302件中 11 - 20件表示
  • 多利思比孤

    多利思比孤から見た邪馬台国邪馬台国

    「」とあり、里数を知らず日で距離を測る。国境は東西を旅するのに五ヶ月、南北を旅するのに三ヶ月かかり、それぞれ海に行き着く。「邪靡堆」を都としており魏志の邪馬臺であるとする。多利思比孤 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマタイカ

    ヤマタイカから見た邪馬台国邪馬台国

    この作品では、日本人のルーツ(根源)を東南アジアから渡ってきた火の民族と日の民族とし、西暦300年ころに両者の対立があり、九州を中心としていた火の民族の邪馬台国は南方と北方に追いやられ、九州を制圧した日の民族が大和国へ遷都し、ヤマト王権になったと設定している。ただしこれは、現実の日本人のルーツとは乖離したものであり、SF要素が強い。ヤマタイカ フレッシュアイペディアより)

  • 神武 (漫画)

    神武 (漫画)から見た邪馬台国邪馬台国

    『ナムジ』の世界以降、邪馬台国は依然日向の地にあり、なお壮健さを保つヒミコによって統治されている。南方の球磨族・曽於族(熊襲)との勢力争いは微妙な状況にある。大和は齢を重ね病に苦しむオオドシ(=大物主、ニギハヤヒ)が統治している。神武 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 榎一雄

    榎一雄から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国」論争においては、白鳥庫吉と同じく北九州説を主張、「伊都国」を起点とする「放射説」で知られる。榎一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国九州説

    邪馬台国九州説から見た邪馬台国邪馬台国

    本項では、邪馬台国の所在地に関する学説のうち、九州地方にあるとする邪馬台国九州説(やまたいこくきゅうしゅうせつ)を概説する。邪馬台国九州説 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿男あをによし

    鹿男あをによしから見た邪馬台国邪馬台国

    名前は姓が「坊つちやん」に登場する山嵐の本名に、名前は邪馬台国・卑弥呼の後継者「壱与(イヨ)(または台与(トヨ))」に由来。鹿男あをによし フレッシュアイペディアより)

  • 狗奴国

    狗奴国から見た邪馬台国邪馬台国

    狗奴国(一般的には「くなこく」と読む)は、中国の三国時代の歴史書三国志(西晋の陳寿の作)のうちの魏書の中の魏書東夷伝に記載されている邪馬台国と対立していた倭人の国。狗奴国 フレッシュアイペディアより)

  • ヒナモリ

    ヒナモリから見た邪馬台国邪馬台国

    ヒナモリ(卑奴母離、比奈毛里、鄙守、比奈守、夷守)は、3世紀から4世紀頃の日本(邪馬台国)の国境を守備する軍事的長の名称。後に地名、駅名、神社名等に残る。またヒナモリの「モリ (守)」はカバネとしても使われた。ヒナモリ フレッシュアイペディアより)

  • 高尾山古墳

    高尾山古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    高尾山古墳(たかおさんこふん)は、静岡県沼津市東熊堂(ひがしくまんどう)にある古墳である。形状は前方後方墳、史跡指定はされていない。沼津市教育委員会は古墳時代最初期の西暦230年頃(邪馬台国の時期)の築造、被葬者の埋葬は250年頃と推定しており、古墳出現期の東日本では最古級かつ最大級の古墳とされている。日本考古学協会は、日本の初期国家形成過程の画期である古墳文化形成を解明する上で極めて重要な遺跡であると評価している。高尾山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 王朝交替説

    王朝交替説から見た邪馬台国邪馬台国

    第二次世界大戦前まで支配的であった万世一系という概念に対する批判・懐疑から生まれたもので、1952年に水野祐が唱えた三王朝交替説がその最初のものでありかつ代表的なものである。ただし、それに先立つ昭和23年に江上波夫が発表した騎馬民族征服王朝説も広い意味で王朝交替説であり、崇神天皇を起点とする皇統に着目している点など水野祐の説が江上波夫の説の影響を受けていることを指摘する学者もいる。のち水野自身、自説をネオ狩猟騎馬民族説と呼んでいる。また、古代天皇の非実在論に基づいている点は津田左右吉の影響を受けており、九州国家の王であった仁徳天皇が畿内を征服して王朝を開いたという説は邪馬台国九州説の発展に他ならず、戦前の抑圧された古代史研究から開放された自由な発想により様々な説を自由に組み合わせてできた学説であるといえる。王朝交替説 フレッシュアイペディアより)

302件中 11 - 20件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード