前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示
  • 卑弥呼

    卑弥呼から見た邪馬台国邪馬台国

    卑弥呼(ひみこ、生年不明 - 248年頃)は、『魏志倭人伝』等の中国の史書に記されている倭国の王(女王)。邪馬台国に都をおいていたとされる。封号は親魏倭王。後継には親族の壹與が女王に即位したとされる。卑弥呼 フレッシュアイペディアより)

  • 張明澄

    張明澄から見た邪馬台国邪馬台国

    また、『誤読だらけの邪馬台国』(1992年久保書店)では、『魏志』「倭人伝」を正しく読めば、邪馬台国の位置は出水平野にあったとするが、これについても反響が乏しく、これといった賛同も反論もない。張明澄 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た邪馬台国邪馬台国

    纒向遺跡または纏向遺跡(まきむくいせき)は奈良県桜井市、御諸山(みもろやま)とも三室山(みむろやま)とも呼ばれる三輪山の北西麓一帯に広がる弥生時代末期から古墳時代前期にかけての大集落遺跡である。建設された主時期は3世紀で、前方後円墳発祥の地とされている。邪馬台国に比定する意見もあり、卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳などの6つの古墳を持つ。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 魏志倭人伝

    魏志倭人伝から見た邪馬台国邪馬台国

    当時の倭(後の日本)に、女王の都する邪馬台国(邪馬壹国)を中心とした国が存在し、また女王に属さない国も存在していたことが記されており、その位置・官名、生活様式についての記述が見られる。また、本書には当時の倭人の風習や動植物の様子が記述されていて、3世紀の日本を知る史料となっている。魏志倭人伝 フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張

    松本清張から見た邪馬台国邪馬台国

    1968年に邪馬台国を探究した『古代史疑』を刊行して以降、古墳時代を論じる『遊古疑考』、日本神話をめぐる『古代探求』など、古代史に関する評論・随筆も多数執筆されていく。他方、造詣は小説作品にも生かされ、『Dの複合』『巨人の磯』『火の路』などの作品に結晶している。松本清張 フレッシュアイペディアより)

  • 榎一雄

    榎一雄から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国」論争においては、白鳥庫吉と同じく北九州説を主張、「伊都国」を起点とする「放射説」で知られる。榎一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 安本美典

    安本美典から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国や古代史問題について次のような仮説を展開している。安本美典 フレッシュアイペディアより)

  • 張政

    張政から見た邪馬台国邪馬台国

    正始8年(247年)に邪馬台国が狗奴国と紛争になった際、魏から派遣された役人(塞曹掾史)。その後、20年近くを邪馬台国で過ごして泰始2年(266年)に帰国したとする説もある。→倭、邪馬台国を参照。張政 フレッシュアイペディアより)

  • 倭国

    倭国から見た邪馬台国邪馬台国

    この大乱は、邪馬臺國/邪馬壹國(邪馬台国参照)に居住する卑弥呼が倭国王に就くことで収まった。卑弥呼は240年代に亡くなり、その次は男子が倭国王となったが再び内乱が生じ、女子の臺與/壹與(台与参照)が倭国王となって乱は終結した。このように、弥生後半の倭国では、巫女的な女子が王位に就くことがたびたびあった。倭国 フレッシュアイペディアより)

  • 古代出雲

    古代出雲から見た邪馬台国邪馬台国

    その後、ヤマト・吉備連合政権の物部氏の侵攻によってヤマト政権に従属したとの説や、それでは記紀に記された膨大な出雲の活躍が説明できないとして、ヤマト政権樹立のため協力し大和へ一部が移住した(これが物部氏、蘇我氏に相当する)との説もある。また、魏志倭人伝にある邪馬台国七万戸に次ぐ大国である投馬国五万戸を出雲に比定する説がある(前田晴人など)。  古代出雲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
248件中 1 - 10件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード