248件中 71 - 80件表示
  • 朝鮮半島を中国とみなす記述

    朝鮮半島を中国とみなす記述から見た邪馬台国邪馬台国

    等をもって「朝鮮半島を中国とみなす記述」の根拠とする事例も見られ、留意が必要と言える。これらの事情は朝鮮半島にとどまらず、ベトナムや倭(邪馬台国等)にも当てはまる時期が存在する。詳細は冊封等を参照。特に、冊封関係を結んだ属国を王朝内の役職である臣と称する点に注意。また、これらの表現は欧州には馴染み難い概念でない。(属国の英訳である:en:Client stateは2011年2月28日現在、英語版wikipediaには存在する。)朝鮮半島を中国とみなす記述 フレッシュアイペディアより)

  • 多氏

    多氏から見た邪馬台国邪馬台国

    皇別氏族屈指の古族であり、神武天皇の子の神八井耳命の後裔とされるが、確実なことは不明。神武天皇東征の後、嫡子の神八井耳命は九州北部を、庶流長子の手研耳命は九州南部を賜与されたとされる。邪馬台国の女王の卑弥呼もまた、多氏の一族である肥国造の人とする説もある。多氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山美都男

    遠山美都男から見た邪馬台国邪馬台国

    継体天皇以前の日本書紀の記述に史実性を認める見解に対し否定的な主張を展開、日本書紀は大和朝廷のの正統性を主張するためのある種の物語であって歴史書ではなく、随所に中国の歴史書からの模倣がみられるとしている(『天皇誕生』中公新書)また邪馬台国の卑弥呼に関して、「卑弥呼」は「ヒミコ」あるいは「ヒメコ」という官職名であり、それを中国側がよく認識しないで記載したにすぎず、「卑弥呼」の本名は不明であるとしている(『「卑弥呼の正体」』洋泉社新書)遠山美都男 フレッシュアイペディアより)

  • 骨法伝説夢必殺拳

    骨法伝説夢必殺拳から見た邪馬台国邪馬台国

    武道の骨法をテーマに、古代日本『邪馬台国』の時代を骨法少年『夢火古(ゆめひこ)』が火神子(ひみこ)と弟彦(おとひこ)を守りながら、様々な敵と戦うストーリー。骨法伝説夢必殺拳 フレッシュアイペディアより)

  • ヒミコ (天体)

    ヒミコ (天体)から見た邪馬台国邪馬台国

    この天体は3世紀に存在したとされる邪馬台国の謎の女王卑弥呼にちなんで名づけられた。その名の通りヒミコは宇宙にとって謎の天体になっている。ヒミコ (天体) フレッシュアイペディアより)

  • 倭国大乱

    倭国大乱から見た邪馬台国邪馬台国

    女王国ではもともと男子を王としていたが70?80年を経て倭国が相争う状況となった。争乱は長く続いたが、邪馬台国の一人の女子を王ととすることで国中が服した。名を卑弥呼という。以上の内容が、中国の歴史書『三国志』(魏志倭人伝)や中国の正史『後漢書』「東夷伝」に記述されている。倭国大乱 フレッシュアイペディアより)

  • 西求女塚古墳

    西求女塚古墳から見た邪馬台国邪馬台国

    1992年(平成4年)から1993年にかけての第5次調査では、邪馬台国の卑弥呼が魏の皇帝から贈られた鏡ともいわれる三角縁神獣鏡7面など計11面の銅鏡(第1次調査の1面とあわせて合計12面)が出土したことで注目を浴びた。主室からは、これら銅鏡と碧玉製紡錘車状石製品を、副室からは、剣、刀、鏃、斧、漁具などの鉄製品が納められていた。西求女塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 偉人の来る部屋

    偉人の来る部屋から見た邪馬台国邪馬台国

    「与一のヤブサメルーレット」の的:「邪馬台国の話」「呪術の話」「魏志倭人伝の話」「聖なる徳の話」「皆既日食の話」「天照大神の話」偉人の来る部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 木村鷹太郎

    木村鷹太郎から見た邪馬台国邪馬台国

    明治学院を経て、帝国大学文科大学(現・東京大学文学部)史学選科課程に入学、後に同学哲学選科課程に転じて修了。陸軍士官学校英語教授職等を務める。日本を世界文明の起源と位置づけ、かつて日本民族が世界を支配していたとする「新史学」を熱烈に唱えた。他にも邪馬台国エジプト説や、仏教・キリスト教批判などの独創的な主張で知られる。異論に対して徹底的に反撃・論破する過激な言論人でもあり、論壇において「キムタカ」と通称されて恐れられ、忌避された。木村鷹太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋健自

    高橋健自から見た邪馬台国邪馬台国

    明治4年(1871年)8月17日、仙台県仙台城下町(現宮城県仙台市)の仙台藩士の家に生まれる。東京高等師範では三宅米吉に師事した。1904年(明治37年)東京帝室博物館(現東京国立博物館)にはいり、博物館員から鑑査官、歴史課長を歴任した。そのいっぽうで日本考古学会を主宰しての幹事をつとめ、『考古学雑誌』を刊行、考古学の発展と普及につくした。喜田貞吉とは古墳の年代決定をめぐって論争となっている。1922年(大正11年)、『考古学雑誌』に「考古学上より観たる邪馬台国」を発表し、邪馬台国の所在地を畿内とする説に立った。1929年(昭和4年)10月19日死去、享年59。墓所は仙台市宮城野区榴岡の孝勝寺にある。高橋健自 フレッシュアイペディアより)

248件中 71 - 80件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード