248件中 51 - 60件表示
  • 和泉黄金塚古墳

    和泉黄金塚古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    中央槨の棺外から出土した画文帯四神四獣鏡には、景初三年(239年)の銘があり、魏志倭人伝における邪馬台国の卑弥呼が魏の皇帝から銅鏡百枚を贈ったとの記述との関連性が考古学者の一部で指摘されている。(発掘当事者の一人である森浩一は否定している)和泉黄金塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 森繁弘

    森繁弘から見た邪馬台国邪馬台国

    在職中から日本史好きで知られており、邪馬台国研究では少数派の北九州説を唱えた。森繁弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土下座

    土下座から見た邪馬台国邪馬台国

    『魏志倭人伝』には邪馬台国の風習として、平民が貴人と道端で出会うと、「道端で平伏して拍手を打つ」との記載があり、古くからの日本の習慣であったと思われる。古墳時代の埴輪の中には平伏し、土下座をしているようなものも見受けられる。土下座 フレッシュアイペディアより)

  • ヒナモリ

    ヒナモリから見た邪馬台国邪馬台国

    ヒナモリ(卑奴母離、比奈毛里、夷守)は、3世紀から4世紀頃の日本(邪馬台国)の国境を守備する軍事的長の名称。後に地名、駅名、神社名等に残る。ヒナモリ フレッシュアイペディアより)

  • 纒向古墳群

    纒向古墳群から見た邪馬台国邪馬台国

    盟主墳とされる箸墓古墳(箸中山古墳)は、定型化した最初の前方後円墳とみなされており、3世紀の中頃に築造されたと推定される。こんにち、この定型化古墳の出現をもって「古墳時代」が始まったという時期区分が一般的に採用されている。箸墓古墳は『魏志』倭人伝のいう邪馬台国に都した倭の女王卑弥呼の墓ではないかという説を唱える研究者もいるが、宮内庁では「倭迹迹日百襲姫命大市墓」として管理している。纒向古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 秋津遺跡

    秋津遺跡から見た邪馬台国邪馬台国

    『魏志倭人伝』に記される邪馬台国の王宮が第6代孝安天皇の室秋津島宮ではないかとする説があり、その場合、秋津遺跡周辺が邪馬台国の都城の一部であった可能性も指摘されている。秋津遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 石野博信

    石野博信から見た邪馬台国邪馬台国

    こののち、橿原考古学研究所研究部長、副所長兼附属博物館館長を経て、現在は徳島文理大学文学部教授、兵庫県立考古博物館館長および香芝市二上山博物館館長を務めている。前方後円墳にかえて「長突円墳」の用語を使用しており、この墳形は、3世紀中葉に大王墓として採用されて6世紀末までつづくが、継体朝における反乱の将であった筑紫国造磐井も長突円墳(前方後円墳)を造営していたことから「前方後円墳体制」は精神的紐帯に過ぎず、祭祀の内容もまた大きく変質していったと唱えている。また、寺沢薫の唱えた「纒向型前方後円墳」については、関東地方以西においては邪馬台国の女王卑弥呼の登場した2世紀末葉の段階から、その拡散の可能性が考えられるとしている。石野博信 フレッシュアイペディアより)

  • 大林太良

    大林太良から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国 入墨とポンチョと卑弥呼』(中公新書、1977年)大林太良 フレッシュアイペディアより)

  • 大麻山 (徳島県)

    大麻山 (徳島県)から見た邪馬台国邪馬台国

    また、この大麻山を中心とした一帯は、かつて邪馬台国が存在した説がある。大麻山 (徳島県) フレッシュアイペディアより)

  • 大和岩雄

    大和岩雄から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国は二カ所あった 邪馬台国から初期ヤマト王権へ 大和書房 1990大和岩雄 フレッシュアイペディアより)

248件中 51 - 60件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード