邪馬台国 ニュース&Wiki etc.

邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつである。ちなみに、ここで使われている国(くに)とは、この時代の中国漢文でいう国(こく)=塀、柵、堀などで囲われた砦の町のことである。 (出典:Wikipedia)

「邪馬台国」Q&A

  • Q&A

    日本の歴史について! 弥生時代、倭には奴国というクニがあったじゃないですか? 今、日…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年12月7日 12:50

  • Q&A

    透視家は霊界の透視もできるのか: ジョン・マクモニーグルが、卑弥呼を透視して邪馬台国

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月1日 02:13

  • Q&A

    弥生時代の邪馬台国の女王・卑弥呼と古墳時代の皇室とは関係はあるのですか?

    [続きを読む]

    回答数:16質問日時 - 2016年11月25日 12:28

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「邪馬台国」のつながり調べ

  • 鳥居原狐塚古墳

    鳥居原狐塚古墳から見た邪馬台国

    赤烏元年鏡は国の重要文化財に指定され、一宮浅間神社(市川三郷町)に所蔵されている(東京国立博物館に寄託)。直径12.5センチメートルの紀年銘鏡で、大陸南部の呉の年号である赤烏元年(238年)の紀年銘をもつ。日本列島では弥生時代には大陸から威信材として青銅製品が移入されており、山梨県内でも貨泉や舶載鏡や出土している。大陸で朝鮮半島から遼東半島地域を支配していた公孫氏は魏と敵対する一方で呉と外交関係があったが、鏡に記されている赤烏元年には魏に滅ぼされている。『魏志倭人伝』によれば、日本列島では翌年に邪馬台国の女王卑弥呼が魏に朝貢して親魏倭王の称号を与えられたといわれ、こうした東アジアの政治状況のなかで、紀年銘鏡は呉と倭国間の外交関係、あるいは公孫氏を介しての通交によりもたらされたと考えられている(宮野淳一による)。(鳥居原狐塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 大和民族

    大和民族から見た邪馬台国

    他、有名なものとしては『三国志』中の「魏書」(全30巻)に書かれている東夷伝(東方異民族の列伝)にある倭人の記述、俗に言う魏志倭人伝である。ここで邪馬台国の記述が初めて登場し、倭人の風俗についても、これまでの文献からは比べ物にならないくらい詳細に書かれている。ただし、これらは当時の中華民族による視点から書かれたものであり、倭人自身による歴史の記述は、さらに後のこととなる。(大和民族 フレッシュアイペディアより)

「邪馬台国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「邪馬台国」のニューストピックワード