302件中 61 - 70件表示
  • 古代史疑

    古代史疑から見た邪馬台国邪馬台国

    『古代史疑』(こだいしぎ)は、邪馬台国をテーマにした、小説家の松本清張による著作。古代史疑 フレッシュアイペディアより)

  • 平野邦雄

    平野邦雄から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国の原像』学生社 2002平野邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山天寿

    丸山天寿から見た邪馬台国邪馬台国

    ライフワークである邪馬台国研究を進めるうち、自身初の小説となる『琅邪の鬼』を着想。視覚障害を抱えつつも執筆を進め、2010年6月、56歳にして『琅邪の鬼』で第44回メフィスト賞を受賞しデビュー。丸山天寿 フレッシュアイペディアより)

  • 高根谷川

    高根谷川から見た邪馬台国邪馬台国

    高根谷川水域には日本の滝百選等に選定されている雨乞の滝(落差約45m)がかかる。また流域には阿波邪馬壹国説の中心地である悲願寺がある。高根谷川 フレッシュアイペディアより)

  • 偉人の来る部屋

    偉人の来る部屋から見た邪馬台国邪馬台国

    「与一のヤブサメルーレット」の的:「邪馬台国の話」「呪術の話」「魏志倭人伝の話」「聖なる徳の話」「皆既日食の話」「天照大神の話」偉人の来る部屋 フレッシュアイペディアより)

  • うつろひ

    うつろひから見た邪馬台国邪馬台国

    さだの尊敬する長崎出身の盲目詩人、宮崎康平への鎮魂歌。邪馬臺国研究家として知られた故人の魂が魏からの使者に姿を変え、卑弥呼に迎えられるという幻想的な歌詩である。うつろひ フレッシュアイペディアより)

  • 侏儒国

    侏儒国から見た邪馬台国邪馬台国

    侏儒国(しゅじゅこく)とは、古代中国の後漢書や魏志に登場する邪馬台国の南方にあると考えられていた小人の国である。黒歯国、裸国とともに記述されている。侏儒国 フレッシュアイペディアより)

  • ナムジ

    ナムジから見た邪馬台国邪馬台国

    時代は2世紀後半。出雲では騎馬民族の末裔である渡来系の布都(ふつ)族が先住の倭人を支配し、周辺のエミシと勢力争いをしている。筑紫には秦の徐福によって開かれた邪馬台国(やまとこく)があるが、一部は漢の圧迫を恐れてさらに東進し大和の地にある。ナムジ フレッシュアイペディアより)

  • 中江克己

    中江克己から見た邪馬台国邪馬台国

    邪馬台国と卑弥呼の謎』広済堂出版 1996  のち学研M文庫中江克己 フレッシュアイペディアより)

  • 原田大六

    原田大六から見た邪馬台国邪馬台国

    当時、邪馬台国近畿説に関連して小林行雄が唱えた「銅矛銅剣文化論」を、その他の青銅器や、鉄器が「故意に」除外されており、古墳時代に副葬が盛んとなるはずの銅鏡や鉄剣が意図的に除外された「隠蔽の誤謬」として批判し、弥生後半の墳丘墓と古墳の間にみられる共通性から、古墳の起源を追うことを提唱。さらに、小林が主張していた銅鏡の手づれ(摩滅)による「伝世鏡論」も、研磨工としての経験から否定し、鋳造時の不完全さからなる「湯冷え」(鋳型に金属が完全に回る前に固まってしまう事)であると敢然と主張した。1950年に初の著作となる「日本国家の起源 -古墳文化形成過程の研究-」としてまとめた。原田大六 フレッシュアイペディアより)

302件中 61 - 70件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード