248件中 31 - 40件表示
  • 内藤湖南

    内藤湖南から見た邪馬台国邪馬台国

    内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は号。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。内藤湖南 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向型前方後円墳

    纒向型前方後円墳から見た邪馬台国邪馬台国

    寺沢は、定型的な前方後円墳への過程をこのように説明し、初期ヤマト王権の権力母体は、弥生時代の大和・畿内の勢力を基盤にしたものではなく、したがって、いわゆる「邪馬台国」でもなければ、奈良盆地・近畿中心部における部族的国家連合でもなく、「西日本各地の部族的国家連合による連合政権」ととらえている。邪馬台国論争において寺沢は、邪馬台国畿内説に立ちながらも、従来のような大和中心主義からではなく、むしろ鍵を握ったのは「キビ国連合とその息のかかった中・東部の瀬戸内地域」であったとして弥生時代終末期から古墳時代初期の研究に新視点を提供したのである。纒向型前方後円墳 フレッシュアイペディアより)

  • 高島忠平

    高島忠平から見た邪馬台国邪馬台国

    高島 忠平(たかしま ちゅうへい、1939年12月 - )は日本の考古学者。佐賀女子短期大学元学長。学校法人旭学園理事長。邪馬台国九州説を唱える人物の一人で「ミスター吉野ヶ里」と呼ばれる。福岡県飯塚市出身。高島忠平 フレッシュアイペディアより)

  • 久里双水古墳

    久里双水古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    1980年に労働者住宅生活協同組合の宅地造成事業中に発見された。全長108.5m、後円部径62.2m、前方部幅42.8mの前方後円墳。3世紀末から4世紀ごろに作られたとされており、邪馬台国の起源をさかのぼる上でも重要な遺跡である。粘土で覆われた石室には、砂岩製の天井石3枚で密閉されており、内径は高さ2.5メートル、幅0.9メートル、高さ1メートルの竪穴式石室が発見されている。久里双水古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 築山古墳 (大分市)

    築山古墳 (大分市)から見た邪馬台国邪馬台国

    女性のみが単独で埋葬されている点などから呪術者であった女性の墓ではないかと推測されている。ただし、地元で祀られている「速吸日女」の墓ではないかとする説や、邪馬台国論議に加わり卑弥呼の墓ではないかとする説も地元学究者等によって語られることがあった。築山古墳 (大分市) フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬壱国

    邪馬壱国から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬壱国 フレッシュアイペディアより)

  • 高根谷川

    高根谷川から見た邪馬台国邪馬台国

    高根谷川水域には日本の滝百選等に選定されている雨乞の滝(落差約45m)がかかる。また流域には阿波邪馬壹国説の中心地である悲願寺がある。高根谷川 フレッシュアイペディアより)

  • 悲願寺

    悲願寺から見た邪馬台国邪馬台国

    雨乞の滝より徒歩約40分のところに位置し、養蚕の守護神として賑った。阿波邪馬壹国説の中心地で卑弥呼の居城した所といわれている。標高700mの山上にあり、千手観音や天照大神等が古代より祀られていたと伝えられている。悲願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 会稽郡

    会稽郡から見た邪馬台国邪馬台国

    魏志倭人伝において邪馬台国の位置を示す記述の中で会稽の名が出てくる。そこでは、邪馬台国は「其の位置は会稽、東冶の正に東」と記されている。会稽郡 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤栄

    斎藤栄から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国殺人旅情 小早川警視正シリーズ 祥伝社 1988 (Non novel)斎藤栄 フレッシュアイペディアより)

248件中 31 - 40件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード