302件中 51 - 60件表示
  • 清張通史

    清張通史から見た邪馬台国邪馬台国

    いわゆる邪馬台国をめぐる諸説の検討清張通史 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬臺國

    邪馬臺國から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬臺國 フレッシュアイペディアより)

  • 巫

    から見た邪馬台国邪馬台国

    古代日本では邪馬台国の卑弥呼が巫女だったと考えられている。また、ヤマト王権でも代々、巫女たちが国家権力の一部になっていたとする見解もある。このように、祭政一致の古代においては、巫女が政治に参画していたとする説がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 一支国

    一支国から見た邪馬台国邪馬台国

    魏志倭人伝において邪馬壹國(邪馬臺國)が支配下に置いていたとされる「一大國」という名の島国である。対海國(対馬国)から南に一千里(当時の度量衡で400Km)の所、ということになるが、仮に対海國を現在の対馬とすれば、これは鹿児島県の南方海上になるため、実際にどこであるかには論争がある。一支国 フレッシュアイペディアより)

  • 大麻山 (徳島県)

    大麻山 (徳島県)から見た邪馬台国邪馬台国

    また、この大麻山を中心とした一帯は、かつて邪馬台国が存在した説がある。大麻山 (徳島県) フレッシュアイペディアより)

  • 多元王朝説

    多元王朝説から見た邪馬壱国邪馬台国

    天孫降臨として伝えられる出来事(BC2世紀)から、702年(670年、704年とする説もある)の間、筑紫に中国王朝に朝貢し、朝鮮半島に出兵した王朝があったとする。邪馬壱国(邪馬一国)や倭の五王、『隋書』「東夷伝」に記された国(国は倭国の誤記後刻ではなく、(タイ)国と考える)も九州王朝とする。磐井の乱や継体の乱はなかった、と最近主張されている。詳しくは(九州王朝説)を参照多元王朝説 フレッシュアイペディアより)

  • 近頃なぜかチャールストン

    近頃なぜかチャールストンから見た邪馬台国邪馬台国

    不良少年の小此木次郎は、婦女暴行未遂を働いて留置場に放り込まれた。留置場には、日本人であることを捨てた、自称「ヤマタイ国」の閣僚を名乗る6人の老人たちがいて、彼らは日本の国会議事堂に表敬訪問に訪れた際、無銭飲食で捕まったのだった。翌朝、次郎と老人たちは釈放されるが、「ヤマタイ国」が気になる次郎は彼らの住処を訪れ、「不法入国」で捕まってしまう。スパイ容疑による死刑を何とか免れた次郎は、「ヤマタイ国」の労働大臣(雑用係)に任命され、老人たちとの奇妙な共同生活を始める・・・。近頃なぜかチャールストン フレッシュアイペディアより)

  • 久里双水古墳

    久里双水古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    1980年に労働者住宅生活協同組合の宅地造成事業中に発見された。全長108.5メートル、後円部径62.2メートル、前方部幅42.8メートルの前方後円墳である。3世紀末から4世紀ごろに作られたとされており、邪馬台国の起源をさかのぼる上でも重要な遺跡である。粘土で覆われた石室は砂岩製の天井石3枚で密閉されており、内径は高さ2.5メートル、幅0.9メートル、高さ1メートルの竪穴式石室が発見されている。久里双水古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 庵戸宮

    庵戸宮から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国が近畿地方にあったとする説を採用する場合、孝霊天皇の皇女・倭迹迹日百襲媛命を卑弥呼とする説が有力(諸説あり)であることから、その皇女倭迹迹日百襲姫命の故郷である庵戸宮が卑弥呼ゆかりの地とされる(ただし、特に邪馬台国および卑弥呼の正体についてはとりわけ激しい論争の的となることが多く、前述の桃太郎伝説と共にその信憑性が問題視される)。庵戸宮 フレッシュアイペディアより)

  • 日本史学史

    日本史学史から見た邪馬台国邪馬台国

    他方で戦後は歴史の大衆化が進み、海音寺潮五郎や司馬遼太郎、松本清張らによる歴史小説の流行、または邪馬台国論争の隆盛のように歴史ブームというべき現象も起きており、古史古伝などを典拠とする学術的に認められていない俗説も一定の広がりを見せている。さらに、一種の英雄主義・国家主義的な史観が、平成初年頃から自由主義史観を称して勃興し、実証性や客観性に偏重するアカデミズムの姿勢を批判した主張を展開している。これらはいずれも歴史学と呼びうるレベルにはないが、一般の歴史に対する関心の反映として認識することができる。日本史学史 フレッシュアイペディアより)

302件中 51 - 60件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード