302件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮半島を中国とみなす記述

    朝鮮半島を中国とみなす記述から見た邪馬台国邪馬台国

    等をもって「朝鮮半島を中国とみなす記述」の根拠とする事例も見られ、留意が必要と言える。これらの事情は朝鮮半島にとどまらず、ベトナムや倭(邪馬台国等)にも当てはまる時期が存在する。詳細は冊封等を参照。特に、冊封関係を結んだ属国を王朝内の役職である臣と称する点に注意。また、これらの表現は欧州には馴染み難い概念でない。(属国の英訳である:en:Client stateは2011年2月28日現在、英語版wikipediaには存在する。)朝鮮半島を中国とみなす記述 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国 (雑誌)

    邪馬台国 (雑誌)から見た邪馬台国邪馬台国

    安本美典は古田武彦の論敵としても知られるが、邪馬台国論争について本誌誌上で古田武彦に対する批判を行ったことがある。また古田が『東日流外三郡誌』に依拠して『真実の東北王朝』を出版した際にも、誌上で批判を行っている。また、2009年以降は箸墓古墳の年代測定結果を批判する特集を連発しており、特に朝日新聞の報道を「捏造」と断じ、同紙の渡辺延志記者を名指しで批判する特集を組んでいる。邪馬台国 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 東京文献学派

    東京文献学派から見た邪馬台国邪馬台国

    白鳥庫吉を代表とする東京文献学派は、邪馬台国論争の中で、実証主義と古文献に基づき、「史料批判」或「文献批判」的観点から 「邪馬台国北九州説」を主張した。白鳥庫吉の九州説に対して、時を同じくして同時期の内藤湖南を代表とする京都実証学派は、実証主義に基づき、独特の文化史観から、「卑弥呼考」を著し畿内説を主張し、激しい論争を戦わせた。内藤の論の代表的なものとして、中国史の時代区分を唐と宋の間を持って分けるというものがある。内藤は秦漢時代を上古と規定し、後漢から西晋の間を第一次の過渡期とし、五胡十六国時代から唐の中期までを中世とする。そして唐の後期から五代十国時代を第二の過渡期とし、この時代をもって大きく社会が変容したとする。一方、内藤の弟子宮崎市定を代表とする京都学派の研究姿勢は、内藤湖南の提唱した唐宋変革論を受け継ぎ、四時代区分法を中心に中国史の研究を展開し、大戦後には、「時代区分論争」の中で、東京大学に本拠を置く歴史学研究会の唯物史観を基にした前田直典、西嶋定生を代表とする東京学派の独特的な中国史時代区分法との間で激しい史学論争が行われた。東京文献学派 フレッシュアイペディアより)

  • 239年

    239年から見た邪馬台国邪馬台国

    6月、邪馬台国の女王・卑弥呼が魏に使者を派遣。239年 フレッシュアイペディアより)

  • 比佐津媛

    比佐津媛から見た邪馬台国邪馬台国

    一説には、邪馬台国の卑弥呼である、または、ほぼ同時期に同じような立場にあった女性が死後に神として祀られたものである、などといわれている。比佐津媛 フレッシュアイペディアより)

  • 唐津 (小惑星)

    唐津 (小惑星)から見た邪馬台国邪馬台国

    中国の歴史書「魏志倭人伝」にも邪馬台国へ至る国のひとつとして、末廬国(まつろこく)という名で登場する。唐津 (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 歴史文化セレクション

    歴史文化セレクションから見た邪馬台国邪馬台国

    西嶋定生『邪馬台国と倭国 古代日本と東アジア』歴史文化セレクション フレッシュアイペディアより)

  • 耶馬台 (小惑星)

    耶馬台 (小惑星)から見た邪馬台国邪馬台国

    古代の日本に存在した邪馬台国に因んで命名された。耶馬台 (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 骨法伝説夢必殺拳

    骨法伝説夢必殺拳から見た邪馬台国邪馬台国

    武道の骨法をテーマに、古代日本『邪馬台国』の時代を骨法少年『夢火古(ゆめひこ)』が火神子(ひみこ)と弟彦(おとひこ)を守りながら、様々な敵と戦うストーリー。骨法伝説夢必殺拳 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国論争

    邪馬台国論争から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国論争 フレッシュアイペディアより)

302件中 41 - 50件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード