248件中 41 - 50件表示
  • 考古学板

    考古学板から見た邪馬台国邪馬台国

    古今東西を問わず考古学について扱い、文献史学は従来の日本史・世界史板で扱う。たとえば邪馬台国論争は、「魏志倭人伝」の解釈論が主力のために考古学板では扱わない。考古学板 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯有清

    佐伯有清から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国論争』 岩波新書、2006年 (遺著)佐伯有清 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新書

    朝日新書から見た邪馬台国邪馬台国

    編集長の岩田一平は「週刊朝日」元デスクで、縄文時代や邪馬台国に関する著書で知られる。朝日新書 フレッシュアイペディアより)

  • 高城修三

    高城修三から見た邪馬台国邪馬台国

    大和は邪馬台国である 東方出版 1998高城修三 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬壹国説

    邪馬壹国説から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬壹国説(やまいちこくせつ)とは日本思想史学者の古田武彦が主張した邪馬台国に関する説である。論文「邪馬壹国」(『史学雑誌』に掲載)、著書『「邪馬台国」はなかった』、その他『市民の古代』、『なかった』等で主張された。邪馬壹国説 フレッシュアイペディアより)

  • ホケノ山古墳

    ホケノ山古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    築造時期:副葬品や埋葬施設などから箸墓古墳に代表される定型化した出現期大型前方後円墳よりあまり遡らない時期の前方後円形墳墓と考えられ、築造は中国史書に記された邪馬台国の時代にちょうど重なると推測されている。前方後円形をした弥生墳丘墓であるとする見方と古墳時代出現期のものであるとする見方が出されている。ホケノ山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎遺跡

    神崎遺跡から見た邪馬台国邪馬台国

    2世紀に東海地方から現在の神奈川県へ人の流入が見られた原因の一つとしては、当時の神奈川県は遺跡の状況などから人口が比較的少なく、逆に人口が多かった現在の静岡県や愛知県から人が流入した可能性があるとされている。また2世紀頃の弥生時代後期には、現在の神奈川県ばかりではなく、東京湾の西岸地域や現在の山梨県の甲府盆地などへも東海地方から人の移動が行われた可能性が指摘されている。2世紀後半には倭国大乱が起こったとされ、倭国大乱の中で邪馬台国の卑弥呼が登場したことを考えると、当時の日本は国家形成への揺籃期ともいえる状況下にあったと考えられ、そのような状況下で人の地域移住も盛んになっていた可能性が指摘されている。神崎遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 原島礼二

    原島礼二から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国から古墳の発生へ』、原島礼二、六興出版、1987年原島礼二 フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉珊

    藤倉珊から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国は星空にあった?」、pp.115-120藤倉珊 フレッシュアイペディアより)

  • 藤間生大

    藤間生大から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国の探究 青木書店, 1972藤間生大 フレッシュアイペディアより)

248件中 41 - 50件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード