に避難勧告を出し、。杖立川が氾濫したものの、結果として同町には災害救助法が適用されるような大きな被害はなく、同日17時30分に避難勧告は解除された。緊急警報放送 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の気象・地象・天象

    2011年の気象・地象・天象から見た避難勧告避難勧告

    1月30日 - 新燃岳の火山活動で宮崎県西諸県郡高原町の一部地域に避難勧告2011年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ムラピ山

    ムラピ山から見た避難勧告避難勧告

    2006年5月より火山活動が活発になり、同年5月13日に避難勧告が発令され、15日には大規模な火砕流が起こった。2人死亡。ムラピ山 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄本島近海地震

    沖縄本島近海地震から見た避難勧告避難勧告

    沖縄本島、奄美諸島、トカラ列島では沿岸の住民に避難勧告が発令された。沖縄本島近海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄砲水

    鉄砲水から見た避難勧告避難勧告

    豪雨の時には自治体などから避難勧告が発令されたり、地鳴りなどの異常を感じたら、すみやかに避難することと、自治体などの避難体制の整備が必要である。鉄砲水 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た避難勧告避難勧告

    土砂災害、洪水、噴火、火災、爆発、その他の災害が発生する可能性がある場合、自治体は対象となる居住者に避難を呼びかける。レベルの低い順から避難準備情報、避難勧告、避難指示、警戒区域設定、災害緊急事態発布となる。これらの情報は主に防災無線を経由して、広報車、屋外スピーカー、個別受信機、また自治体のウェブサイトなどで告知される。突発的な災害や災害意識の薄い場合には、この情報伝達が不十分となり避難が遅れる場合があり、問題となっている。なお、日本では住民に対して強制力を持つ「避難命令」は存在しないほか、事実上の国家非常事態宣言である災害緊急事態は災対法上規定されているものの実際に発動された事はない。災害 フレッシュアイペディアより)

  • 気象警報

    気象警報から見た避難勧告避難勧告

    報道などにおいて「○○地方気象台が●●警報(注意報)を発令した」と表現されることがままあるが、正式には「発表」という表現が正しい。なお、災害対策基本法には「災害に関する予報又は警報の発令」が規定されており、これに基づき地方自治体が避難指示や避難勧告を発することは「発令」という。気象警報 フレッシュアイペディアより)

  • 洪水

    洪水から見た避難勧告避難勧告

    これらはその発表における判断は各々の事例において直近の自然災害や降雨状況などを総合的に判断してなされるものであり、それぞれの発表について明確な数値基準はない。なお、具体的な一例として、洪水警報は平野部において1時間雨量で40?50ミリ以上、3時間雨量で70ミリ以上、24時間雨量で140?200ミリ以上(北海道は100ミリ以上)が大体の目安とされる。また、都道府県や市町村の首長から住民に対して、特に警戒を促すため状況に応じて「避難準備」「避難勧告」「避難指示」が発令されることもある。洪水 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の歴史

    高松市の歴史から見た避難勧告避難勧告

    8月30日16時45分高松地域に大雨洪水警報が発令。21時30分頃から高松市の屋島地区から中心部、下笠居地区にかけて住宅の浸水や道路冠水が発生し、22時10分から床上浸水が始まる。その後22時から22時40分にかけて被害の想定される地域に相次いで避難勧告が発令されたが、この時、後に最悪の被害を出すことになった福岡町や松島町周辺には避難勧告が発令されなかった。避難勧告の出された瀬戸内町では指定避難場所の日新小学校が浸水したため、自宅の二階や付近の店舗などに待機する住民が続出した。同じ頃海水が逆流し水位が上昇した詰田川沿いの木太町では自主避難をする住民もいた。浸水は一部の地区を除き8月31日1時30分頃までには解消に向かっていたが、福岡町など一部の地域では9月1日未明まで冠水したままであり、ゴムボートが出動し自動車が立ち往生したりマンホールから水が噴出す光景がローカルニュースなどで伝えられた。高松市の歴史 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「避難勧告」のニューストピックワード